年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

エッセイスト・石井好子

「文藝別冊 石井好子 追悼総特集 シャンソンとオムレツとエッセイと」(KAWADE夢ムック/文藝別冊)
河出書房新社 (2011/3/15) 1260円

e0134486_333336.jpg


「石井好子 追悼総特集 シャンソンとオムレツとエッセイと(KAWADE夢ムック/ 文藝別冊)」という本を読んだ。作り手や書き手の、石井への愛情・敬意が伝わってくる良書だと思う。

”オムレツの石井”の異名を得る程、食のエッセイへの人気は、自分が思っている以上なのだな、と
改めて感じ入り、また驚かされた。
石井好子がペンを握っていなかったら…たとえどれだけ優れた歌い手であっても、こういう本が出たかというと、哀しいかな、疑問だ。

石井を知らない、石井が書いたエッセイだけで、感じたことを綴る執筆者たち。
本屋の店員が自分の好きな本を並べるコーナーに石井の「巴里の空の下~」を置き、売れ行きがそれ以上なったという話。
「物語のない、あっさりとした読み物」ではなく「物語があった」と思うだろう、という話。
歌手の合間に書かれた、またはその延長線上にあるエッセイという捉え方ではなく
純粋に、一人の優れた書き手としての石井好子を捉え、読んで感じて評価している。
これにはハッとさせられた。
確かに私は石井好子のエッセイの類は気になる存在だったが、やっぱり歌手の石井という前提から見ていたと思う。
歌手でありエッセイスト、というような。
であり、を取っ払った、エッセイスト、だけでは見ていなかったのだ・・・

確かに、石井の食のエッセイは良い。
美食家によくありがちな「××は××じゃなきゃダメ」という押し付けが無い。
「裏ごしは面倒」とハッキリ明言、インスタント食品でも良いものは良いと取り入れる・・・。
読んでいて、肩身が狭くなるようなことは絶対に無い。
その一方で、情景が浮かんでくるような文章。
本当に食べることが好きで、また料理を作ることが好きだ、ということが伝わってくる。
最近、よく耳にする言葉に「ライフスタイル」というものがあるが、まったく石井のエッセイは
憧れのライフスタイルの見本といって差し支えないんじゃないだろうか。
考え方ひとつで、つまらないことも面白くなっていく、ということが説教がましくなく、自然なかたちで伝わってくる。

たかがエッセイ、されどエッセイ。
深い人間性に裏打ちされた、石井好子のエッセイ。
この本に触発され、改めて読み直してみて、唸らされた。
背伸びをしたがる10代の学生から、酸いも甘いも噛み分けた大人まで、それぞれの世代が読むのに耐え得ると思う。

歌はとかく好みだけで判断しがちだが、活字は歌よりはそうじゃないように思える。
石井好子という人の素晴らしさを知るには、活字から入るのもまたアリなのだろうか。
石井好子という素敵な女性がいた、ということを人へ紹介する手だてとして、この本に「巴里の空~」のようなエッセイ集あたりを添えると、判って貰える率が上がるのかもしれない。
いろいろと考えさせられる1冊だ。

この本は、エッセイスト石井好子に重心を置いているので、歌手石井好子としての面はいささか弱い。
だが、石井とつながりのあった人たちのインタビューや寄稿文は、それぞれの石井好子像を窺い知ることが出来て興味深かった。
親しい仲というのと、理解者というのは必ずしも=にはならない。
淡い付き合いで、多少袖すりあった程度の人の方が、かえって的確に捉えていたり、また遠くにいるからこそ見える面があったりするから、人は面白い。

だが・・・やはり、それはそれとして、この人にとっての石井好子とは、とじっくり聴かせて欲しい人はいる。キーマンともいうべき人たち。
ピーコ(対談集「サワコとピーコ」には阿川佐和子と共に石井好子についての話を数多くしていて、これは一読の価値がある)、永六輔、長瀧達治あたりには座談会なりロングインタビューというかたちで、もっと多くの話を聞かせて欲しかった。
石井のエッセイにも度々名前が載っている、今道仁美という長年石井好子の下にいた方の話は、ぜひとも聴きたかった。

もっとも、年表は勿論、ダイジェスト的な(残念ながら完全版では無い)ディスコグラフィーや著作一覧紹介もあり、歌手石井好子を追うための資料として充分価値あるものに仕上がっている。
歌手としての石井好子が知りたい人も資料本として、しっかり保持しておくことを薦めたい。

いつか歌手・石井好子へ重点を置いた本も発売されることを願う。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-05-23 03:15 | 歌・唄・うた | Comments(0)