年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

唄い続けて半世紀 舟木一夫コンサート

2013年5月14日、肌寒い夕暮れどき。
湯の川にある、函館市民会館の前に、私は来ていた。
「何年ぶりかな、最後に来たのは小沢昭一を観に行ったときだから、えーと・・・」

函館市民会館は、幼稚園~小学校~中学~高校と、ずっと縁があった。
大ホールへは何十回と客席に座っている。舞台にも立っている。
小ホールも含めて、社会見学の一環として、舞台製作・利用者として、観客として、隅から隅まで見て回っている。旧知の仲といってもいい、懐かしい建物だ。

最後に来たのは、小沢昭一の口演のとき以来になるが、あのときはマチネーというのか昼下がりの公演だった。夕刻~夜に、ここへ来るのはいつ以来なのだろうか。

「もしかしたら、布施明のコンサートのとき以来かもなぁ・・・」
布施のコンサートは、私が高校三年のときに観たはずだから、そうすると、約8年ぶりになるのか。随分とご無沙汰をしていることに気付くと苦笑したくなった、これでは昔の女じゃないか。

入り口前は、込み合っているとまでは行かないが、並ぶ必要はある程度に人はいた。
格安招待券が出ているようでは、随分淋しい客入りになっているのではないかと思ったが、そうでもないらしい。ちゃんと正規ルートで、良い席を買っている人もいれば、私のように割引券持参で当日チケットを求める人もいる。
コアなファンだけではなく、一見さんも気軽に来られるように、ちゃんとバランスが取れているようだ。ホッとする。

ロビーでは、多くのグッズが売られている。
生写真(プロマイド)、シャツ、写真集(数種類存在)、タオル、うちわ、キーホルダー、ストラップ・・・歳は重ねどもアイドル的存在であることに変わりはないらしい。
さすがは、御三家。今でも大劇場で座長公演が出来る人気を持っている人だけある。

「おや、CDは売っていないのか」
あった、あった。ただし、コーナーはシャツやプロマイドを売っているコーナーより小さい。
DVD、CDアルバム、シングルCD、シングルカセットと取り揃えている。

安値で観ることが出来たので、何かお土産がわりに買っておこうと思った。
手に取ったのはシングルCD「明日咲くつぼみに」。
これは昨年発売した舟木一夫のシングル盤だ。
もとは永六輔が、親しくしていた三波春夫のために作った歌になる。
「歳を取って「俵星玄蕃」や何かが歌えなくなった、晩年に歌えるような曲を」という想いで作られたのだが、CD発売こそされども、ステージで歌う機会はほぼないまま、三波は病に倒れ、逝った。
数年前、三波春夫の特集番組でこの歌が取り上げられた際、たまたま舟木がその番組を観ていて、自分も歌いたいと申し出て、シングル化されたのだ。

昨年、NHK歌謡コンサートで、この歌を披露している姿を見て、「ああ良い歌だな、良い感じに歌っているなあ」と印象に残っていた。この歌の存在が、この会場へ足を運ばせるきっかけになったといってもいい。

いよいよ、ホールの中へ入ると、人の熱気なのか、スモークなのか理由かわからないが、薄く霧がかっている。
60~70歳代の女性で賑わっていた。
見渡す限り、昔のお嬢さんばかりだ。
夫婦連れだって来ている人も、そこそこいる。

だが、張り切っている女性陣と対象に、男性陣はあまり元気がない。
運転手がわり、付き人がわり、留守番させるとかえって手間がかかるから連れて来られた・・といった感がアリアリとしている。

男女間の平均寿命の差はここにあるのだろう。

くだらぬことを考えているうちに、開演5分前のブザーが鳴り、アナウンスが聞こえ出す。
携帯電話の電源を切るかマナーモードにして欲しい、という定番の注意のあとに「ペンライトの使用はステージ構成の妨げになりますので、お止めください」ということば。

KAZUO FUNAKIでペンライト!?
え、え、え。

改めて、プロマイド(生写真)や写真集が売られているだけあることを認識。

これから始まるコンサート、果たしてどんな世界が待っているのだろう。

―まもなく、開演いたします。

いよいよ、ショータイムが始まる。

幕が開く。
ステージ中央に設けられた階段を降りながら、舟木一夫は唄い始めた。
題名はよく知らないが、何となく聞き覚えのある歌だ。

唄い終えると、「いやースミマセン、実は昼の公演のときに言い忘れていたことがあるんです。・・・ようこそ、いらっしゃいました。ラストの歌うたいながら、『アレ、俺、さっき挨拶したっけ』なんて初めてそこで気付きまして・・・昼の分も合わせて、ようこそいらっしゃいました」

全然気張っていない。
大人の余裕というのか、「同世代同士、気軽にリラックスして楽しみましょう」という雰囲気で全編進められていった。

曲の合間に挟まるMC(お喋り、トーク)も、ベテランだけあってうまい。
多少誇張を交えながら、しっかり笑いを取っていく。
話す長さも適切。MCが長くなり過ぎることは戒めているようで、その辺も好感が持てる。

一世を風靡した人だけにヒット曲も多い。
私は舟木一夫にさして関心がないし、事前におさらいもしていないので、パッと題名が出てこない曲がままあるのだが、それでもどこかで聞き覚えがある。

まったく知らない曲、よく知っている曲、何となく知っている曲。
コンサートで聴く歌を、3種類に分けてみる。

よく知っている曲は、やはり盛り上がる。
何となく知っている曲だと、好きな人はワーっと来るが、そうでもない人はふーんと来る。
まったく知らない歌を聴くのは、なかなか大変だ。
聴いたところで、受け入れられるかというと、これもまた大変だ。

舟木一夫のコンサートの場合、この3種類の歌の割合が絶妙だった。

ベースは全盛期のヒット曲。大ヒット中ヒット織り交ぜる。
その中に、サラッと近年の曲が盛り込まれている。繋ぎ方がうまいのだ。
客側のペース配分ということもよく考えている。
だから、どの歌も流れでスンナリと聴けるし、またチャンと聴かせるだけの力がしっかりとあるのだ。
「昔の名前で出ています」だけではない、今の魅力を持ち合わせている。
近年のレパートリーとして唄っている「浮世まかせ」「船頭小唄」の味は、若い頃には出せないものだ。

私だけがそう思っていたのでないらしく、コンサート終了後、「今の歌、入ってないの!?」と言いながら、CD販売コーナーに群がる、一見のオバサンがいっぱい居た。

全盛期のような張りのある歌声が失われていることが気にかかり、長く興味が持てずにいた舟木一夫なのだが、いざステージを鑑賞してみると、その考えを改める必要があることに気付いた。

前述した通り、舟木のコンサートの雰囲気は、緊張感を有するものではなく、「同世代の皆さん、リラックスして楽しみましょう」という類のものだ。
だから往年の歌いっぷりよりも、現状の肩の力の抜けたロートーン的な歌い方の方が確かに楽に聴ける。

勿論、声質の衰えという問題もあって、それを踏まえたうえで、どうすれば良いステージになるかを考えた末に生まれたのが、今のコンサートの雰囲気であり、唄い方なのだろう。

雰囲気というのは、ものによっては、なかなか映像からは伝わりにくい面もある。
だから場の空気を知らず、映像だけで見ても脳内補完できなかったりする。

舟木は座長公演やコンサートで満員御礼が今でも出せる人なのに、テレビで見ても一向に魅力がわからなかった。その理由が、わかったような気がした。

満員御礼というと、函館の地でも舟木一夫人気は健在であった。
舞台の左右に3つづつ、横長のテーブルが置かれてあり、何なのだろうと思っていたら、ファンが持ってくる花束置き場なのだ。

2曲目、3曲目、4曲目と唄う間に、ゾロゾロとファンのおばさまが花束や紙袋を持ってステージへ駆け寄ってくる。それをひとつひとつ受け取り、握手をして帰す舟木。
あの姿勢、腰に負担がかかるだろうと思うのだが、テーブルまで用意しているところをみると、ファンサービスの一環として、また舞台の彩り・アクセントとして位置づけて、大事にしているのだろう。

50年の歌手生活。
紅白落選に、数度の自殺未遂騒動なども重なり、低迷期も長くあった。
プレ30周年コンサートの成功で第一線に返り咲き、今日に至るが、その低迷期のことがあるからこそ、一層ファンを大事にしているように感じた。

「まずは55周年を目標にそこまではやろうと思っております。皆さん、そのときもコンサートに来られるだけの体力を維持し続けて下さい」という言葉は笑いにくるんであったが本心だろう。

もっとも「銭形平次」を唄ったときに、会場の2/3近く(=良い席で見ている方々)が立ち上がり、手拍子を行い、間奏の間にラケットでサインボールを飛ばすアクションのときには、我も我もと群がるファンの姿は、5年はおろか20年ぐらい余裕で元気そうなパワーに満ち溢れていた。

まだまだ、舟木一夫人気は安泰だろう。
余韻に浸りながら、コンサート中で最も盛り上がった「学園広場」を口ずさみながら、帰路に着く。

楽しい夜だった。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-06-05 06:43 | 歌・唄・うた | Comments(2)
Commented by ちばこ at 2013-06-05 20:27 x
『明日咲くつぼみに』……。
先日、BSのNHKで、三波春夫さんと、村田英雄さんの歌謡黄金時代でも、取り上げられてましたね。ガンとは、周囲には、知らせず、永さんも知らず、そんなに元気で歌わないでとおっしゃったそうです。
三波さんは、やはり明るくなってしまうので、三波さんの奥さんが、辞めさせてくださいと永さんにおっしゃって。
また、三波さんには、永さんの言ってることがわからないの?あなたは、三波春夫じゃない。って、スタジオのブースのなかで、おっしゃってたと、永さんが、コメントしてました。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-06-07 17:01
三波春夫の影に妻あり、ですね。