年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

泣かへんつもりがむせび泣く・・・藤田まこと、フランク永井に捧ぐ心の歌

2010年2月21日に再放送された
「藤田まことさんをしのんで…
かんさい特集『熱唱!藤田まこと フランク永井に捧ぐ心の歌』」
という番組を観ました。

知人の知人から追悼/再放送情報を聞き、このような形での視聴は複雑(本放送は昨年5月15日、関西ローカルでの放送)だなと、思いながらももともと見たかった番組でもあり、私自身のフランクへの想い、藤田追悼の意、知人の知人の気持ち・・・泣いてしまうであろうことは判っていても、見ずにはいられず、録画し、視聴に臨んだ次第でした。

友/フランク永井の死は自分の病気(癌)よりもショックだったという藤田まことが、亡きフランクに捧ぐ(歌の)手紙。

というのが番組のコンセプト。
歌とその合間には、フランクや自分のフランクエピソードゆかりの場所を訪れて、その場での想い出を語っているのですが、この歌とロケのバランスが絶妙。まったくムダが無い。

そして、歌もバンド演奏。
近年の番組だと、どうしてもカラオケ...ということになってしまって、それも否定は出来ないものの、どうしても歌が生きてこないし、創唱者の歌唱と比べられる上でも大いにマイナス要素になるように思います。
ここでバンド伴奏、というのは、それだけでもこだわりが伝わってきて、少なくとも私の中では大いにプラスです。
演奏も実に良かった。
(これも重要、下手なバンド演奏は閉口させられ、歌どころではありません・・・)

数多いフランク永井のヒット曲の中からは、かんさい特集だけあって、大阪モノをメインに収録。
「大阪ろまん」「こいさんのラブコール」「大阪ぐらし」、この3曲はフルコーラスで披露。
そして、この3曲の作詩者/石浜恒夫の長女である石浜紅子(山村紅葉かと思いました…確かアイジョージ「紅子のバラード」の題名の元ネタはこの方では?)も登場し、法善寺でロケをしながら、歌のエピソードが語られる徹底振り。

「てなんもや三度笠」終了後、キャバレー回りを余儀なくされていた藤田のもとにフランクから「歌う歌が無かったら歌って良いよ」という手紙及び譜面をくれたというと、そのときに贈られた(?)メドレー「おまえに~霧子のタンゴ~有楽町で逢いましょう~君恋し」も披露し、他のヒットもちゃんと盛り込んでいる。

フランクの実姉から送られた手紙の話を経て、ラストは『フランクさんに聞いて欲しい歌』『この歌を歌うのは私だけではない。後に続く人がいっぱいる。ずっと歌い繋いでいってくれると思う』と
と「公園の手品師」をフルコーラスで披露。

今、これを書くために改めて再生しているのですが、涙がとまらない。

藤田まことの、フランク永井への愛情が充分伝わってくる(フランク永井の)追悼番組として、まず素晴らしい出来である。

結果的にこの番組は「藤田まことの遺言」となってしまった哀しさ。

そして藤田まことの、そしてこういう番組を藤田に作らせるフランク永井の偉大さ。

初見時はラストの「公園の手品師」で泣いたのですが、2度目の今はOPの「大阪ろまん」から身体が崩れ落ちそうな衝撃に襲われて滂沱。

人情紙風船の世の中でも確実に存在する、人のこころ...それがこの45分に詰まっていた気がします。藤田さん、フランクさんに教わった"こころ"、今後の生活に生かしていかないといけませんね。

そして、こういう素晴らしい人たちがいたこと、こういう琴線にふれる歌を歌えた人たちがいたということを少しでも多くの人に認知してもらえるように何か活動したい。
そう思います。

改めて、御両人に感謝と哀悼の意を表します。合掌。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2010-02-23 01:52 | 歌・唄・うた | Comments(0)