年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

第13回思い出のメロディー視聴記(その1)

通称"夏の紅白"と言われ、毎年8月に放送されている音楽番組
それが「思い出のメロディー」です。

その名の通り、製作側の定めるテーマの中で、視聴者から寄せられたリクエスト(番組中に紹介されたりもする)をもとに番組を構成しています。

第1回は1969(昭和44)年、懐メロブーム真っ只中でした。
以後、すっかり定着し、今年(2008年/平成20年)で40回目の放送になります。

さて、今回の記事は、NHKの番組ライブラリー(詳しくはここで)で無料で視聴が可能である、「第13回思い出のメロディー」の視聴記です。

あくまで、個人的な感想ですので、そのあたりはご承知の程を…。
曲目/出演者・・・ネタバレもございますのでそれにもご注意をm(__)m


1981年8月8日放送 第13回思い出のメロディー

高らかになるファンファーレのあと、司会の相川浩アナがコール。
『第13回、思い出のメロディー』

「今週の明星のテーマ」が演奏、と当時に舞台の幕があき出演者が出てきます。
藤山一郎、淡谷のり子、ディック・ミネ・・・みんな今や故人。

OPテーマが終わり、司会者が舞台中央へ登場。
この年の司会は2年ぶり、6度目の相川浩アナ(故人)と、女優の星野知子。

「ステージのお並びの皆さん方、一番若い方が23歳でいらっしゃいますね。そしてずーっと先輩でいらっしゃいますけども、こちらにお出でのどなたかが74歳でいらっしゃいます(笑)」

蛇足ながら、最年少は石川さゆり。
最年長は淡谷のり子(相川の発言の際、隣にいた藤山一郎に指を指されています・笑)

歌の青春譜
藤山一郎・都はるみ「丘を越えて」
フランク永井・八代亜紀「東京の屋根の下」
橋幸夫・石川さゆり「いつでも夢を」


藤山・都コンビは、思メロでは割合お馴染みの組み合わせ。
はるみ、声が出る、出る…。

フランクもその美声を惜しみなく披露、ウマい・・・。

石川さゆり、当然ながら若い(笑)
その可愛さに驚き、そういえばもとはスタ誕出身のアイドルで幻の"花の中3トリオ"メンバーでしたっけ…。

「いつでも夢を」は最後のサビ部分は、全員で合唱。

青春の街・歌の街~銀座の恋の物語~
東京放送合唱団「東京行進曲」
島倉千代子「銀座の柳」
ディック・ミネ 「ダイナ」
(獅子てんや・瀬戸わんやのコント)


セットは戦前の銀座の町並み。
ステージ上を動くエキストラに混じって、由紀さおり、北島三郎の姿なども…。

前川清と星野知子の掛け合いコントの後に、女給さんの格好でお千代さん登場。

お千代さんが幕間に去ると、ステージ上に車が走り、ディック・ミネがデキシー・スタイルで降りてきます。

歌い終わり、「ダンスホールにでも行こうか」とダンサーとともに退場するミネ。
入れ替わるように登場するのが獅子てんや・瀬戸わんや。
この二人、思メロには常連出演し、コントを披露しています。

中野忠晴「小さな喫茶店」
霧島昇、八代亜紀「一杯のコーヒーから」
林伊佐緒、石川さゆり「若しも月給が上ったら」


舞台の中心は喫茶店へ。
中野の歌は喫茶店にある蓄音機から流れています。

ここでも前川清と星野知子が掛け合いコント(笑)
前川さん、おとぼけキャラ全開。

モガに扮した八代亜紀がセットに登場し、歌のイントロスタート。
なお霧島さんは喫茶店のマスター。
気のせいか、とても楽しそうです、霧さん。

霧島さんが蓄音機を再生すると、再び歌のイントロが…。
林伊佐緒、石川さゆりはどうも夫婦という設定。
若い後妻を貰った中年男にしか見えませんが(汗)
…石川さゆり、異様に可愛いのですよねえ。
今までそんなこと思ったこともないのですが。

そして、戦争へ
「ほんとにほんとに御苦労ね」
舞台は戦争中という設定。
瀬戸てんやと由紀さおりのコントの後、国防婦人会の活動をしている主婦姿で都はるみ、島倉千代子、星野知子などがステージへ登場。

前奏・間奏では星野が当時の流行語などを披露(「欲しがりません、勝つまでは」など)。

「回覧板ですよ~」と和泉雅子登場。

「私たちの母校の、泰明(尋常)小学校が泰明国民学校になったんですって。お父さんに知らせないと・・・お父さ~ん」と和泉が呼ぶと、加藤武登場。

「お父さん」と星野知子。なっちゃんの写真館では親子役でした。
「何だい、夏子。国防婦人会の格好なんかしちゃって」
ファンにはツボな発言でしょうねえ。

泰明小学校は東京/銀座に実在する学校で、加藤、和泉はOB/OG。
相川浩を交えて、三者で当時の思い出を語ります。
といえ、和泉は戦後育ちなので、発言量は加藤の方が多い。
加藤は国民学校になってからの第一期卒業生だそうです。

そして戦後へ
藤山一郎「夢淡き東京」
(獅子てんや・瀬戸わんや、フランク永井、前川清、北島三郎のコント)
由紀さおり「銀座カンカン娘」
石川さゆり「東京シューシャインボーイ」
北島三郎「街のサンドイッチマン」
(前川清、星野知子による「君の名は」風コント)
フランク永井「有楽町で逢いましょう」


コントは
サブちゃん=車屋さん
フランク=GI
前川さん=復員兵
星野知子=買出しに出ている主婦
瀬戸わんや、宮本悦郎(クールファイブ)=カミナリ族(リーゼント姿)
獅子てんや=交通整理の警官
という役どころ。

アプレガールの格好で出てきた由紀さおりは、以前の思メロでもこの歌を歌っており、もう完全に持ち歌状態です。

靴磨きの少年に扮した石川さゆり(可愛い・・・)、どうも歌詞があやふやだからか、歌をよく知らないからか、あちこち音を外しています。石川にもこんな時代があったんですね。

北島サブちゃんはサンドイッチマン姿で客席で熱唱。
でも、この歌はやっぱり鶴田浩二じゃないと(^^ゞ

ステージは数寄屋橋のセットへ変更。
由紀さおりのナレーションで三度目の前川・星野のコント。
これがきっかけで、星野はサザエさんになったとかならないとか(笑)

フランク永井はトレンチコート姿での登場。

30年代 銀座の風俗
女性コーラス「銀座9丁目は水の上」
星野知子、前川清ほか「銀座の恋の物語」


銀座九丁目~のハミングにあわせて、みゆき族など、当時の風俗が紹介。

星野知子と前川さん、ここでは歌。銀座ソングの代表格のあの歌。
実は昭和の思メロでは女性司会者が歌うシーンが割合多く見られました。
これより3年前/78年の森光子(「道頓堀行進曲」)、前年/80年の竹下景子(「二人は若い」)と
…。

銀恋の2コーラス目以降は内山田洋、八代亜紀、島倉千代子、フランク永井、都はるみ、北島三郎、由紀さおりなども交えて全員合唱。
(他にステージ上には、クールファイブ及び石川さゆりの姿も…)


続きは次回。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2008-08-03 19:06 | テレビ | Comments(2)
Commented by 軽演劇 at 2008-08-22 14:42 x
時々覗かせて戴いていますが、今回初コメントさせて戴きます。
その泰明小学校の加藤武さんの一級上に、エノケン劇団の後期に
文芸部に居られたのが、井崎博之さんであります。渡辺のジュースの素のCMの作詞とかもそうですね♪
Commented by ヘンチンサイ「 at 2008-08-29 15:26 x
泰明小は『海老名家の父子』の母校でもある。。。