年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

サム・テイラーと井沢八郎

以前、ある方の好意で50枚ほどレコードを頂戴した。
しばらく中断していたが、数日前からふたたび、その頂戴したレコードのPC取り込みをしている。
不調のレコードプレーヤーを使っているので、取り込みは1曲ごと。長い曲だと、途中で止めるなどしながら数度に分けて録音したものを切ったり張ったりと編集することになる。
難しいことはしていないものの、それなりに手間がかかるし、1曲ごとの作業ゆえ、ある程度しっかり聴かざるを得ないので、体力いや気力がないと出来ないのだ。

昨晩も、取り込み作業をしていた。
最初は前日の続きで、サム・テイラー(Sam "The Man" Taylor)のLPアルバム「ブルースをうたう」。
そして「男船 井沢八郎ヒット歌謡集」。

サム・テイラーのアルバム、「ブルースをうたう」といっても黒人音楽なBluesではなく、歌謡曲のブルースの方である。

「別れのブルース」「熱海ブルース」「夜霧のブルース」と戦前戦後の作品から、歌謡ブルース全盛時代の「銀座ブルース」「恍惚のブルース」「東京ブルース」「港町ブルース」「盛り場ブルース」「女のブルース」「新宿ブルース」・・・と和製ブルースが14曲収められている。

基本的に名曲ヒット曲ばかりだが「あなたのブルース」「函館ブルース」という、今では渋い(コアな)立ち位置に置かれていそうな曲や、今や余程の歌謡曲好きじゃなければ知らないであろう「夜のブルース」や「モーニング・ブルース」なんて曲も取り上げられている。

時代の流れで忘れられた曲を楽しむのも、今日なおも知られる曲を楽しむのも、どっちも楽しい。

誰が唄っても演奏しても大好き「東京ブルース」はやっぱり良いし、「モーニング・ブルース」は隠れた名曲というべき洒落た歌だ・・・など。

もっとも、どちらの場合も好きな歌、あるいは嫌いではない歌、ということが肝要だが。

サム・テイラーというと、私の中ではサックス奏者なジャズメンというより、日本御用達の外人アーティストの印象が強い。「ハーレム・ノクターン」の演奏が代表作なのだろが、やはり私の中では中古市場に溢れ返っている歌謡曲のインストアルバムが代表作である。
もしかしたら、本国よりも日本での人気の方があったのではないだろうか。
その辺も含めて、サム・テイラー、ポール・モーリア、ニニ・ロッソは、私は御三家だと思っている。

このLPではないが、頂戴した別のサムのLPには浴衣姿でサックスを吹くポーズで写っているポートレートが同封されていた。
どちらかというと親日家というより、ノリのイイ黒人のオッサンという趣だ。

サム・テイラーの咽び泣く、渋い音色を散々堪能した後は、井沢八郎のLPアルバム「男船 井沢八郎ヒット歌謡アルバム」を取り込む。モノラル盤。10インチではない。
年代は書いていないが「北海の満月」が収録されておらず、「あゝ上野駅」が収録されているところを見ると、昭和39年の発売だと思われる。

井沢八郎。懐かしい名前だ。
もう亡くなって何年になるのだろう。存命だった頃はテレビ東京やNHKの歌番組で度々見かけた。「年忘れにっぽんの歌」の会場である新宿コマで、往年と遜色ないパンチの利いた美声で高らかに歌い上げる「あゝ上野駅」は、欠くことの出来ない番組の味のひとつになっていた。

井沢八郎のデビュー曲「男船」の発売は昭和38年。だから、このレコードはデビューして間も無い新人歌手の歌になるのだが、とてもそうとは思えないうまさである。
まず何と言っても美声。高音の響きは抜群。声量もあるから声がよく伸びる。
同じ東芝レコードの先輩歌手である松山恵子や藤島桓夫や、ほぼ同時期に出た北島三郎と同じラインに位置するパンチの効かせた唄い方もほぼ出来上がっている。
ただ、デビュー曲の「男船」などを聴くと、パンチを利かせようするあまりか、歌詞が不明瞭になる(というのか訛るのか)ところが、この頃の歌には見受けられる。そこが唯一新人らしい弱さだろか。もっとも、これは今日ではもう弱点には入らないだろう。この頃の井沢が今、新人演歌歌手として出て来ても、やはりひとかどの歌手になるように思う。

―久しぶりに、あの歌、聴くか。
上機嫌で針を落とし、再生する。半世紀前のLPだが音は意外に綺麗だ。
やがて、聞き覚えのある、あの前奏が聞こえて来る。

♪どこかに故郷の香りをのせて 入る列車のなつかしさ 上野は おいらの心の駅だ

流行り歌は、長く唄われ聴かれていた歌でも、歌い手が表舞台から去るか亡くなると、途端に耳にしなくなる。この「あゝ上野駅」もそうだ。
『たまには「北海の満月」も唄って欲しい(唄わせてやって)』と言っていたぐらいに、散々懐メロ番組で聴いていたのに、こうして聴くのは数年ぶりなのだ。

久しぶりに聴く「あゝ上野駅」は、沁みる。
集団就職で上京して働く若者の健気な心情を描いた歌詞もそうだが、高揚感に程良いペーソスが隠し味に入った曲、そして井沢八郎の歌声。
この歌は三位一体の魅力、いずれが欠けてもいけない歌なのだ。

人生の応援歌を唄い、昭和40年代に一世を風靡する水前寺清子登場の土壌は、井沢八郎のこの歌によって既に培われていたのである。
その点からも、この歌は、井沢八郎は、歌謡史上に大きな足跡を遺しているのである。

そんなことを思っているうちに一番が終わり、間奏に差し掛かる。
マンドリン(とギター)の音色が響き、『さあ、あの泣かせの利いた台詞だぞ』

・・・無いのだ、あの台詞が。
そう、あの「あゝ上野駅」の台詞は、初回盤レコードには無く、後から付け加えられたものだったのだ。台詞入りの流行歌~歌謡曲には、こういうタイプのものがいくつかある。
島倉千代子の「東京だよおっ母さん」や、美空ひばりの「悲しい酒」などがそうだ。

「悲しい酒」は美空側から発注を受けて、石本美由起が書き下ろしたものだそうだが、「東京だよおっ母さん」は当時コロムビアレコードの専属司会者でもあった漫才師コロムビア・トップの手による。
「あゝ上野駅」はどうなのだろうと、ネットで検索してみると、あの台詞は井沢八郎自身によって実演で加えたものだという。
歌では"おいら"なのに、台詞は"ぼく"になっている不整合からして、ある程度信憑性の高い話に思える。

※ちなみに川内康範の「おふくろさん」騒動は、あの台詞(前歌=ヴァース)が気に入らなくて「歌わせない」と言った訳ではなく(気に入らなかったのは事実であるが)、森の対応の拙さで事態がこじれた結果の出来事である。川内が寄せた情は、根本的なところで森には通じていなかったという、哀しい話である。

歌詞だけで歌の世界をしっかり作っているのに、後から台詞を加えられるのは作詞家の方にはさぞ面白くないことだろう。
だが、聞き手である私からすれば台詞のない「東京だよおっ母さん」や「あゝ上野駅」はワサビの効かない寿司のようなものに思える。知ってしまえばもう、欠くことなど考えられない。

いつだったか、テレビ東京の昔のVTRを流す懐メロ番組で「あゝ上野駅」を取り上げたとき、間奏および台詞の部分を編集でカットして放送していたが、まったく無残な歌の残骸に思えてならなかった。

テレビ番組の乱雑極りない編集のものはさておいて、台詞のない「あゝ上野駅」など、めったに聴けるものではない。ここでは歌の世界に浸るのではなく、興味深く聴取することに楽しみ方を変えることにした。

普段は台詞に隠れてしまう一番と二番の間奏のメロディが、よく聴こえる。
マンドリンとギターが奏でるメロディにしみじみとしてしまった。
台詞の有無関係なしに「あゝ上野駅」の肝はここなのだろう。

動・動か、動・静・動。
ここでひと息入れるかどうかで歌の印象がだいぶ変わってくる。
啄木の詩も盛り込んだ、なかなか出来た青春歌謡から、時代を代表する歌への昇華への鍵は、この間奏にあるよう、私には思えてならない。そして編曲の重要性を実感させられる。

今回聴いた井沢八郎のアルバムには、「あゝ上野駅」のような曲は他に収録されていない。
あとはすべて演歌調である。
井沢の、他のヒット曲「男船」「男傘」「命船」「北海の満月」などは、男の心意気を唄ったもの、漁師の男を唄ったもので、村田英雄~北島三郎~鳥羽一郎のラインが本来の立ち位置なのだろう。

歌い手にとって異色なはずの歌で一世を風靡し、名を永遠に遺すというのは、何とも興味深いし、考えさせる。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-07-29 08:13 | 歌・唄・うた | Comments(5)
Commented by ちばこ at 2013-08-02 22:16 x
記事とは、関係ないですが、谷さんの著作
手に入れたので、ご報告します。
谷さんに、おハガキで尋ねまして。お探し
してもらいました。
楽しませてもらった一冊です。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-08-03 01:17
良かったですね!手許に置いておきたい1冊ですよね、「人生はハーモニー」。
Commented by ちばこ at 2013-08-03 20:28 x
時間がかかるかなと、思ってまして。
1週間で、来たので驚きました、
確かに、手元に置きたいですね♪
一気に読了。三回読みました。立て続けに。
Commented by hakodate-no-sito at 2013-08-03 21:53
1週間!
心当たりがある場所がいくつかも持っているということでもあるんでしょうが、それにしてもこの行動力。ビックリです。
Commented by ちばこ at 2013-08-04 20:59 x
人脈は、凄い方。さらに行動力も凄い方は、
谷さんならですよね。
お世辞抜きで、ファンになって良かったです(^。^)y-~