年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

一周忌

e0134486_9322124.jpg


一週間ほど休暇を貰った。
チケットと値段の関係で、宿舎のある場所から函館の実家まで帰る飛行機の時間は夕方になった。少し時間が空いたので、空港からも比較的近くにある、ある歌い手の墓所に参ることにした。
最初は一人で、と思ったが、同世代の懐メロ仲間I氏を誘い、二人で行くことに。

「遅くなりました」「一年ぶりですね」
駅前で待ち合わせたI氏は相変わらず活動的で、この日もこれから沖縄へ飛ぶという。

沢庵や賀茂真淵が眠る墓地の一角に、歌い手は眠っていた。すぐそばに線路があり、頻繁に電車は通っているが、適当に静かで適当ににぎやかだ。いい場所に墓を建てたと思う。

熱心なファンが度々訪れるらしく、墓石は土ぼこり一つ付いておらず、供えたての花は幾つも並んでいた。

「淋しくないですね、きっと」
「そうですね」
墓の後ろに回ると、故人の名前とともに、忍という名前も刻まれていた。
生まれることの叶わなかった故人の子どもの名前だ。歌手ひとりで眠っている訳ではなかったのだ。
その名を見たとき、無機物であるはずの墓に歌い手の体温を感じた。
墓石に刻まれた、「こころ」という文字が一層迫ってきた。改めて手を合わせた。

e0134486_9325027.jpg


「そろそろ行きますか」
気がつくと、降り出していた雨は強くなっていた。名残り惜しさはあれど、帰ることに。
来たときには気にならなかったどんぐりの実が、やけに足もとをすくおうとしていた。

「何だか実感わきませんね」
「まだ歌っている気がしますよね」
帰り道も同じ話になった。
I氏はラジオ番組の公開録音のステージを見ている、私は京都駅で見かけたことがある。
生の姿を見ているだけに、そういう思いが余計に強くなるのだろう。

歌い手が逝って、もうじき一年になる。
まだ私の中では、半分生きている人だ、島倉千代子という歌手は。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-11-03 00:47 | 歌・唄・うた | Comments(0)