年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

徹子の部屋 京塚昌子さんをしのんで(1994年放送) 後編

------------------------------------
(1984年10月1日放送「徹子の部屋」から)

徹子:でも・・・そして、カムバックしてらしたときにね、「京塚さん、お痩せになったんじゃないかしら」ってちょっと皆思ったんだけど、既に、お倒れになるまえに、もう15キロぐらい痩せてらしたんですって。

京塚:そうですね・・・あの、15キロって・・・うーん、まぁ、もうそれだけ減ってたのね。だから、わりかた、細身・・・細身じゃないけど(笑)、それでも、まだ、もう5キロは減らさなきゃいけません。

徹子:一番お太りになってらしたときは一体何キロくらい・・・こんな失礼なこと伺って悪いけど(笑)

京塚:悪いです、フフ(笑)

徹子:ヒヒヒ、悪いかしら(笑)

京塚:だって(笑)
・・・だって大きな声じゃ言えないですけど、大きな声で言っちゃうわね(笑)
だって、一番太ってたのは「肝っ玉かあさん」の頃。一番太ってたときはね・・・(小声で)96キロよ。

徹子:96キロ!

京塚:声が大きい(笑)

徹子:お相撲、お相撲・・・

京塚:声が大きいじゃないの(笑)

徹子:96キロ(笑)

声が大きくちゃ聞けないって(笑)

徹子:そんなに大きかったの!

京塚:そんなに大きかったの。

徹子:じゃあ、やっぱり良くなかったでしょう。

京塚:そうですね。でも・・・

徹子:でもお倒れになる頃には何キロだったんですか。

京塚:その頃はちょうど70キロぐらいですよ。

徹子:そうですか。で、それからさらに減量・・・

京塚:ええ、5キロって。

徹子:5キロって。今は、じゃあ、65(キロ)。

京塚:うん。

徹子:で、それから・・・

京塚:さらに5キロ減らさなきゃダメって。

徹子:あっ、そう。
でも逆に京塚さんが痩せちゃっちゃつまらない、って。つまんないってさ、他の人が勝手なことを・・・

京塚:そうなの、みんな売れない売れないって言うんですよ。いや、でも、そう。これ以上痩せちゃ売れないわよってさ。フッフッフ(笑)
もうね、そう言うんだけどね・・・まぁ、楽なんですね、身体が。

徹子:でも、それにしても、お倒れになったときにね、週刊誌や何かが、もうね・・・ちょっと復帰は無理みたいなこと(書いたり)なんかしちゃったじゃありませんか。何か・・・

京塚:でも、やっぱり皆さんそうお思いになったんじゃないかしら。
もう、本当にね、倒れたときはそう思いましたね。


---------------------


徹子:どうも、本当にね、京塚さん、ありがとうございました。
そしてね、本当に、お元気でね、お出になって頂けて。

山岡:ね~ぇ。

徹子:で、この後新派にお出になったのかな、(新橋)演舞場にお出になって。・・・まぁ、新派じゃないんだけど懐かしい演舞場にお出になって、それでもう一度お倒れになって、それから8年間の、闘病生活に入るってことになったわけなんだけど・・・

山岡:でもねぇ、お話はしっかりしてらっしゃいますよね。

徹子:でもねぇ、御自分ではね・・・

山岡:気に入らないって。

徹子:気に入らないって。呂律がしっかりしてないって。

山岡:うーん、うん・・・

徹子:で、どんな風に、あの京塚さんがね。前に・・・でも、まさか96キロもあると思ってなかって?

山岡:思わない。あたし、80・・・何キロかは越えたかなと思ってたけど。

徹子:ただ、秘密にしてらしたけど、あのときは本当に、本当のことを言っちゃおうとお思いになったんだろうけど。

山岡:ああ・・・。

徹子:で、全部で4回出て頂いたって、さっき申しましたけど、18年前に出て戴いたときの写真をちょっと懐かしいのでね、うん・・・。

山岡:ああ、そう。わぁ・・・。

徹子:そうなの、とっても可愛いわね・・・

山岡:これは「肝っ玉かあさん」ごろかしら。

徹子:そうですね、18年前ですから、そうかと思います。
それから、この時続けてね、出て頂いたんですけど、17年前。

山岡:ああ・・・。

徹子:それから16年前。この16年前っていうのがお正月でね。

山岡:ええ、御一緒したとき?

徹子:うん。池内さん御一緒したときで。
みんなで、ものすごーく・・・

山岡:ワイワイワイワイ言ってね。

徹子:一番右側に池内さんがいらっしゃるんだけど

山岡:うん。

徹子:あ、じゃない、違う。山岡さんがいらっしゃるんだけど。

山岡:あなた、あの時着物着てらしたのよ、確か。

徹子:そう、着物着てたのね。そうなの。

山岡:面白かったですね。

徹子:面白かったわね。

山岡:皆でいろんな話して。

徹子:そして着物着るって話してたら、京塚さん洋服着てね。みんなビックリしてね。

山岡:ねぇ、皆着物だと思ってたら。

徹子:そうなの。でも首飾りでね、素敵にして、あの・・・来て下さったの。
(京塚単独で写ってる写真を見ながら)そう、こんな感じだったのね。
そして、最後の・・・って、さっきのが最後になったんですけど。
でも・・・あの、お菓子を盗み食いするところの現場を。

山岡:ええ。稽古場でね。あの・・・長いテーブルで、みんな本読みするでしょ。そうすると、たいてい、まぁ、席なんて決まっちゃうんですよね。
そうすると、なるべく、ママ(京塚の愛称)が糖尿だから甘いもの持って来ないようにしてるんだけど、まぁ若い子なんか、新人なんか「どうぞ。お菓子です」なんて来るじゃない。すると、なるべくそっちいって、ママの方に持ってこないようにさせるんだけど、でもやっぱり「京塚さんからどうぞ」ってなるでしょう。・・・パッと取って、ここ(テーブルの下)に潜って、口に入れて、パッと上がって来るの。

徹子:机の下、入っちゃうの。

山岡:早いの。だからこっちが止める暇もなく、「ママ」って言ったときには(と口に頬張って横を向く京塚のジェスチャーをして)、一口に入れちゃって・。

徹子:アハハ・・・

山岡:「食べちゃダメでしょ」「大丈夫よぉ、ひとつぐらい」なんて言っちゃってね。

徹子:アハハ・・・

山岡:やっぱり、もう、病気が食べたくなるのね、甘いもんっていうのは・・・

徹子:本当にね・・・でも随分我慢はしてらっしゃいましたけどねぇ。

山岡:でも、お酒なんか呑むと、後で薬飲まなきゃ、なんてね、なんか。注射するほど酷くなかった糖尿病でしたけど、お薬は飲んでましたよ。

徹子:うーん・・・

山岡:糖尿のお薬を。

徹子:・・・でも淋しくなるわぁ・・・ねぇ。

山岡:本当ね。こういう方、もう絶対出ないからね。勿体無くてしようがないの。

徹子:そうねぇ・・・。それから普段の生活のなかでも、サービスの良い方で。

山岡:うん!

徹子:皆さんを盛りたてて楽しくするってことがね、本当にもう、お好きでしたね。

山岡:うん・・・。

徹子:・・・だから、こんな風に・・・

山岡:惜しいですよね。

徹子:本当にね。皆さん、待ってらっしゃる方沢山いらっしゃると思うし、本人が一番ね・・・。
こんなはずじゃなかったってきっと思ってらっしゃるでしょう。

山岡:私が築地に居ますからね、(京塚が)明石町にもとお住まいだったから、よく「どうしてます」って聞かれたんですよ。

徹子:そうですか・・・。
本当に御冥福をお祈りいたします。今までありがとうございました、楽しませて頂いて。


------------------------------------


※番組中、「肝っ玉かあさん」の頃云々というのは両名の記憶違いです。

それにしても、京塚昌子最大のタブーともいえる体重の話をしているのは凄い。「徹子の部屋」ならでは。
山岡久乃も黒柳徹子も、通り一辺倒ではなく、心底故人を惜しんでいるのが伝わってきます。
新派と新劇が同じくくりで、というと一瞬えっと思いますが、杉村春子が花柳章太郎を尊敬して強く影響を受けていましたし、新派の井上正夫が新劇系人脈と組んで第三の新派を模索し、戦時時の新劇人の身元引受に一役買っていたなど、結びつきはあるのです。
山岡、京塚に縁深い石井ふく子は、新派の伊志井寛の継子。石井ふく子が手掛けているホームドラマも、実は新派のジャンルの中に存在していたのです。石井ふく子ドラマは新派の系統といっても過言ではないのです。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2015-05-04 00:34 | テレビ | Comments(0)