年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40
函館のシト さま ..
by てんてこ舞い at 13:47

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

「春との旅」

2月13日は江利チエミの命日だからと、久々にブログでもと思っていたが、江利ではなく雪村いづみ出演の「題名のない音楽会」感想に。何年も前に書きたいと思っていたが挫折。ふと思い立ってやってみたら、かたちが出来た。良質の番組。こういう番組、今は全然見当たらない。見つけられないだけ、と思いたい。

前にブログを書いたときは高英男の「題名のない音楽会」。これも完成度の高い回だった。
NHKの「ビッグショー」の出演回も良かったが、こちらも勝るとも劣らぬ出来だった。

「題名のない音楽会」、もしも黛敏郎時代の題名が再放送されたら、録画欠かさずしながら見そうだ。
石井好子、植木等、三波春夫といった、私の敬愛する人たちも出ていたらしい。
アニメを見終えて朝食、の際のBGMがわりにして、見ていたのにまともに見た記憶がゼロという自分の過去が恨めしい。
視聴チャンス、また巡って来ればいいのだが・・・。

2月15日は山岡久乃、16日は淡島千景、17日は藤田まことの祥月命日。
好きだった人、今も好きな人を、思い出す1週間。
逝ってしまう人は増えてゆくばかりなのに、好きになる人はなかなか増えない。
好きになった人は既に故人だったコースばかり。

たまに、ちょっとイイなと思う今の人がいても、横槍に気が萎えてしまったり、好きでも昭和を彩った大好きな人との差を嫌でも痛感して、口に出すのがはばかられることもある。

好きなひとを見つけるのも大変だが、好き嫌いの公言もまた難しい。

16日の夜は、淡島千景を想いたくて、最後の映画出演となった「春との旅」を借りて見た。
公開当時から気になっていたが、やっと行動に移す。
寒空を歩いてレンタル店2軒回って見つける。

2010年公開の映画。主演は仲代達矢と徳永えり。
徳永えりはここ数年よく視覚に入って来る若手女優。私と同い年の生まれ。
最近だと「梅ちゃん先生」に出ていた。
出演者が少なく、それも仲代、淡島、菅井きん、大滝秀治、田中裕子、柄本明、香川照之という演技派・名優カテゴリに入るベテラン・中堅揃いのなかで、大奮戦。
叫ぶシーンでは、時折声が割れるところがあるのが難だったが、そこを除けばよかった。
今20代だと満島ひかりや貫地谷しほりが良いが、徳永もそこに入っていくのか。もっと化けていくのだろうか。
長い目で観察していこう。

仲代達矢は元漁師の役どころだったが、そうは見えなかった。どちらかといえば元・教員っぽく思えた。
この映画は仲代のおかげで実現したのだし、仲代も悪くはなかった。不器用さと甘えを兼ね備えている面はさすがだ。
だが、漁師に見えないところもそうなのだが、ところどころ新劇臭が出ている。
緒形拳だったら、どうだったろうか。

ロードムービー形式なので、仲代・徳永以外の出演者のシーンは短め。
田中裕子はどうも好きになれず、今日まで来たが、そろそろ認識を改めないと、訃報のとき己の見る目の無さに落ち込みそう。中村勘三郎の二の舞になる前に。

菅井きんの覚束ない歩き方が、気になる。
老人ホームに入居が決まっている役だから、演技の一環と考えられなくもないが、ここ数年露出が無くなっているのは、脚を悪くしていることもが理由(のひとつ)なのだろうかと憶測。

肝心の淡島千景だが、見事な演技。そして気品。
既に80歳半ばになっているが、あぶなっかしさは無い。
淡島の姿は驚異だ。
比較するのは空しいが、若さを売りに突っ張り続けた森光子は同じ年齢の頃、さすがに衰え出していた。

淡島千景にとって、本作品が映画女優としての最後の作品となったのは、良いことだったと思う。
最後の出演作品となるとテレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」ということになるが、あれは淡島千景を生かしていたとは言い難い。
没後散々騒がれてしまった借金騒動や死因となった膵臓癌を患った中で、橋田壽賀子の長台詞をこなし、やりきったという点では矜持を見るのだが。


e0134486_16354738.jpg

これだけいろいろ思いながらも、淡島千景が逝ってしまったことに納得していない自分もいる。
そして、「もっと仕事選べばいいのになあ」と思うような作品に顔を見せている淡島千景を思い浮かべてしまう。



(2014年2月15日追記)
別のSNSで書いたものを、こちらへも移動させた。
気が付くと、淡島とおねえちゃまと呼び、亡くなった際には記者会見まで開き、折に触れて淡島千景の話をしていた淡路恵子までが、あの世の人になってしまった。


e0134486_16332663.jpg



二人が競演した舞台「毒薬と令嬢」、競演のときのことを心底嬉しそうに、楽しそうに話す淡路恵子の姿を、いま思い出している。

[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-02-18 16:20 | つぶやき | Comments(0)
<< 池内淳子というひと 題名のない音楽会 雪村いづみ ... >>