年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

何となくアニメをみてみた

行き詰っている。
いろんなことに行き詰っている。
もがけばもがくほど、負のスパイラル。

現状打破のため、今までの自分ならば絶対にしないことをしてみようと思い立った。
立派なことは、勿論出来ない。
本当に小さなことで、ポンと元気になれる自分だ。
何かないだろうかと考えているうちに、どれひとつ、今時の深夜アニメを見てやろうと決めた。

これで、昔はアニメっ子だった。
幼稚園児から中学2年あたりまで。
子供向けアニメを普通に見ていたクチ。
年子の妹がいる関係で、少女向けアニメも自然に見ていた。

中学に入った頃から、だんだん面白いと思わなくなったことや、セル画からデジタルへの画面の変り方に違和感を覚えたこと、アニメは子供が見るもの卒業するものと思っていたこと、高校受験で塾通いを始めたこと、などの理由で、アニメは卒業した。ついでにプレイステーションなどのゲームからも。

前述の通り、アニメは子供が見るもの・卒業するもの、と思っていたのだが、よく回りを見てみると、誰もそんな奴がいなかった。私のような偏見な考えを持つひとはいないのだ。

とはいえ、卒業してしまったものをまた引き返すのも、どうかと思ったし、また重い腰を上げるだけのものにも出逢わなかった。

レンタルショップによく行くようになり、ふといくつか好奇心を抱くものが目に入った。
でも、飛び出す勇気はない。もうひとりの自分がウンとは言わない。

それからしばらくして、同級生と会食の機会があった。
気の置けない人で、信用を置いている人なので、思い切って話を振ってみた。

「うん、知ってるよ。普通に面白かった。ゆるいから、気楽に見られるよ」
ついでに、前述の私の考えを話したところ、一笑に付された。
アニメだからって、そんなこと思う必要ないでしょ、と。

それもそうか、何となく解き放たれた気がした。
それですぐ動ければ私はもっと今、生き生きしているのだろうが、そうは行かず、まだグズグズしていた。
それから3ヵ月経ってやっと行動出来た。

ここで振り出しの話にやっと戻って行く。
「けいおん!」のDVDを1枚、試しに借りて見てみたのだ。

私は見巧者でも何でもないし、アニメはよく判らない。
だから、なるたけバイアスをかけず、素直になった。

画が綺麗。
私がアニメにかじりついていた90年代のものとは全然違う。
あの頃夢中になっていたものを、たまに再放送で見かけると、画の段階でかなりキツイ。古びて見られたものじゃない。賞味期限切れということばがよぎる。

作品自体は、聴いていた通り、いい意味でユルイ。肩の力を抜く、といより脱力といった方が良さそう。
そんな、ふわっとした学生生活を、マンガ(アニメ)的な誇張を交えながらも、淡々と描いている。
このあたり。往年のホームドラマ的な要素があるのかもしれない。
アニメに限らず、戦闘ものが不得手で、ホームドラマ大好きな私にはそういう点でもとっつきやすい。

そして案外と笑いの要素があった。
遊び的な小ネタ、「おいおい」と見ていてツッコミたくなるようなもの、設定や台詞内容自体に(意図せずして)苦笑させられるものまで、様々。笑いの質については言及を避けたい。
そういう点で、下手なゴールデンのバラエティ番組より余程面白いと感じる。
笑いの種類にアニメ・ノリというものは確実に存在しそうだ。独特の進化を得ている。

主演の声優4人については、最初の1枚(1話・2話)を見る限りは、あまり関心しない。
一人はまあまあ及第、あとは粗が見える。
演技するより歌の方が余程うまいのではないんだろうか。
もっともアニメーション独特の演技法というものもあるようなので、一概には言えないし、ドラマことホームドラマというものは大体が最初は息があっておらず低調であることが多い。これからなのかもしれない。

それにしても、アニメにおけるキャラクターソングというのは大きいものらしい。
これもまた、JPOPとも演歌も違う、アニソンという、ひとつのガラパゴス的世界を形成していそうだ。
オリコン等のチャートを見てゲンナリしていたが、これは見方が変った。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-07-25 19:33 | つぶやき | Comments(0)