年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

想い出だけが通り過ぎて行く・・・

2009年5月4日、高英男さんの訃報が・・・。

私の心境は、題名の通り
「想い出だけが通り過ぎて行く・・・」といったところ。

私が高英男さんの存在を知ったのは2005年の2月。
テレビ番組「昭和歌謡大全集」(テレビ東京)を見ていたとき。

番組中流れた高さんのVTR。
忘れもしない、ラメ入りで街灯のアップリケが付いた着流しにタカラヅカばりのバッチリメイクで「雪の降る街を」を歌う姿。
もう、衝撃でした。

これだ~!
と、琴線にビンビン触れたのです。
熟慮に熟慮を重ね、財布と相談し、それからしばらくした学校帰り、CDショップへ寄り、高さんのCDを購入。
PCに音楽ファイルとして保存し、MDにも落としガンガン聴き続けました。
「青春歌年鑑50年代総集編」に収録されていた、オリジナル盤「雪の降る街を」には涙し、ヘビーローテーション状態でした。
ある日、MDプレーヤーを携帯し、片耳で歌を聴きながら、ひとり冬道を歩いていたとき、ふと気付くと選曲が高さんの「雪の降る町を」。
思わず聴き惚れて、立ち止まり、空を見上げれば粉雪。
♪この哀しみを この哀しみを いつの日かほぐさん
あの思春期特有の胸のうちと、歌の歌詞が「まさに我が意を得たり」という感じで…気がつくと目からホロホロと涙がこぼれていました。
 
私が初めて高さんのナマのステージを見たのは2006年07月08日。
NHKホールで行われた「第44回パリ祭」でのステージ。
今でもありありと目に浮かびます。

ステージまで自力歩行が出来ない状態で、何人かのスタッフ/若手歌手の介助でステージ上に置かれた譜面台の場所まで移動し、譜面台につかまり、高さんのステージが始まりました。歌は「枯葉」。

ピアノの前奏が始まり、本来ならばここで歌に入る部分。
高さんは黙ったまま、様子を見ながらも弾かれ続けるピアノ。
やがて、聞き取れるかどうかの歌声で歌いだす高さん。

歌詞も即興で仕立て上げた、その場だけのもの。
張るところでは見事に張り、ラストは見事に歌い上げ、終わった。
会場は静寂、一転して満場の拍手、絶妙なタイミングで掛かる「高さ~ん」の声。

再びスタッフ/若手歌手が舞台袖から出てきて、高さんを介助し退場。

司会の永六輔が一言。
「高英男さんは89歳。SPの時代からEP・CD、果てはMDの時代の今日まで歌っている。大変素晴らしいことです。あの方は歌っている事で生きている。歌う事で生きている。歌が命を支えている。そんな場に立ち会えたことを僕は大変誇りに思う。ありがとうございます、もう一度高英男さんに拍手をお送り下さい」

私の胸の中にはあの時は正直申し上げて、感動だけではなく、さまざまな想いがよぎっておりました。
でも、否よりも拍手を送りたい気持ちが大幅に勝りました。
「この人のステージはまた見たい」と思ったのです。

それから何度か、ネットでは乏しいシャンソン公演の情報をキャッチし、高さんの出演が判るや否や見に行きました。

ウィキペディアに項目をこさえたり、ブログにも駄文を書き込むなんてこともしました。

役に立っているのかは判りませんが、訃報記事の一部にはウィキからの引用と思しきものもあり、内心ほくそ笑んでいる自分もいたり…。

幸福な事に
2007年には「ビッグショー」の再放送で、円熟した時代の高さんのステージも見ることが出来、我がライブラリーに収めることが叶いました。
その年の晩秋、勇気を出して、舞台袖に行き、直接高英男さんにお会いして握手して頂き、写真を取らせて頂きました。 そのときの写真は一生の宝物です。

最後に高さんを見たのはその年の11月29日。
本当はもっともっとステージを拝見したかったのですが、その後諸般の事情で関東を去ることになり、それが不本意ながらも私にとって最期になってしまったのです。
(あの時ショックと辛さで、お付き合いさせて頂いたファンの方には何も言わずに行ってしまい、連絡を絶ってしまい、結果的に不義理をすることになってしまったのは心苦しい想い出です)

数える程度しか高さんのステージを見ることが出来なかった私、盛りを過ぎた最晩年のステージ・・・。

哀しいかな、老躯を押してのステージは「否」の意見も耳にしました。
私自身、その「否」を真っ向から否定できるかどうかは未だに自信が無いのです。
ただ「心で歌う」、その姿は素晴らしかったと断言できます。
一世を風靡し、多大なる実績を積み、己に出来る最大限の努力を常に行ってきた歌手だからこその染み入る歌、「こころのうた」だったと。

そう、例えるならそれは歌手生活最晩年あたりの淡谷のり子の域でしょうか。

「もう私も数え年90歳になってしまいました、(会場から拍手)ああありがとうございます。ですから、もう恋の歌しか歌いたくないんです」
―といったことをステージで語り、歌った、あの恋の歌。

私にとって、かけがえのない、こころの財産になりました。
年を重ねれば重ねるほど光ってくる、琥珀のような・・・。

高さん、ありがとうございました!
[PR]
by hakodate-no-sito | 2009-05-20 00:29 | 歌・唄・うた | Comments(0)