年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

謎の女Bと仲代圭吾

昨日の乾宣夫の日記でも触れた、CDアルバム「シャンソン・ド・銀巴里」。
個性派揃いの歌い手たちによる収録作品中のなかでも、ひときわ異彩を放っているのが仲代圭吾の「謎の女B」だ。作詞・作曲は共に平岡精二。

昭和42年に曾我町子の歌で初めて世に出て、44年には作者の平岡精二自ら歌いレコードにしている。
今、グーグル検索してわかったのだが日活映画「華やかな女豹」の挿入歌でもあるらしい。

・・・そういえば、この映画以前録画したDVD-Rがあったはずだ。捜索してみよう。

近年、好事家の間で"再発見"されて、一部で人気曲となったが、一般知名度はそうそうないはず。
そんな歌を、シャンソン歌手がカバーしていると知ったときの驚きったらなかった。

仲代圭吾という人は、知っている。
兄は大御所俳優・仲代達矢だ。
数年前、どういうわけか兄弟そろって「徹子の部屋」へ出たのだ。
番組で、兄が台詞、弟が歌、弟の妻はピアノ伴奏という形で「ミスター・ポージャングルズ」を披露する大サービス付きでだ。
これがまたテレビジョンの枠を軽く越えた感動的なシーンで、心をわしづかみにされてしまった。

番組中、黒柳も大興奮し、絶賛の声を挙げた。
それも手伝い、番組発の音楽イベント「徹子の部屋コンサート」へも出演し、3人で同曲を披露した。
このシーンもまた「徹子の部屋」で放送された。
繰り返し言うが、素晴らしかった。

そんな人であるから、期待と若干の恐怖を持って、「熟女B」を聴いた。
ブッコワレテイタ。
随所に高笑いが挿入され、ぶっきらぼうに唄う曾我版とはまた違う、前衛喜劇を彷彿するような歌に仕上げっている。

感動的な歌をうたうだけの人ではない!
シャンソン・ファンタジストでもあった。

コミカルな歌をこなすのは、本当はバラードを歌うより余程難しい。
でも、それに気付いていない人は案外多い。

近年、すっかり伝説の歌手としての地位を不動にした、ちあきなおみにしても「ねえあんた」を唄いたがる人は多いが、「イロケの歌」を唄おうとする人の話は聞かない。

せっせと歌のレッスンに通っている人たちほど、そういうものらしい。

気にして探しているうち、何枚か仲代のLPアルバムを見つけることが出来た。
涙と笑いを絶妙に操る歌い手で、どの歌も素晴らしい。

可笑しいことが好き、人を笑わせることが好き、だという。
仲代の持ち歌で、欠くことのできないであろう「俺はコメディアン」は、いつ聴いても目頭が熱くなる。

ユーモアとペーソス。
仲代圭吾という歌手そのもの、のような持ち歌のような気がする。

歌い手には1曲や2曲、自己肯定的なマイウェイ・ソングがあるもの。
この歌をマイウェイ・ソングとしている(と思われる)仲代圭吾という歌手
独自の立ち位置が、たまらなく好もしい。



追記) 
仲代圭吾の台詞廻しを聞いていると、私の脳裏にある役者の姿が思い浮かぶ。 

新派の花柳武始という人だ。 
花柳、という名でピンと来る方もあるだろう。父親は伝説の名優・花柳章太郎その人である。 
何とも不思議な持ち味を持つ人で、口跡が若々しい万年青年だった。
可笑しくて哀しい役、明るいけれどどこか影を持って育っているような役が光っていた。 
残念ながら、私は間に合わなかったが、遺された映像で、すっかり気に入ってしまった。 
父・花柳章太郎のような大俳優ではないし、名優というかというとそれもちょっと違う。 
ベテランならではの安定感ではなく、どこか危なげな感じがある。 
そこが一般にはマイナス面で、主演級になれなかった理由なのだろうが、こういう人がいるから舞台がまた映えるのだ。
彩りを添える、味のひと。

この人がもういないことが、私には淋しい。 

仲代の歌が好きなのは、歌のなかに、吹けば飛ぶよな人たちの息吹を感じることが出来るからでもある。

[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-03-23 15:01 | 歌・唄・うた | Comments(0)