年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

ひとりの名優

2月11日は私にとって忘れてはいけない日である。
今年、玉置宏が亡くなったということもあるが、昭和57年にはかの国際的名優/志村喬も没している。

忘れてはいけない、と言いつつも私はすっかり失念していた。
それを気付かせてくれたのは知人からの報せである。

昨年末、志村喬には大いに唸らされた。
スカパーのTBSチャンネルで、志村氏が出演した「家族熱」というドラマが再放送された。
脚本向田邦子。出演に浅丘ルリ子、三國連太郎、加藤治子、吉行和子に志村喬という顔合わせでは見ないわけにはいかない。
(なお、他の出演者には三浦友和、吹雪ジュン、宝生あやこなど)

名作、というにはあからさまなテコ入れが見受けられるし、最終回のオチはとってつけた感があり、ドロドロ路線の昼ドラという趣があったが、それらツッコミどころをカバーするように最期まで引っ張ったのは向田がノって書いたパート及び加藤治子、志村喬の名演。

志村喬は妻に先立たれた隠居、悠々自適の身であったが最近恋人が出来た…という役どころ。
コミカルさと哀しみと威厳を兼ね備えて、うってつけの役。
見逃してしまうような一瞬にハッとさせる芝居をしていたりもする。
いぶし銀、という言葉はちょっと違う気がしてならない。何かいい言葉が無いかと思うのだが語彙力が無いのでパッと浮かばない。
職人藝の粋、とでも言おうか。
向田ドラマでいうならば「冬の運動会」+「あ・うん」÷2という感じか。
最期は浅丘ルリ子と加藤治子の女の情念対決を収集に罹るも老齢の身には耐えられず亡くなる。
志村喬、既に肺気腫に犯され、入退院を繰り返していたはずだが、病人の顔では無いし、その影は微塵も無い。恐ろしいほど。最近の俳優が束になってかかっても敵わぬ、見事な演技。
志村喬は映画俳優だが、テレビドラマでも得難い逸材である。

加藤治子はある事情があって離婚したが、ふとしたきっかけから元夫/三國連太郎に関係する情報を得て、連絡を取るようになり…という役。
最終的に精神の均衡を崩すのだが、そのキチガイっぷりが恐ろしい。
後半は主役だった浅丘ルリ子よりも目立ち、どちらが主役か判らない状態に。あきらかに加藤治子に入れ込んでます、向田。
このドラマにおける加藤の演技はもう少し語られて良い。
加藤治子の女優史に遺る名演と信じている。

やはりドラマは脚本/演出もさることながら、やはり役者が良くなくてはいけないと実感させれる作品である、この「家族熱」、志村喬ファン、加藤治子ファンは必見の作品だろう。

―――
志村喬の評伝は澤地久枝が「男ありて」という題名で出版している。
こちらもなかなかの名著であり、現在絶版であることが惜しい。
加筆/修正の上で、どこかの文庫に入らないものだろうか。
「男ありて」は志村主演の映画、テレビドラマから取られている。
志村自身も気に入っているそうだが、残念ながら未だに視聴チャンスが無い。いつかは…と思っている。

澤地は志村喬夫妻と、親子のように親しい仲であったという。
向田邦子、植田いつ子と三人娘(?)として交際しており、その関係から澤地が執筆することになった。
澤地といえば哀しみを秘めた女の一代記や戦争関連で知られる作家であり、異色といえば異色の取り合わせである。
が、よく読んでいくと志村のこともさることながら本書のもうひとりの主役は志村喬/夫人、島崎政子なのである。
そう、ミスマッチなどではなく面目躍如。
政子夫人は筆が立つ人であり、澤地は最初政子夫人に書かせようとしていたが、どうしてもウンと言わず、じゃあ私が…ということになったらしい。

政子夫人だが、後に「美しく老いたし」という随筆集を出版している。
この本の存在はまったく知られていないが、なかなかの好著なのだ。
「男ありて」読了後に、こちらへも目を通すと志村夫妻どちらもファンになること請け合い。
天真爛漫で、芯が強くて、洒落っ気があって・・・こう老いたいものである。

「お前にはえらい目にあわせたかけた…もう4、5年楽してからおいで」
と言われた政子夫人、それから23年、約四半世紀を生き、2005年に92歳の大往生を遂げた。膵臓癌が判ったときには既に手遅れであったそうだが淡々と「90まで生きたし、おじちゃんにも逢えるからいいかなと想うんだけど、死にたくないなあ」と語っていたという。

改めて、澤地女史に、この政子夫人についても記して頂いて「男ありて」を世に出して欲しいと思わずにいられない。
河出文庫か、ちくま文庫か、勿論出版元の文春文庫でもいい。
出版社の文庫担当者には考慮をお願いしたい。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2010-02-12 21:35 | 古今俳優ばなし | Comments(0)