年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

朝ドラ見聞録(3)「おんなは度胸」と橋田ドラマ

3本目は「おんなは度胸」。
橋田壽賀子脚本、主演泉ピン子。平成4年放送の作品。
「渡る世間は鬼ばかり」臭が立ち込めていることは言うまでもない。

橋田壽賀子ドラマというのは、型というのか一種のマンネリズムを持って、それをカタルシスにさせるところがある。基本的には同じことしか言っていない。橋田様式美。ただ、美というには下世話だなのだが。

劇中の、藤岡琢也、藤山直美に園佳也子の掛け合いと、「渡鬼」での赤木春恵、沢田雅美(東てる美でも可)、角野卓造のやり取りは、方言(「おんなは度胸」は関西弁)と商売(「おんなは~」は旅館業)を替えるだけで基本的に同じだ。

じゃあ、誰がやっても同じではないかというとそれは違う。
マンネリズムを快感に持って行くには、演じ手にある程度の腕が必要。
腕のない人がやると、橋田様式が操り切れず、演じ手の未熟さと様式の不自然さが浮かび上がり、失笑を買うばかりになってしまう。

その点、藤岡琢也、藤山直美、園佳也子の三者は良い。

もっとも橋田ドラマの男性はあまり重みがない。
おろおろ振り回される中高年か、やたらに物分かりの良い若者か、一見強気だがいざとなると弱いか。
藤岡の役どころは最初のそれ。「岡倉のお父さん」とさして変わらない。その点で安心して見られる。

ドラマの悪役にあたる、藤山、園。
これでもかと、勝手放題に言い放つ。
ここでこう出て来るだろうという御約束通りに動き、予想の動きをさらに膨らませてゆく。
役の好評ぶりが、脚本にも還元されていたのではないだろうか。

「おとうちゃーん、本館と新館、どっちが大事なの。本館あってこその新館やないの」
「旦さん、とうさんの仰る通りだっせ」

悪役が魅力的じゃないとドラマは面白くならない。
藤山、園。
園は脇の人と思う人も多いが、二人とも舞台で主役を演じた人である。手腕という点では申し分ない。
ドラマの肝は、この二人にあったことは間違いなさそうである。
二人が主役といっても良いし、いま放送されたら、ツイッターあたりで大盛り上がりになるに違いないし、スピンオフ・ドラマが出来ていたかもしれない。

今日、藤山直美は押しも押されぬ商業演劇の雄であり、大物と目される女優のひとりだが、一方で園佳也子は忘れられつつある。後年は母親の介護に追われ、仕事を抑えざるを得なくなったり、晩年の数年は膝を痛めるなどして仕事から離れていたこともあるのだろう。
ただ、私にとっては「ありがとう」の熊取乙美役を見て以来、忘れられない女優だ。
今回「おんなは度胸」を見て、さらにその名が胸に刻み込まれている。

------------

なお泉ピン子だが、科白を噛んだり滑舌に怪しいところが度々見られる。
この現象は近年起きたものではなく、昔からだったらしい。

橋田壽賀子ドラマの本質は喜劇と看破したのは鴨下信一だったと思う。
喜劇とは切っても切れないサラブレッド藤山直美。
花登筺とも縁があり浪花千栄子を崇めていたという園佳也子。
この両名が悪役としてキャスティングされた時点で成功は約束されたものだったのだろう。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-04-29 14:48 | テレビ | Comments(0)