年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

追悼・森繁久彌 「日曜名作座」のパートナー・加藤道子について

ここで少しばかり、加藤道子について記してみます。
あまり情報を入手できませんでしたが、とりあえずまとめてみました。
間違いや「これは無いのか」ということございましたらコメント頂きたく…。

e0134486_11435242.jpg


加藤道子(1919~2004)
大正8年10月31日、東京・麹町に生まれる。
両親は共に新劇俳優で父は坪内逍遥門下(文芸協会)の新劇俳優・加藤精一(清一)。
東京府立第五高等女学校(現・東京都立富士高等学校)卒業後、父を尋ねてNHKへ遊びにいったとき、人手が足りずにエキストラとして『助けて』と3回即興で叫んだのが初の芝居。
やがて血が騒ぎ、昭和16年NHK東京放送劇団養成所1期生として入所。
昭和18年5月にNHK東京放送劇団が活動をスタートさせ、放送界入り。翌19年「神明」で本格的な役を得る。戦後、昭和23年にNHKラジオの金看板枠とされた通称"金ドラ"で放送された「魚紋」で芸術祭賞受賞。芸術祭初の個人賞であった。なおドラマのストーリーは生後すぐ別れた母娘が17年ぶりに再会しながら一言も交わさずに別れるというもので、加藤は別れた母娘の2役を演じた。
そして内村直也・作「道子の存在理由」では1人5役というワンマンドラマに挑戦し、成功を収めるなど、活動的な演技派として放送劇団のトップの座を欲しいままにしている。
昭和26年に放送された第1回NHK紅白歌合戦では紅組司会を務め、昭和32年4月からは森繁久彌とのコンビで「日曜名作座」をスタート。生涯続け、そして最期の仕事となった。
"七色の声"、"声優の草分け"と呼ばれ、そのイメージがあまりに強いが映像作品にも多数出演しており、主な出演作品に朝の連続テレビ小説「娘と私」「たまゆら」「信子とおばあちゃん」や「花王・愛の劇場/愛と死と」などがある。
また、"声優(の草分け)"という紹介には「声だけが強調されているのは心外」と反発している。
ライフワークのひとつに遭難死した大学生の母の手記をもとにした合唱組曲「山に祈る」での母親の台詞の朗読がある。昭和49年に「日曜名作座」が評価され、番組として菊池寛賞受賞。
昭和56年からは朝日カルチャーセンターで朗読教室の講師を務め、数多くの受講生に講義を行った。昭和58年には紫綬褒章を授章。
平成元年に言語障害(脳血栓)で倒れたが、半年後に復帰。その後もう一度倒れるが無事に復帰している。平成4年に勲四等宝冠章授章。
平成10年に「日曜名作座」2000回突破を機にギネスブック申請がなされ、登録に至った。
「私はスローテンポだから200歳まで生きる」が口癖であったが、平成12年に膵臓癌であることが発覚。入退院を繰り返すようになり、番組録音には病室から通うという形になる。
しかし女優魂は最期まで持ち続け、平成14年放送の「長崎ぶらぶら節」の収録に先立ち、長崎弁を研究するなどしている。
同年12月31に森繁久彌が沖縄で心筋梗塞で倒れ、翌年秋まで療養にあたったことなどがあり、最期の仕事は同年11月13日録音(放送:15年1月19日)、藤沢周平・原作「夜の雷雨」となった。
平成16年1月31日、すい臓がんのため没。84歳。
病室のベッド脇には名作座の次回作(予定)の杉本苑子「鳥影の関」の台本が置かれていたという。
生涯独身。「両親の面倒を看るため」「戦死した弟のことがあったから」など諸説あるが、70年来の付き合いがあった脚本家の西沢実は「釣り合う男がいなかっただけ」と語っている。
本人は「芝居でいっぱい恋愛しているから」とあっけらかんとしていたという。
加藤の死後も過去作品の再放送形式で「日曜名作座」は継続し、平成20年3月まで51年間放送された。趣味は俳句・短歌。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2009-11-26 00:25 | 古今俳優ばなし | Comments(0)