年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

電話口から聞えて来た声

今週の半ば、ある事務所へ電話を掛けた。
週はじめにメールで問い合わせをしたのだが、この手のものは反応が無い、または忘れたころではないと返信が来なかった過去の経験を思い出し、電話というかたちを取ることにしたのだ。

「ハイ、デューク(音楽事務所)です」
電話口から聞こえて来たのは、たいへん耳馴染みのある声だった。
彼らが個人事務所で活動していることは知っていたが、まさかリーダー自ら電話の応対をするとは驚いた。
さらに私を驚かせたのは、その声の若々しさである。
昨晩、聴いていたライブ盤そのままのバリトン声なのだ。機嫌の良さそうなテンションも同じだ。
30余年の時の経過をまったく感じさせず、レコードに収められた世界がそのままに受話器の向こう側に広がっている。

予想だにしない展開にアガってしまったからか、最初は全然話が噛み合わない。間違い電話なのではないかと思われてしまった。
そのうちメールは、どうも誰の目にも付いていないことが察せられたので、改めて用件をお伝えした。
「デュークエイセスさんのアルバムで、数年前に再販された『コーラスの仲間たち ビバ!!コーラス』のCDなのですが、在庫をまだお持ちではないでしょうか」

e0134486_19413440.jpg

「コーラスの仲間たち ビバ!!コーラス」は、デュークエイセス結成25周年記念アルバムとして3枚組のLPとして1980年に発表されたもの。
デュークの十八番である洋物ナンバーばかりが収められている。2006年に再販されたが、すぐに店頭から姿を消し今では入手困難になっている。
3~4年前、あるCDショップで現物を見かけたのだが、生憎と手許不如意だった。日を改めてその店へ行ったが、既に品物は無かった。
ネットオークションでもCDは見かけず、悔いの残るアルバムになっていた。

リーダーは「少々お待ち下さい」と自ら事務所のなかを確認して下さった。ここには見当たらないというお返事だった。
コンサート等での物販用に在庫を確保していないだろうかと思っていたが、さすがにもう売れてしまったのだろう。

「東芝・・・今はEMI(レコード・ジャパン=ユニバーサルミュージック傘下レーベル)ですか、レコード会社の方に問い合わせすれば、もしかしたら…」
それは既に不首尾に終わっており、CDショップやインターネット販売でも入手出来なくなり、中古でも見当たらないことをお話したところ、「では、コピーということになりますが、それでよろしければ(ご参考までお貸ししましょう)」という言葉が返って来た。
有難い話だが、さすがにそれは申し訳ないと辞退した。
これは、やはり現物を手許に置きたい。歌詞カードを黙読し、編曲者等のクレジットから想像を膨らませ、ジャケットを見つめ、とことん愛でたいアルバムなのだ。

「そうですか・・・では、こうしましょう。こちらでも探してみますので、"もし"在庫が見つかったらお電話いたしましょう」
「はい、よろしくお願いいたします」
もともと駄目もとでの問い合わせだ。「もし」は多分「無い」だろう。
だが、名前は明かしておられなかったが、思いがけずリーダーとお話が出来た。
それも、こちらが恐縮するぐらいの好対応だ。私のこころは満たされた、それで良い。
縁があったらどこかで買えるだろう。

そんなことを思っていたのだが、次の日、何と電話は鳴った。
「先日はお電話頂きありがとうございます。私、デュークエイセスの谷と申します」
昨日と同じ人の声である。
事務所の人では無く、デュークエイセスのリーダー・谷道夫直々の電話だった。

「昨日の電話の件ですが、CD、見つかりました。ハイッ。それでですね、私が責任を以って、これからすぐお送りしますので、ご住所をFAXで送って頂けますか」
デュークエイセスというのは、功名成し遂げた、日本の音楽史に残る大コーラスグループだ。そのグループのリーダーが、ここまで懇切丁寧な応対をして下さる。
恐縮するというのは、まさにこういうときに使うことばである。強く実感する。

「あのアルバムは『今には無い、アナログな感じが良い』って、よくお褒め頂くんですよ」
谷リーダーご本人もお気に召したアルバムであるらしい。なおのこと、待つ身の胸が高鳴る。

翌々日である今日、CDは届いた。直筆の手紙付きで、だ。

手紙の字体から、封筒の宛名もリーダー自ら記されていることがわかった。
5年前、自費出版された自叙伝(「人生はハーモニー」)を購入した、あのときと同じ・・・。

何から何まで行き届いた、人柄を感じさせる今回の応対、胸が詰まった。
今、私は幸福な気分につつまれ、最高の内容のアルバムを聴きながら、この日記を書いている。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-04-20 19:42 | デュークエイセス | Comments(30)
Commented by DSワカゾー at 2013-04-20 23:30 x
ツイから飛んできました。嬉しいでしょうねえ、いや本当に。実るほど頭を・・・って言葉が思い浮かびました( ´ ▽ ` )ノ
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-21 09:11
DSワカゾーさま
ありがとうございます。こちらでは「はじめまして」ですね。
はい!嬉しいです。有難いです。感激しています。
一般人だって、ここまで出来るかと思うと・・・。
Commented by ちばこ at 2013-04-22 05:59 x
初めまして。私は、35歳の谷さん一筋
ファン歴16年のちばこと言います。
谷さんは、本当に出来た方ですよね(^o^)
そんなことがある谷さん、尊敬。

Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-22 14:27
ちばこさん
谷さんひとすじ・ファン歴16年!頭が下がります。
本当に、素敵ですよね。尊敬します。
普通の人だって、なかなか出来ることではないですよね。
あのデュークエイセスのリーダーが、自らここまでして下さるなんて!
感激のあまり、ブログに書いてしまいました。
Commented by ちばこ at 2013-04-22 19:02 x
谷さんに、一目惚れした私です。
歌う表情、そして、好みのタイプの
64歳の谷さんを好きになった19歳の私です。
それから、16年です。
ますます好きになった。
Commented by ちばこ at 2013-04-22 19:28 x
谷さんに、気持ちを伝えたら、感激をされて
ました。
本当に、谷さんは、行動力が、凄い。
誇りに思います。好きになったのが。
なので、彼に、付いて行こう、
谷さんのようになろうって、目標を
持ちました、35歳の今の私です。
シトさん、宜しくです。
Commented by ちばこ at 2013-04-22 20:03 x
『春よ、来い』聴いてみたいです。
中々CDを買うって、なくて。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-22 20:09
19歳からのファン!
頭が下がります。私も中学前後からデュークを知って好きになりましたけど、ひとすじではなかったので(忘れたことはありません!真ん中だったり片隅だったり、その時々で違うのです)
谷さん・・・ちばこさんのようなファンがいるのは歌い手冥利、男冥利に尽きますね。

>本当に、谷さんは、行動力が、凄い。

同感です。九州男児で戦争を潜り抜けて来た世代の強さを感じます。
行動力マイナスの私は、爪の垢を煎じて飲ませて貰わないといけないなと思います。

>シトさん、宜しくです。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Commented by ちばこ at 2013-04-22 20:34 x
男冥利、歌い手冥利ですか(*^^*)
男して、人して、尊敬してますって
も、言いました。
でも、みんな好きになったほうがい
いですよ。

私も、ネガティブかつ行動力がない。
だから、私も、爪の垢飲みたい。

日記、凄いですよね。
谷さんは、優しい物言いされますよね?
Commented by ちばこ at 2013-04-22 21:26 x
でも、谷さんの『人生はハーモニー』と
言う本が欲しい。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-22 22:36
ちばこさま
「春よ、来い」は40周年のアルバムに収録されていましたね。
この前、聴き直しましたが、これはこれで悪くないなぁと思いながらも、やっぱりこの歌は吉田さんひとりでソロは通して欲しかったなぁ、とも。

谷さんの物言い、今回お電話させて頂いた限りでは、本当にレコードに収められている、テレビやラジオでも見聞き出来る、あの優しそうな谷さんでした。
(私がそう感じさせない書き方をしていたらゴメンナサイ。本意ではないです)
日記は、私が書いたブログの?・・・ではないですよね、谷さんの50数冊の手帖ですよね。積み重ねてきたものが違いすぎます。

「人生はハーモニー」は、数年前にファンの方が問い合わせをした際、既に在庫が無くなってしまったというお返事だったと、ブログに書かれていました。
http://www.kosho.or.jp/servlet/top
http://sgenji.jp/
このあたりの古本取り扱いサイトなら、(中古品ですが)売っているかもしれません。
Commented by ちばこ at 2013-04-23 03:38 x
谷さんの物言い、シトさんの書き方でも、
十分伝わります。直に谷さんに、お話を
させて頂きましたが、本当に、テレビの
まんま。のお話のされ方でした。でも、
私も、かなり照れたり、好きって、言う
のが、出てたので、普通にもしてましたが、
谷さんも、照れてらっしゃったみたいです。
私の思い違いかなぁ(>_<)

谷さん、かわいいってトコあるから(*^^*)
顔や仕草が。年上の肩に対して失礼。

日記、シトさんのですよ。谷さんもですが、
谷さんも、シトさんの日記を読まれたら、
脱帽されると思います。

春よ、来いは、聴いてみたいですね。
デュークさんのコーラスは、ダーク
さんよりも、凄い、聴いてて、心地よ
いですもんね。叙情歌は、ダークさん
ですが、マンガさんの声が、たまに
(失礼になりますが、マンガさん、ファン
の方、スミマセン。)違うんじゃないか、
リードがって。外国の歌を歌わせると
ヨーデルは、確かにマンガさんの右に
出る人いません。

古本屋さんかぁ。谷さんに、お手紙で
聞いたら、されたんで、なかったので
しょうね。

谷さんに、ゾッコン。困るだろうな。
Commented by てんてこ舞い at 2013-04-23 12:33 x
こんにちは、てんてこ舞いです。
この度は色々とお世話になりまして
ありがとうございました。

谷リーダーからの電話、考えただけで
身がすくみます。

谷リーダーは僕にとって神の様な存在。
その神がこの世に降臨して電話をしてくる・・・、
なんと恐ろしいことです。
チョットだけ話してみたい気もしますが
それ以上に恐怖そのものです。

今のところそんなことはないので
安心です・・・ハハハッ!

これからもよろしくお願いいたします。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 18:48
ちばこさま
ダークダックス・・・。
私はダークも聴きますし好きですが、90年代以降は衰えを感じます。マンガさんの不調、パクさんの声質の衰え、テンポ(リズム)の衰え・・・美しいハーモニーじゃなくなったなぁ、シュッとしてない・もたついているなぁ、と思うことがありました。いま観れば、違う見方が出来るのだと思いますけどね。
しっかり歌ってはいても、往年の魅力がだいぶ褪せてしまった姿(もう3人でした)に、私は長く魅力を感じることが出来なくて、結果デュークと比べて、ダークに興味を持ちだすのが大幅に遅れてしまいました。興味を持ち出しても、最初はマンガさんの声が好きだったので、3人ダークの現在(注・当時)は正視しがたく・・・パクさんの美しい高音が病に倒れ、逝かれてしまい・・・。
ダークに関しては、否定的にならざるを得ないこともあります。釈然としない噂もあるので、いずれ調べてハッキリ、感情にケリをつけたいのですが・・・。
それでもダークは偉大なグループだという想いには変わりないです。
良い面・悪い面、含めて知りたいと思っています。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 19:01
ちばこさま
私の日記(ブログ)・・・ありがとうございます。冷汗が出ます。
書いたあと、もう少しいろいろわかったこともあるのですが、なかなか加筆したり出来なくて。想いはあっても、それを表に出すのって難しいです。

「春よ、来い」、CDだと中古品になるのでしょうね。
あとはitunes Store等の音楽配信サイトで買えるようです。
今のデュークなら、どう歌うのかも興味があります。大須賀さんは世代的に松任谷さんの唄にスッと入れる世代。その辺を含めて、どう仕上げるのか興味があります。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 19:16
てんてこ舞いさま
こちらこそ、ブログ活用させて頂いています。
お世話になっているどころではありません。足向けて寝られません。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

谷リーダーからの電話、数日経ってみると何だか別世界の出来事のような気がしています。本当は夢だったのではないかと・・・。
机の上には頂戴した手紙もCDもあるので現実なのですが。
Commented by ちばこ at 2013-04-23 20:47 x
ダークさんの釈然としない噂とは何
ですか?よろしければ、教えてください。
ダークさんも、好きな私は、マンガさんの
倒れる寸前に、お電話で、お話したことあり
ますし、パクさん、主にゾウさんとお手紙を
やり取りさせて、いただいて。それも、やはり
19歳のころ。間が空き、パクさんが、亡くなられて、お手紙を書きました。パクさんが、亡くなられたのが、辛いのは、ゾウさんとゲタさん。掛ける言葉もありませんと。そしたら、翌年、
ぞうさんから、年賀状が、届きました。驚きです。3年くらいになりますか?毎年、年賀状のやり取りさせて、いただいて。ありがたいことでして。
ゾウさんとゲタさんの仲が良くないと聞きます。
それは、仕方ないこと。そこを含めて、私は、応援します。
だから、デュークさんは、ダークさんの二の舞には、したくないので、出来るだけ、みなさんのサインを頂くようにしてます。

年齢を重ねて良くなっていってるのは、デュークさんの音楽が、そうです。失礼ですが。若干、声が割れたりしますが、谷さんや槇野さんの声は、特に、パンチがお腹に来ます。
Commented by ちばこ at 2013-04-23 20:52 x
書いた後に、後悔されるのは、わかります。
谷さんご本人に、何回かお手紙を書いてますから、わかります。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 21:24
ちばこさま
ダークも好きなんですね、嬉しいです。
(あ、私、ボニーも好きです。三大コーラスはそれぞれ聴いています。一番なじみがあるのはデュークです)
マンガさんとお話されたことがあるとは、羨ましいです。私は一歩違いでマンガさんには間に合っていないので、デュークの谷口さん(=ボニーの大町さん/ギリギリで大町さんはテレビでですが何度か見ています)同様まぼろしの憧れなんです。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 21:27
ゾウさんと文通とは。どんなやりとりをされていたんでしょう。ゾウさん、出来た方だと思います。60周年のテレビや、NHKのラジオインタビューの話を聴いて感服しました。お元気なうちに、ナマの姿を拝みたいと思っているのですが・・・。
ダークの皆さんは紳士とよく形容されますが、特にパクさんとゾウさんにそんな印象を受けます。マンガさんは、さばけた、おしゃれなオジサマ。

>ゾウさんとゲタさんの仲が良くないと聞きます。

踏み込みましたね。私もそう思います。
仲の良し悪しというより、性格が正反対ですものね。その辺の噛みあわなさも楽しんでいます(と言っても拝見機会が少なすぎるのですが)。
・・・でも、もう少しゲタさん黙って、ゾウさんに話をさせてと思うときも。

どうも私はゲタさんに対しては含むものがあるのですが、でもゲタさんがいないダークダックスもまた考えられないんですよね。
ダークが息の長い活動を続けてこられた一因には、慶応閥の力、三菱電機はじめ大スポンサーのバックアップもあったわけで、その辺の外交を支えたのは何といってもゲタさんですものね。凄い人なんですよね。
著書は何冊か持っています。愛読しています。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 21:28

デュークは過去は大事にしても、引きずらないようにしていますよね。
今の、現状で出来る最大限を、という努力が、(失礼ですがダークよりも)凄いのだと思います。音楽的な妥協はしないというのは本当なのですよね。
Commented by ちばこ at 2013-04-23 21:33 x
マンガさんのサインも持ってますよ(^_^)v
ボニーさんは、私の中では、存在が、薄く。
玉田さんが、正岡子規に見えて。気になります。

デュークさんは、近寄り難いと言うか、けど、谷さんが、好きなのに、近寄れない雰囲気があって。
谷口さんは、私が小学生のころなんで、存在が、
知らなくてスミマセン。
でも、今だから、意識して、見れます。

女性の扱い方が、上手い、どんちゃん騒ぎが
大好きそうで、エロっぽい感じだけど、エロさが
ない。スミマセン。
Commented by ちばこ at 2013-04-23 21:49 x
ゾウさんとは、お誕生日プレゼントのお返事やCDを頂く、などです。コンサートのパンフレットやテレカを頂くと言った文通です。昨年末は、突然、お花が届きました。お礼のお電話を差し上げました。
今は、距離を置いてます。
確かに、紳士ですよね。
ゲタさん、あの中では、異質。あの四人だから、
成り立っていた。
ゲタさん、ゾウさん、同級生だから、仕方ない。
ゾウさんが、我慢している部分があると推測。

デュークさんは、偏見を抱いてごめんなさい!
ですよね。谷さんとも、今、文通してます。
ある意味、私は、度胸があるんでしょうか?
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 22:53
マンガさんもサイン持っておられるんですか、羨ましい。
私、持っているのはゲタさんのサイン(落款)です。
(中古で入手しました。ゲタさん達筆です)
ダークで書く人はゲタさんだけなんですよね。ゾウさん目線・マンガさん目線から見たダークも読みたい(知りたい)んですけども・・・。
(お恥しい話ですが、未だにゾウさん・マンガさんの愛称の由来を判明させられません。何となくはわかりますが曖昧です)

>ゲタさん、ゾウさん、同級生だから、仕方ない。
>ゾウさんが、我慢している部分があると推測。

ゾウさんが抑えれば、下のふたりも抑えることになりますよね。

ゲタさんというとパクさんの葬式のとき、悪ガキが叱られてガックリべそをかいているような雰囲気、奥さまが「しっかりしなさい」とハッパかけるようにキリッとされて、一緒に歩いてらした姿が、ニュースで見て忘れられないです。

デュークに近寄りがたい雰囲気、何となくわかるような気がします。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-23 22:53
>谷さんとも、今、文通してます。
>ある意味、私は、度胸があるんでしょうか?

分けてください、その度胸を(笑)
素晴らしい歌い手さんによる、素晴らしい思い出、やりとりの数々。これは本当に宝ものですよね。
こういう体験は、したいと思ってもなかなか出来ませんもの・・・。
Commented by ちばこ at 2013-04-24 03:47 x
一回、ダークさんのニックネーム、事務所の方に聞いた事あります。

パクさん、笑ったりするのが、みんなより一拍遅れてるから、『パク』。
マンガさん、『漫画』みたいなとこがあるから。 ゲタさん、顔が『四角で、下駄みたいだから』
ゾウさん、性格が、見た目ゆったりして、象みたいだから。と言うお答えでした。

パクさんのお葬式、見る勇気がなくて、見れませんでしたし、仕事ということもあり、見れませんでした。ゲタさんの奥さん、そんな感じ。
ダークさんの奥さんたちって、長年、一緒だから、納得いく、方々ですよね、見た目。

度胸…ですか、こんなで良ければ(^_^)v
しかし、クヨクヨ悩んでますが?
結局、好きな気持ちが勝って、伝えないと
気が済まない性格。それが、ゾウさんや谷さんは、誠実かつ謙虚、腰の低い方なので、返事を
くださいました、感謝、感動。
質問も、書いたら、趣味とかの類いの質問にも
お答えしていただいて。
ちゃんと、谷さんの事を、理解したくて、質問を
させてくださいと、書いてですね。
だから、ちゃんと、言葉で、気持ちを伝えたら、
伝わるんだとおもいました。
Commented by ちばこ at 2013-04-24 07:42 x
デュークさんの音楽が、心地よく感じるのは、谷さんの音楽的感覚や性格が、似てるのかなと、だから好きなんだと勝手に思ってます。
本能的に察知したというか。

てんてこ舞いさんが、ご自分の中で『神』と言う表現されてますが、ある意味そうですよ。

示す偏に、申すと書きます。示す偏は、行動
申すは、言ったり、歌ってみたり。だから、谷さんは、『神』のような人。だから、人が、共感して、寄ってくるんだとおもいます。
神の前では、人は、平等と言いますが、人の前では、神は、平等だと言えるとおもいます。神の為の人ではなく、人の為の神ではなくては。神だって、人だったはずですから。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-04-25 19:47
ダークのメンバーの愛称、想像通りでした。ちょっとホッとしました。
ちばこさんのお話、いろいろ考えさせられます。
Commented at 2014-10-03 01:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hakodate-no-sito at 2014-11-06 14:11
コメントありがとうございます、嬉しいです。
勝手なお願いを御大(と言っても差支えないのですよね)自ら引きうけて下さって、ただただ感謝です。
「コーラスの仲間たち」はiPodやiPhoneにも入れて持ち歩いています。大事なアルバムです。