年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

80歳の交響曲(その2)

e0134486_2301036.jpg


2002年11月4日、昭和女子大学人見記念講堂。
舞台上には東京都交響楽団がスタンバイ。
指揮者・飯森氏が舞台袖から登場し、壇上へ。
奏でられるイントロがシャンソンを代表する永遠の名曲「愛の讃歌」
ラストではなく、最初にこの歌を選択するところにこのコンサートへの意気込みを感じ取れる。
石井はスパンコールの入った、袖つきの、ブルーのドレスで登場。
貫禄のステージが始まる。

「皆様、今晩は・・・」
石井のシャンソン歌手としてのキャリアは長く、1948年。戦後まもない頃。
その頃聴いたシャンソンの想い出を軽く話す。
年下のものには歴史、同年代にとってはたまらない青春の想い出だ。

石井好子が「Les feuilles mortes(枯葉)」を歌うとき、
ポール・ヴェルレーヌの名詩「秋の歌(Chanson d'automne)」を歌の前に組み込み、「秋の歌」として歌う。
"秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し・・・"
上田敏の訳詩を諳んじてから唄う「秋の歌」は、石井の掌中の珠の1曲であり、既に石井スタンダードとなっている。
もともとジャック・プレヴェールによって書かれた、文学的シャンソン。ヴェルレーヌをうたうことで作品の格調高さを
更に高め、目を閉じればそこに西洋の街角が浮かんでくる。
こういうことが出来るところは、石井の持って生まれた素材と育った環境だろう。身に付いていないものには出来ない。

「なぜ80歳って言うの・・・」
コンサートの題名の由来について話し始める石井。
新聞など、メディアは"石井好子(80)"と年齢を強調するのが好きなようで、そういう形で年齢が出ると「まだ歌っているのか」と思われてしまう。
ならば先手を取って「私は80よ」と言ってしまった方が、好意的に受け取って貰える・・・。
笑いを交えながら話しているが、確かに我々は何かというと年齢で物を観て、時には年齢で否定的になる。
知らず知らずのうちにその見方によって、良いものは良いと素直に言えなくなっている部分は否定出来まい。
もっと意地の悪い目ではなく、素直に、愛情を持って見つめたい。

カメラが客席を映し出すと岸朝子、秋山ちえ子と思われる女性が映る。
石井、岸、秋山・・・年齢を年輪に、若人には出来ない熟練の仕事をされる人たち。
同年代の人間がこうやって活躍するのを心より応援し、また励まされ、そして喜んでいるのではないか。

「初日の夜(Un Soir De Premiere)」
演劇仕立てのシャンソン。若い頃では陳腐に、年齢を重ねると長年の酷使で声が出なくなり、歌えない可能性すらあるジャンルのもの。
だが、石井は堂々と歌い切る。。
石井に、演劇的才能はさして無いように思われるが、まるで本人の実体験のように思わせる説得力は年輪と長年の努力のよって培われたのだろうか。

ここで、石井は衣装替えのために一旦舞台袖へ去る。
入れ替わり、司会者が登場する。木原光知子。
木原と石井は30数年来の友人で大親友ともいえる仲、出会い始めの頃について話し出す木原。
当時石井は40代だったそうだが、既に貫禄充分であったと語り、会場の雰囲気をほぐす。
続いて、アコーディオン奏者の桑山哲也が登場し、都響と共に「ムーラン・ルージュの唄」を奏でる。

一旦楽団の人間が舞台袖へ引き、舞台上はピアノ奏者一人、アコーディオン二人という少人数になる。
そこに衣装替えを終えた石井が登場し「ジャヴァ・ブルー(Java Blue)」続いて「ブルー・ブラン・ブロン(Bleu, Blanc, Blond)」。
それまでの重厚な雰囲気から一転し、軽やかな雰囲気の歌で、ちょっと小粋なひとときが流れる。
シャンソンは、決して重い歌ばかりでは無いのだ。

再び楽団がステージへ戻り「恋心(L'amour, C'est pour rien)」。
エンリコ・マシアスがヒットさせたシャンソンだが、それよりも早世した後輩・岸洋子の持ち歌を引き継ぐ、というように感じられる。
石井は「希望」も歌い継いだが、ここではアレンジも敢えて岸が歌っていたものに近いものにしている。

そろそろラストに近づいてきた。
「私はよく、シャンソンで何の歌が一番好きですかと聞かれます」
どれも好きだから歌っているが、あえて1曲選ぶとするならば、と石井が選曲するのは
ジャック・ブレルの「Ne Me Quitte Pas(行かないで)」だという。
歌詞の概要を語り、全編原語で歌唱する石井。
独得の緊迫感などは、日本語訳では到底表現出来ない、という判断なのだろう。
フランス語の意味が判らなくとも伝わってくるものがある。
本物はいともたやすく、言葉の壁を越える・・・石井好子極めつけの名唱名演。

最後の1曲となった。
石井がシャンソン歌手でもっとも愛した歌手ダミア、ダミアへの想いを語り、彼女へ捧げると歌い始めたのは「かもめ(Les Goelands)」
神戸市混声合唱団も加わる。
両手を広げて歌う石井。
「かもめの石井か、石井のかもめ」とまで言われているが、もはやここでは何か言うこと自体が野暮のように思われた。
敢えて言うならば、完璧とはこういうもの、ということか。

会場中からブラボーの掛け声、鳴り止まぬ拍手。
客席から捧げられた薔薇の花束を胸に抱き、一旦袖へ引ける石井。
アンコールの声は止まることを知らない。
石井は舞台へ戻り、マイクスタンドからマイクを取る。
「水に流して」
エディット・ピアフが歌った、透明感とスケール感のある歌。聴き手の高揚感は更に高まっていくばかり。
誰がここで歌い手の年齢が80歳だといって信じるものがあろうか。

会場にいるものは、1曲では納得しない。
当然掛かるアンコールの声。
その声に応え、再び舞台へ戻って来た石井。
笑顔で歌い始めたのは「二人の恋人(J'al Deux Amours)」
ジョセフィン・ベーカーが歌い、石井にとっても桑港でルイ・アームストロングとセッションし、また巴里のパスドックの家のオーディションでも歌い
大事に、大切に歌ってきた。
「二人の恋人、それは祖国とパリ」・・・石井好子のメイン・テーマ曲ともいえる歌。
聴くものにとっても、晴れやかな気分で、笑顔で「良かったね」と言って帰路に着ける歌を選び、コンサートは終わった。

「いかがでしたでしょうか」
歌い終わって、頭を下げるときの石井の満面の笑み。

凡人の私には、賛辞以外に浮かぶことは無い。
石井好子こそシャンソンである、とは誰が言ったか想い出せないが、異論は今、まったくない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-02-10 00:02 | テレビ | Comments(0)