年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

小説・デュークエイセス/飯野知彦(その6)

電話の相手は曾根研一だった。
曾根は東京混声合唱団の事務局長。
飯野も合唱団に在籍していた時代から親しかった。

「デュークエイセスの谷口安正が亡くなったのは知っているかい」
「本当ですか!…残念です。まだ50代なのに・・・」
飯野もデュークとは仕事こそ6人コーラスをしていたころに何度か競演した程度だったが、ファンは続けていたし、シアターアプルのコンサートへ行った時には楽屋へお邪魔し、谷口安正と話をしたこともあった。それだけに訃報はショックだった。

「実は君に話があるのはそこなんだ。デュークに谷口君の後で入らないか」

曾根は、デュークエイセスのメンバーと極めて密接な関係にあった。
まず明大合唱部OBで、バリトン/槙野義孝の後輩。
一時コーラスで、セカンドテナー/吉田一彦の姉と組んで歌っていた。
その縁から、トップテナー/谷口安正をデュークメンバーへ推薦している。

聞けばリーダーの谷道夫も「曾根さんがよく知っている人なら…」と既にOKを出したという。

「このままでは生活は出来ない、だがデュークに入ればその心配は無い。大変だろうがやりがいはある」「これも何かの縁だろう」
飯野は熟慮の末に承諾した。やりがいがある―これが一番の理由である。

聞けば、コンサートの日程は迫っている。全く時間が無い。
早速家族と共にイタリアから帰国、その日からメンバーと共に猛レッスンが始まった。
メンバーとの練習時は勿論、自宅においては風呂場やトイレにまで譜面を張るほどの格闘の末、何と帰国して約1週間の1月19日、川崎市麻生文化会館でのステージで新メンバー/飯野知彦はデュークエイセスとして初お目見えを果たした。
さらに3月19日にはNHK歌謡パレードに出演し、全国に歌声を初披露となった。
こうして新生デュークエイセスはスタート、以来18年この体制が続く。

風当たりが強くなかった訳ではなかった。
谷口急逝のために加入したとはいえ、まだまだファンにはあの豪快な歌声が耳に焼き付いている。
それに比べると飯野の歌声は声質こそ似ているがまろやかなムードである。
だが、それもやがてプラスとなった。
飯野の加入でカンツォーネなどもレパートリーに加えられ、叙情歌を歌う仕事も増えていく。
勿論黒人霊歌・ジャズもおろそかにはしない。

とはいえ、黒人霊歌/ジャズはクラシック畑で長年活躍し、カンツォーネなどヨーロッパの楽曲を愛する飯野とは相性は決して良いものではなかっただけに苦戦が続いた。
先任者/谷口はジャズ狂といっても差し支えないジャズ好きで、ヒマさえあればウォークマン片手にジャズを聴いていたというエピソードがある人。そして抜群のセンスがあった。
この分野に関しての風当たりの強さは他の楽曲と比べ格段に強く、飯野を苦悩に陥れる。
必死の稽古の末、その声を消すまでにはそれなりの歳月を要した。

もともとクラシックの楽曲も多少手掛けてデュークだが、飯野の加入でそれらはさらにクローズアップされていく。その他にも飯野加入で取り入れていったものは少なくない。
こうしてニュー・デューク・カラーが出来ていく。
そして、メンバーの高齢化に伴い、飯野の役割も重要なものとなっていった。

平成9年、これまでデュークが歌ってきたレパートリーを譜面の番号順に披露して行くマラソンコンサートがスタートした。
ファンは興味津々な一方で、真っ先に飯野のことを心配した。
だが、今回は譜面を見ながら歌う歌も多々ある。
それに加入時、約1週間で主要レパートリーをモノにした経験に比べたら何でもなかった。
平成14年、コンサートは無事終了。
乾杯のビールの味は格別だった。

リーダーの谷も飯野加入でデュークエイセスの名を引き継いでいって欲しいという想いが芽生えるようになった。
「ひとりづつ、そっと交代していって、やがては…」
[PR]
by hakodate-no-sito | 2009-12-07 01:11 | デュークエイセス | Comments(0)