年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

松島詩子「ラ・タンギスタ ~タンゴの歌姫~」

2011年12月21日。
松島詩子「ラ・タンギスタ ~タンゴの歌姫~」というCDアルバムが発売された。

今、松島詩子といってパッとわかる人は残念ながらそう多くない。
「マロニエの木蔭」を聴いて、そういえば聴いたことがあるかもしれない、という反応があれば御の字だろう。

そんな現状を打ち破るように出たのが、この1枚だ。
曲目を、まず見て欲しい。

01.マロニエの木蔭
02.夕べ仄かに
03.泪の春
04.慕わしの君
05.銀座タンゴ
06.黒き薔薇
07.花売り娘の唄
08.マリネラ
09.シボネー
10.夜のタンゴ
11.鐘の鳴る朝
12.君はマドロス
13.薔薇のセニョリータ
14.花の溜息
15.沙羅の花
16.鈴懸のタンゴ
17.ただ一度だけ
18.追憶
19.雨のワルツ
20.ボンソワール巴里
21.さよならのビギン
22.囁きのタンゴ
23.夕月の丘
24.眞赤な月


「え?」と思う人もいるのではないだろうか。
そう、「喫茶店の片隅で」「上海の花売り娘」と言った御馴染のヒット曲が無いのだ。

どういうことかというと、
このCDは、松島詩子のタンゴ調の名曲を中心にまとめたコンセプト・アルバムなのだ。
戦前・戦後の流行歌を対象にすると、選曲が固定化・定番曲のみに終わってしまうことが多い中で、この試みは異色といって良い。

「La Tanguista」は、ニッポン・モダンタイムスというシリーズの中での1枚。
このシリーズ、『昭和のモダンな音楽を』という確固たるコンセプトの基で製作されている。
どの作品でもそうだが
既にCD化されて入手が比較的容易な歌よりも、今回は知られざる良い歌を発掘・紹介を優先したい
という心意気が見てとれる。

この松島のCD、好評如何によっては続編も出来るように考えられている、と私は思う。
「喫茶店の片隅で」「上海の花売り娘」「夜のヴァイオリン」「恋はやさし」
・・・本CD未収録の歌をいくつか上げてみただけでも、充分聴きごたえのある続編は出来得る。

これは大事なことだが、このアルバムの魅力は選曲だけではない。
様々な点においても、堪能できるような創意工夫が凝らされている。

まず、ジャケットから見てみる。
e0134486_1521032.jpg

念のため、お断りしてしておくが松島詩子本人である。
大概の人たちは松島詩子というと、中年期から老年期にかけての姿が思い浮かぶと思う。
今まで発売されてきたLPやCDアルバムのジャケットも殆どがその時期の写真が使用されている。

私自身、彼女の戦前・戦中の若い頃の姿はよく知らない。何枚か写真は見たことはある程度だった。
新鮮な想いでジャケットを眺めた。現代のアイドルと比べても遜色ないビジュアルだと思う。
可愛い。
と言っても、松島の年齢とデビュー時期を考えて計算すると、30歳前後の年齢ではないかという結論が出る。
この風貌で、確かな歌唱力を備えているのだから恐れ入る。

e0134486_15211752.jpg

ケースの蓋を開けてみた。
昔の品格あるレコードレーベルのような、落ち着いたCDレーベル。

歌詞/解説集の裏側は、舞台で唄っているときの1枚。
いつ頃撮られた写真なのだろうか。
なかなか良い写真だ。

e0134486_15212972.jpg

CDを取りだしてみる。
往年の人気歌番組「今週の明星」収録における写真があるのが、わかるだろうか。

「今週の明星」はラジオ番組と記憶しているが、写真を見ると"テレビ"とある。
これはどういうことだろうか、と思うも、画像の下に解説的ことばが載っている・
(NHKテレビ試験放送にて)とある。

流行歌好きにはたまらない写真を、こんな見えにくい部分へ、敢えて持って来ているというのは面白い。
気付かない人はずっと気付かないままのだろう。
一種のボーナストラック的なもののように思う。

CD本体へ話を戻す。
このアルバム、曲目だけで判断して出来ないことが、もう一つある。
再生の際に聴こえる「音」が違うのだ。
これまでの復刻盤LP・CDで聴いていた音では無い。
演奏や歌声が、生き生きと、躍動感が、息遣いが、しっかりと聴こえてくる。

私はSP盤を再生できる環境にいないのだが、過去レコードコンサートで聴いた音が、このCDからは聴こえて来た。
CD化されていた曲も、改めて復刻し直したのだろう。全然音が違う。

勿論、SP盤を再生するときに、どうしても出るシャーという音は入っている。
だが、それは仕様がない。これは日本の流行歌に限らない。SP盤とはそういうものなのだから。
あるべきものを、無理に除こうとすると、音が死んでしまう。

音響にこだわりがあるとか、そういう趣味は私には一切無いのだが、聴いていて
このCDは、iPodなどに取り組んで聴くよりも、
チャンとした音響設備で聴いた方が、より感動を味わえるし、またそういう意図で音を作っているように感じた。

私は実践出来ないが、出来る方は、ぜひ本格的なオーディオとそうではないものとで、聴き比べるのもまた一興ではないだろうか。

いろいろ書いて来たが、私は
「昔の日本の歌なんて・・・」
という先入観を持っている人にこそ、このCDを聴いて欲しい、と考えている。
きっと変わる。愕然とするはずだ。そして大幅に好意寄りの目になっていくだろう。
騙されたと思って、どうか1度手にとって聴いてみて欲しい。

※松島詩子の略歴は、参考までにここへまとめてみた。

追記)
ニッポン・モダンタイムスの公式宣伝サイト(http://www.nippon-mt.com/
に、私が寄稿した一文が掲載されている。

http://www.nippon-mt.com/kata/kata12.html
http://www.nippon-mt.com/kata/kata13.html

私がかつて、旧ブログで書いたものがきっかけ。
縁は異なもの、とはよく言ったものだと自分でも驚いている。
未経験の事態にひたすら暗中模索。
自分の実力不足に加え、双方の説明不足に諸連絡の遅滞などの事情も手伝い、満足のいく結果を出せたと私は思っていないのだが、一読して頂ければ有難いと図々しくも思っている。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-01-27 16:03 | CD視聴感想 | Comments(0)