年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

さよならの代わりに

初めて買ったシングルレコードがお千代さんでした。
初めて遠くですれ違った芸能人がお千代さんでした。
初めて複数枚CDを買った女性歌手がお千代さんでした。

「からたち日記」が大好きでした。
「愛のさざなみ」が大好きでした。
「すみだ川」が大好きでした。
「鳳仙花」が大好きでした。
「今日も初恋」が大好きでした。
「りんどう峠」が大好きでした。
「美しきは女の旅路」が大好きでした。

涙の力を教えてくれたのがお千代さんでした。
純情の素晴らしさを教えてくれたのがお千代さんでした。
哀しみの美しさを教えてくれたのがお千代さんでした。
大歌手はひとつのジャンルであることを教えてくれたのがお千代さんでした。
実印は他人に預けちゃ駄目だと教えてくれたのがお千代さんでした。
人を喰いものにするヤツが世の中には沢山いると教えてくれたのがお千代さんでした。

聴き手が、歌い手の歌声の衰えとどう向き合っていくか。
一番最初に考えさせられたのがお千代さんでした。
お労しいという感情を教えてくれたのがお千代さんでした。
下り坂とは何かを教えてくれたのがお千代さんでした。

無知と無垢と背伸びとで、見て聴いて読んで。
憤り、嘆き、悟り、好み、愛し、遠ざかり、また近づく・・・

それでも好き、ということを判らせてくれたのがお千代さんでした。
とぼける知恵を教えてくれたのがお千代さんでした。
枯れた味わいを教えてくれたのがお千代さんでした。
視点を変えて見つめることを教えてくれたのがお千代さんでした。

美空ひばりに匹敵する、数少ない女性歌手が島倉千代子でした。
女優としても不思議な味のある人でした。
歌の台詞回しは新派の名優に通じる名人芸でした。
昭和の歌謡界の頂に存在する人でした。
紅白歌合戦の要にある人でした。
国民歌手の名がふさわしい人でした。

弟が作った借金に苦しみ、別れる夫が作った借金を背負い、恋人の借金を返すはめになり、やくざに騙され、チンピラに騙され、マネージャーに騙され、「私の家族」と認めた人に騙され、借金まみれの半生。
両親との不仲、姉の入水自殺。幼少期の左腕の大怪我。度重なる喉の不調。乳癌という大試練。3年間隠し続けた肝臓癌との闘い。

傍から見て、本当にむごい半生でした。
それでも、最期まで唄うことを止めなかった、お千代さん。
亡くなる3日前に、渾身の力を以てレコーディングを行い、絶唱を遺したお千代さん。
すべてを歌に託したお千代さん。
だからこそ、貴女が遺した1500曲を越える歌は一層輝いて聴こえるのでしょう。

「生きた・愛した・唄った」六十年の歌手生活を終えて、いまは「感謝の旅路」に発っているのでしょうか。
敬愛する美空ひばりさんや東海林太郎さんのもとへ、はせ参じているのでしょうか。
関係がもつれたまま別れた両親や、歌い手へのきっかけを与えたお姉さんと再会して関係を修復しているのでしょうか。あの世で歌っているのでしょうか。

お千代さん。
島倉千代子さん。

お別れという言葉が、今はピンと来ません。
お千代さんの、綺羅星のような歌の数々が、レコードやCD、音楽ファイルというかたちでいつでも聴けるようになっています。インターネット上にもお千代さんの歌や動画がたくさんあります。
これからも、聴き続ける人はいるでしょう。
また、お千代さんの死をきっかけに聴いてみようとする人もいるでしょう。

私も、大好きな大好きな「からたち日記」を聴いて涙を流し、「愛のさざなみ」を聴いて溜息をつき、「恋しているんだもん」を聴いて浮かれ、「くちべに挽歌」に夏の終わりを感じ、夜の空を眺めるとき「星空に両手を」を時々思い出し、「襟裳岬」に旅情をそそられ、「十国峠の白い花」にユートピアを想像し、「人生いろいろ」に滲む味を噛み締めていくでしょう。

「去るものは日々に疎し」ですからそれも徐々に減って、遠ざかっていくのかもしれません。
それでも、島倉千代子の歌は何らかのかたちで残っていくものと信じています。

お千代さん、長い間ありがとうございました。
決して良い聴衆ではありませんでしたが、大好きでした。

今しばらくは、今日だけは、今だけは言わせて下さい。
貴女は日本一の歌手のひとりでした、と。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-11-11 15:20 | 歌・唄・うた | Comments(3)
Commented by マニャ~ナ at 2014-01-03 19:01 x
お千代さんの知らないことばかりでした

”じんせぃ いろいろ、、、”  の歌のころ、だったと想う
を、あとにして、だったので、その後
日本を往復しても飛び飛びの聞き覚えしかなかったので

美空ひばりさんの一生も、そうでしたか島倉千代子さんの人生も、、

ご冥福を祈ります
Commented by hakodate-no-sito at 2014-01-13 16:12
マニャ~ナさま
お読み下さいましてありがとうございます。
お千代さん、残念でした。
叶うならば一度品川の墓所に手を合わせに行きたいです。
Commented by at 2014-06-08 21:06 x
人生いろいろより後に生まれた世代ですが、大ファンになってずっと応援していました。
もう生のステージが見られない。ファンレターも書くことが出来ないのだと思うと溜め息ばかり出ます。
私のような若輩者にも気さくに話し掛けてくれて本当に優しい方でした。