年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

カテゴリ:歌・唄・うた( 78 )

LA CHANSON AU JAPON(シャンソンの黄金時代) (05)淡谷のり子「私の好きな歌(EMI篇)」

e0134486_0301335.jpg


淡谷のり子「私の好きな歌(EMI篇)」
(TOCT-29025) 2,500円


01:枯葉 Les feuilles mortes
02:待ちましょう J'attendrai
03:瞳を閉じて Fermer les yeux
04:小雨降る径 Il pleut sur la route
05:二人の恋人 J'ai deux amours
06:人の気も知らないで Tu ne sais pas aimer
07:セレソ・ローサ Cerisier rose et pommier blanc
08:暗い日曜日 Sombre dimanche
09:パリ祭 A Paris dans chaque faubourg
10:パリの屋根の下 Sous les toits de Paris
11:浮気女の嘆き La complainte des infideles
12:薔薇色の人生 La vie en rose
13:マイ・ショール My Shawl
14:聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d'amour
15:過ぎゆくはしけ Le chaland qui passe
16:忘れられないブルース
17:哀訴 Complainte
18:ベサメ・ムーチョ Besame mucho
19:小さな花 Petite fleur
20:ルナ・ロッサ Luna rossa
21:別れた二人 Tu n'es plus rien
22:メランコリー Mélancolie
23:或る恋の物語 Historia de un Amor
24:ゴンドリエ Le gondolier
25:愛の讃歌 Hymne à l'amour
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-05-28 00:31 | 歌・唄・うた | Comments(0)

LA CHANSON AU JAPON(シャンソンの黄金時代) (04)中原美紗緒「FROU FROU」

e0134486_019456.jpg


中原美紗緒「FROU FROU」
(KICS-1779~80) 3,800円


Disk1
01:河は呼んでる L'eau vive
02:想い出のパリ The last time I saw Paris
03:パリのお嬢さん Mademoiselle de Paris
04:花祭り El Humahuaqueño
05:ポルトガルの洗濯女 Les lavandières du Portugal
06:あじさい娘 Mademoiselle Hortensia
07:ジュダ Judas
08:我が青春のマリアンヌ Marianne de ma jeunesse
09:愛してくれたら Si tu m'aimais
10:フルフル Frou Frou
11:あわれなジャン La goualante du pauvre Jean
12:かえらぬ夢(ヘッドライト) Des gens sans importance
13:私の心はバイオリン Mon coeur est un violon
14:首輪のない犬 Chiens perdus sans collier
15:遥かなる国から来た男 Le pays d'où je viens
16:ジェルソミーナ Gelsomina
17:かわいいインディアン Le petit indien
18:ミアルカ Miarka
19:ローマよさらば Arrivederci Roma
20:夜は過ぎゆく La notte va
21:スクーザミ Scuzami
22:悲しみよこんにちは Bonjour tristesse
23:ヴォラーレ Nel blu dipinto di blu

Disk2
01:バンビーノ Bambino
02:ある恋の物語 Historia de un amor
03:すずらん祭 Premier Mai
04:バス通り裏 
05:あんみつ姫
06:ヴェナス・ノーチェス Buenas noches mi amor
07:急流 Le torrent
08:枯葉 Les Feuilles mortes
09:聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d'amour
10:トンキン娘 La petite tonkinoise
11:詩人の魂 L'âme des poètes
12:死ぬほど愛して Sinno Me Moro
13:ロマンティカ Romantica
14:ビキニスタイルのお嬢さん Itsy bitsy teenie weenie yellow polka dot bikini
15:チャオ・チャオ・バンビーナ Piove
16:なれそめの頃のように Comme au premier jour
17:ラストダンスは私と Garde la dernière danse pour moi
18:水に流して Non, je ne regrette rien
19:夜は恋人 Mea culpa
20:メランコリー Mélancolie
21:ラ・ノヴィア La novia
22:ジュム・サン・シ・ビアン Je me sens si bien
23:愛の讃歌 Hymne à l'amour
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-05-28 00:22 | 歌・唄・うた | Comments(0)

LA CHANSON AU JAPON(シャンソンの黄金時代) (03)岸洋子「NON,JE NE REGRETTE RIEN」

e0134486_0141512.jpg


岸洋子「NON,JE NE REGRETTE RIEN」
(KICS-1781~2) 3,800円


Disk1
01:たわむれないで Ne joue pas
02:パダム・パダム Padam Padam
03:私の回転木馬 Mon manège à moi
04:雨の降る日に Le jour où la pluie viendra
05:忘れられた子供達 Les enfants oubliés
06:群集 La foule
07:ドネ・モア Donne-moi
08:パリ・カナイユ Paris canaille
09:急流 Le torrent
10:水に流して Non, je ne regrette rien
11:愛の讃歌 Hymne à l'amour
12:我が心君を求めて Anema e core
13:真実の恋とは C'est l'amour qui fait qu'on aime
14:さよならを云わないで Ton adieu
15:アイルランドのバラード Ballade irlandaise
16:はじめての日のように Comme au premier jour
17:パリ祭 À Paris dans chaque faubourg
18:二人の恋人 J'ai deux amours
19:聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d'amour
20:さくらんぼの実る頃 Le temps des cerises
21:薔薇色の人生 La vie en rose
22:人の気も知らないで Tu ne sais pas aimer
23:パリの空の下 Sous le ciel de Paris

Disk2
01:リラの花咲く頃 Les lilas blancs
02:待ちましょう J'attendrai
03:ロマンティカ Romantica
04:そして今は Et maintenant
05:すずらん祭 Premier mai
06:ブルー・ブラン・ブロン Bleu, blanc, blond
07:最後のダンスを私と Garde la dernière danse pour moi
08:ロマンス Romance
09:パリのいたずらっ子 Le gamin de Paris
10:風船売り Le marchand de ballons
11:太陽の誘惑 Su nel cielo
12:カナダ旅行 Voyage au Canada
13:ルナ・ロッサ Luna rossa
14:ヘッドライト Des gens sans importance
15:べコーの子守歌 Berceuse pour Gaya
16:ワルソーのピアニスト Le pianiste de Varsovie
17:恋はせつなく Emportez mon amour
18:家へ帰るのが怖い J'ai peur de revenir
19:詩人の魂 L'âme des poètes
20:枯葉 Les feuilles mortes
21:ラ・メール La mer
22:セーヌの花 Fleur de Seine
23:恋心 L'amour c'est pour rien
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-05-28 00:16 | 歌・唄・うた | Comments(0)

「LA CHANSON AU JAPON」(シャンソンの黄金時代) (02)石井好子「LE GONDOLIER」

e0134486_092251.jpg


石井好子「LE GONDOLIER」
(KICS-1775~6) 3,800円


Disk1
01:ゴンドリエ Le Gondolier
02:小さな花 Petite fleur
03:眠れる泉 La fontaine endormie
04:マルジョレーヌ Marjolaine
05:マラゲーニャ La malagueña
06:わたしのかわいいお人形さん Petite Poupèe
07:むぎわら帽子
08:夜の子守唄
09:海のともし灯
10:詩人の魂 L'âme des poètes
11:毛皮のマリー La Marie-Vison
12:鐘よ鳴れ Cloches sonnez
13:兵隊が戦争にゆく時 Quand un soldat
14:向いの窓のカーテン Le rideau de ma voisine
15:エルザの瞳 Les yeux d'Elsa
16:バルバリ・バルバラ Barbarie Barbara
17:二人の恋人 J'ai deux amours
18:「ド」をこわしちゃった(クラリネットをこわしちゃった) J'ai perdu le do
19:あなたのそばで Quand tu dors près de moi
20:初めて逢ったその日から Comme au premier jour
21:ワルツの花束(パリのお嬢さん~ラセーヌ~詩人の魂~聞かせてよ愛の言葉を~フル・フル)
22:枯葉 Les feuilles mortes

Disk2
01:巴里娘(パリのお嬢さん) Mademoiselle de Paris
02:妖精のいる泉 La fontaine aux fées
03:あの人に貰った花 Mon ami m'a donné
04:わたしは眠るセーヌのほとり Moi je dors pres de la seine
05:巴里 Paris
06:君去りしなば Si tu partais
07:タニー Tani
08:君よいずこ Où es-tu, mon amour?
09:夏の思い出
10:ミラボー橋 Le pont Mirabeau
11:ジャバ Java
12:ソナタ Sonate
13:目を閉じて Fermer les yeux
14:ジャバ・ブルー La java bleue
15:別れないで Ne me quitte pas
16:私の心はヴィオロン Mon coeur est un violon
17:あなたをみつめると À te regarder
18:秋のコンチェルト Concerto d'automne
19:ノートル・コンチェルト Notre concerto
20:ボンジュール・パリ Bonjour Paris
21:愛してるといって Dites- moi "Je vous aime"
22:聞かせてよ愛の言葉を Parlez-moi d' amour
23:愛の讃歌 Hymne à l'amour
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-05-28 00:12 | 歌・唄・うた | Comments(0)

「LA CHANSON AU JAPON」(シャンソンの黄金時代) (01)高英男「Romance」

http://hakozsito.exblog.jp/18030511/
の記事で、「LA CHANSON AU JAPON」(シャンソンの黄金時代)については追々取り上げると記した。

発売まで1ヶ月となったが、どうもネット上に掲載されている選曲は仮決定のものばかりで本決定版が見当たらない。私自身の備忘録を兼ねて、決定稿の選曲を紹介しておきたい。

e0134486_01066.jpg

高英男「Romance」
(KICS-1777~8) 3,800円


Disk1
01:ロマンス Romance
作詞:Henri Bassis /作曲:Joseph Kosma /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也 

02:枯葉 Les feuilles mortes
作詞:Jacques Prévert /作曲:Joseph Kosma /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也 

03:リラの花咲くころ Quand refleuriront les lilas blancs
作詞:Léo Lelièvre /作曲:Franz Doelle /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

04:ラ・セーヌ La Seine
作詞:Flavien Monod /作曲:Guy Lafarge /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也  

05:パリ祭 À Paris dans chaque faubourg
作詞:René Clair /作曲:Maurice Jaubert /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

06:薔薇色の人生 La Vie en rose
作詞:Édith Piaf /作曲:Pierre Louiguy /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

07:詩人の魂 L'âme des poètes
作詞:Charles Trenet /作曲:Charles Trenet /訳詩: 中原淳一/編曲:石川皓也

08:ラ・メール La mer
作詞:Charles Trenet /作曲:Charles Trenet、Albert Lasry /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

09:パダム・パダム Padam Padam
作詞:Henri Alexandre Contet /作曲:Norbert Glanzberg /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

10:ボンソワールリリー Bonsoir Lily
訳詩:中原淳一/編曲:山本雅之

11:セ・シ・ボン C'est si bon
作詞:André Homez /作曲:Henri Betti /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

12:花散るパリの舗道 Sur le pavé de Paris
作詞:Jacques Larue /作曲:Georges Auric /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

13:パリの屋根の下 Sous les toits de Paris
作詞:René Lucien Chomette、René Nazelles /作曲:Raoul Moretti
訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

14:聞かせてよ君が甘き言葉 Parlez-moi d'amour
作詞:Jean Lenoir /作曲:Jean Lenoir /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

15:不実女の嘆き La complainte des infidèles
作詞:Mouloudji /作曲:Mouloudji /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

16:幼きものの恋 Les enfants qui s'aiment
作詞:Jacques Prévert /作曲:Joseph Kosma /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

17:ブン Boum!
作詞:Charles Trenet /作曲:Charles Trenet /編曲:石川皓也

18:囚人の歌 Le galérien
作詞:Maurice Druon /作曲:Léo Poll /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

19:愛の讃歌 Hymne à l'amour
作詞:Édith Piaf /作曲:Marguerite Monnot /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

20:コルシカ Ô Corse île d'amour
作詞:Georges Konyn /作曲:Vincent Scotto /訳詩:中原淳一/編曲:北村維章

21:ひまわり Tournesol
作詞:Jacques Prévert /作曲: Joseph Kosma /訳詩:中原淳一/編曲:北村維章

22:ムーランルージュの歌 Moulin Rouge
作詞:Jacques Larue /作曲:Georges Auric /訳詩:高 英男 編曲:北村維章

23:おいらパリっ子 Paris Canaille
作詞:Léo Ferré /作曲:Léo Ferré /訳詩:中原淳一/編曲:北村維章

24:モンマルトルの丘 La complainte de la butte
作詞:Jean Renoir /作曲:Georges Van Parys /訳詩:中原淳一/編曲:岩崎 洋

Disk2
01:パリのバラード À Paris
作詞:F.Lemarque /作曲:F.Lemarque /訳詩:中原淳一/編曲:岩崎 洋

02:ルナ・ロッサ Luna Rossa
作詞:Vincenzo De Crescenzo /作曲:Antonio Viscione /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

03:小さなひなげしの花のように Comme un petit coquelicot
作詞:Raymond Asso /作曲:Claude Valéry /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也
演奏:岩崎 洋(ピアノ)

04:パリのセレナーデ Sérénade sur Paris
作詞:H. Bourtayre /作曲:F. Lopez /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

05:パリのフラメンコ Le flamenco de Paris
作詞:Léo Ferré /作曲:Léo Ferré /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也 演奏:岩崎 洋(ピアノ)

06:ミラボー橋 Le pont Mirabeau
作詞:Guillaume Apollinaire /作曲:Léo Ferré /訳詩:中原淳一/編曲:石川皓也

07:セーヌの花 Fleur de Seine
作詞:Fernand Disle、Eugène Joullot /作曲:Emile Spencer /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

08:さよならのワルツ Paris Palace Hôtel
作曲:Paul Durand /訳詩:中原淳一

09:マルセリーノの歌 La canción de Marcelino
作詞:Pablo Sorozabal、Jose Maria Sanchez Silva /作曲: Pablo Sorozabal
訳詩:中原淳一

10:カビリアの夜 Le notti di Cabiria
作曲:Nino Rota /訳詩:高 英男/編曲:石川皓也

11:我が心の森 Au bois de mon coeur
作詞:Georges Brassens /作曲:Georges Brassens /訳詩:高 英男/編曲: 石川皓也

12:恋は何処へ Amour, où es-tu
訳詩:高 英男/作曲:Joseph Kosma

13:ゴンドリエ Le gondolier
作詞:Jean Broussolle /作曲:Pete De Angelis /訳詩:高 英男/編曲:川上義彦

14:赤毛のジュリー Julie la rousse
作詞:René-Louis Lafforgue /作曲:René-Louis Lafforgue /訳詩:中原淳一
編曲:石川皓也

15:ギターとタンバリン Guitare et tambourin
作詞:Jean Broussolle /作曲:Peter De Angelis

16:小さな秘密
作詞:大下文夫/作曲:飯田三郎/編曲:若松正司

17:マルジョレーヌ Marjolaine
作詞:F.Lemarque /作曲:F.Lemarque /訳詩:岩谷時子
編曲:川上義彦

18:アマポーラ Amapola
作詞:Albert Gamse /作曲:José María Lacalle /訳詩:樺 冬男

19:小雨降る径 Il pleut sur la route
作詞:R.Chamfleury /作曲:Henry Himmel /訳詩:樺 冬男/編曲: 川上義彦

20:ソーラン追分
民謡 編曲:川上義彦

21:あなたは美しかった Elle était si jolie
作詞:Alain Barrière、Armand Migiani /作曲:Alain Barrière /訳詩:高 英男

22:パリの空の下 Sous le ciel de Paris
作詞:Jean Andre Brum /作曲:Hubert Giraud /訳詩:渡辺和夫

23:一人のスリの歌
作詞:三木鶏郎/作曲:三木鶏郎/編曲:広瀬健次郎

24:雪の降る街を
作詞:内村直也/作曲:中田喜直/編曲:中田喜直
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-05-28 00:06 | 歌・唄・うた | Comments(2)

「三人のスリの唄」のはなし

高英男の代表的な持ち歌に「落葉の巷」がある。
通称を「三人のスリの唄」という。

♪ラッシュアワーの人混みをスリが三人歩いてた・・・
という歌い出しで、3人がなぜスリの道へと入り込んだかを、可笑しさと哀しさを交えながら描いた作品だ。

戦後まもない頃、勝承夫(作詞家)が中央線に乗っているとき、スリに財布を掏られてしまった。
そのときの話を服部良一にしたところ、服部が『面白いね』とノり、そこから一つの歌にすることとなった。
「落葉の巷」と名付けられて、この歌は世に出た。

創唱歌手は誰なのか、今のところよくわかっていない。
だが、昭和22年公開の東宝映画「春の饗宴」で、宝塚出身のシャンソン歌手の草分け・橘薫が歌っていることから、おそらく彼女なのではないかと思われる。

レコード発売は当時されなかったらしい。
当時の流行歌として書かれたと考えるには、あまりにも斬新かつ実験的な曲調である。
おそらく舞台用と割り切った上で作られたのだろう。
だからこそ、こういう歌が出来上がったとも言える。

そういう経緯で生まれた歌ゆえ、知る人ぞ知る歌、いや当の服部良一自身すら半ば忘れている状態にあった。

曲が生まれて、5年以上は経ってから、服部良一の耳に思わぬかたちで耳に入ってきた。
「落葉の巷」は「三人のスリの歌」という通称まで付いていた。
シャンソン歌手と名乗り、フランスの歌を唄って、当時大いに売り出していた高英男が歌っているという。
同業者でも評判となり、古賀政男までも『高君が唄ってるあの歌、いいね』と服部に伝えてきた。

高英男の話によれば、日劇へ出演した際、『グランドレビューの幕間に、この歌を唄って一人で客を惹きつけてみろ』と、演出家の山本紫朗から薦められたのが歌との出会いだという。
服部良一の公式サイトによると、この歌が高によって唄われたのは昭和27年とされている。
昭和27年9月に、巴里の唄と題されたシャンソン・グランドレビューが日劇で開催されている。
昭和32年5月に日比谷公会堂で行われた高のリサイタルのプログラムには「三人のスリの唄」の名があるので、昭和27年からこの時期までの話であるのは間違いない。

拍子木をカチカチ鳴らし、『あ、スリだ』と叫ぶ声、そしてステージへ見得を切りつつ、舞台へ出て・・・という演出も含めて、大いにウケた。
その余波で、高はスリを題材にした歌をその後も手がけて行き、一時期はスリの歌だけでリサイタルの1コーナーが出来るまでになった。
柳の下に泥鰌はそうそういないものだが、三木鶏郎によって「一人のスリの唄」という「落葉の巷」に勝るとも劣らぬ歌が生み出されている。 こちらも「落葉の巷」共々後年まで唄われ続けることとなった。 平成8年開催の、高英男60周年リサイタルでは2曲続けて歌われている。またテレビでのスタジオ収録だがワンマンショー形式ではキャリア最晩年になっていたであろう平成12年放送「あの歌この芸」(NHK-BS2)でも「落葉の巷」は歌われている。

「落葉の巷」は一般人気も去ることながら、玄人筋からの人気が高い曲だった。
前述の古賀政男のほかに、芦田伸介、殿山泰司、花柳章太郎・・・と層々たる面子も好んだ。

当時、新橋に芸能関係者ばかりが多数集う、蟻屋という御汁粉屋があった。
高も常連のひとりであり、芦田や殿山はそこの常連仲間だった。
他の常連の演劇人の中からは、一時期本気で『この歌を元に劇化しようじゃないか』という声もあがっていたという。

高の生涯のプロデューサーであり、師であり、パートナーであり、親友であった中原淳一も、この歌に惹かれた一人だ。
体調を崩して、千葉・館山で療養生活を送っていた晩年、三人のスリという人形を製作している。
そして、それを模した衣装も、高のために製作している。

花柳章太郎と高英男の出会いによって「落葉の巷」はさらに進化を遂げてゆく。
新派の大御所と、シャンソン歌手。
一見まったく接点がなさそうな二人だが、何と親交があったのである。

昭和28年9月、高英男は、初代水谷八重子の相手役に抜擢されピンカートン役で新派合同公演の演目のうち「お蝶夫人」(新橋演舞場)に出演している。そこからの縁だという。

e0134486_119541.jpg


「落葉の巷」を歌うとき、唐桟柄(縦縞柄)の着物で唄うようになったのは、花柳章太郎の薦めによる。
立ち居振る舞い、裾や袂のさばき方を、楽屋で直に指導して貰った。

「お蝶夫人」での競演から親しくなった初代水谷八重子からもアドバイスを貰った。
高が唄う姿を観て、袂から胸に入れる手の位置が気になったという。
『あなたね、粋に見せたいなら、もっとこう上の方に入れて、キリリと揉みあげてごらんなさい。言っちゃ悪いけど、あなたの今の手つきは在郷の肥桶かつぎよ』

のちに花柳からは煙草入れ、初代八重子から財布入れが、それぞれ高へと贈られた。
それから、「落葉の巷」を着物で唄う際には、小道具兼縁起担ぎで、必ず袂に入れたという。
これら二つの品は現存しており、2009年7月23日に帝国ホテル・孔雀の間で行われた高のお別れの会でも展示された。

高の極め付けの1曲とされていながら、この「落葉の巷」、レコードとは縁が無かった。
レコード会社間の権利関係の問題もあったのだろうか、ステージでこそ映える歌だからという考えがあったのだろうか、高による正式なレコード吹き込みが行われることはとうとう無かった。
僅かに昭和51年発売の歌手生活30周年記念盤「高英男・歌のアラカルト」(SKD-398~9)と、昭和54年発売の自主制作版のライブアルバム「高英男リサイタル'79 NO.2」(MAS-983~4)に収められたのみである。

前者は帝国劇場、後者は博品館劇場でのリサイタルの模様を収められている。
また前者はモノラル、参考資料用に録音したとおぼしきライブ音源である。
後者もまた、ステレオでの録音ではあるものの自主制作だからか、一般的なライブ録音のレコードと比べると音質は落ちるものである。

CD化はまだ成されていない。

高英男は「世界の名曲にもひけを取らない名曲中の名曲」「こうして今、私ひとりだけが歌っておりますが、ほかの人も歌えばいいのになあ、と思っております」と、ライブで発言している。

高の想いは空しく、「落葉の巷」をカバーして歌っているという人の話は、私は殆ど聴かない。
服部良一の孫である服部吉次が、2006年に、祖父・良一の作品を収めた自主制作のミニアルバム「ハット」で歌っている・・・というのが私が唯一知っている話だ。未聴なのだが・・・。

シャンソンとして歌うには日本的過ぎるということなのだろうか。

それとも、独自の演劇性、仕草、目のはこび、衣装・・・あらゆる面で磨き抜かれた、高英男のステージングを
知るものには、とても手出しが出来ないと思っているからなのか。

ただ、聴くこと(観ること)が難しくなり、知るものが減ったからなのか。
高英男自体が、きちんと評価されていないからなのか。

私には、全盛期の高を知るものにとっては2番目の説、そうじゃない人には3・4番の説なのだろうと思う。

まずは一日も早く、高英男が歌う「落葉の巷(三人のスリの唄)」のCD化を望みたい。

・・・いや、この歌は、歌っている姿を知っているか否かで、かなり印象が違ってくる。
否の場合で、音だけでめぐり逢って、気にいるかどうか・・・私には自信が持てない。

さいわいNHKには、歌番組『ビッグショー』の高のワンマン出演回・ゲスト出演回で、それぞれ
洋装姿・着物姿でこの歌を唄った映像が残っている。
既にCSやBSで再放送は実現しているし、youtubeにも一時映像が有った。
叶うならば、その映像を、ぜひソフト化して頂きたい。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-05-22 02:30 | 歌・唄・うた | Comments(2)

春のうた

やっと春の香りが日本列島に漂ってきたらしい。
東京ではさくらの季節。
そう言いながらも、函館ではつい数日前にも粉雪が舞っていて、『春は近い、足音は近い”が”』という状況。『近い』から開放される日が待ち遠しい。

今、USTの春の歌・桜の歌特集を聴きながら、この文章を書いている。
自分なら、今どんな歌を選ぶだろうかと、ふと思った。

まず「花の街」は欠かせない。春のあたたかさと哀しさを見事に謳った日本のスタンダードナンバー。
目下、團伊玖磨のエッセイ・パイプのけむりを楽しく読んでいることとの因果関係は・・・ありそうでない。
合唱曲の代表的作品だが、私は学校時代この歌を習った記憶は無い。
何でこんな良い歌歌わせなかったのだろうか。
学校時代の音楽教師を恨んでいる訳ではないが・・・いや、やっぱり一言文句を言いたい。

「桜咲く国」も良い。
最近「草笛光子、歌イケるんですね」とズッコケル話を聞いてから、SKD(というよりもOSKかな、この歌は)のテーマソングのこの歌の存在を思い出した。
字余り気味な歌詞の「おお宝塚」よりも、こちらの歌の方が好きだし良いと思う。
野球への関心が薄いので知らなかったが、楽天の応援団がこの曲を使っているらしい。

誤解している人が結構いるので一応書いておくが、草笛光子は宝塚ではなくSKDの出身。
淡路恵子とは同期生でトリオも組んで人気を博していたのだが、歴史の彼方へと置き去りにされている。
確かに二人とも東宝のイメージが強いし、淡路恵子の場合、連想するのが萬屋だ息子だアーウィン女性探偵社だ・・・とあまりにもいろいろ有り過ぎて、思い出すまでの道程が遥か彼方になっている。
仕様が無いといえば仕様が無いかな。

あまりメジャーな歌ではないが、和製ポップス系歌謡曲好きにはよく知られている、伊東ゆかりの「HANAGUMORI」(第7回古賀政男記念大賞受賞曲)も大好きな歌だ。
伊東ゆかりのひと声だけで泣ける。

花曇りとは、桜の花の咲くころの、薄くぼんやりと曇った空模様を指す。

目下この世の春、数度目のブレイク中の由紀さおりにも春の名曲は少なくない。
直接春を連想する言葉が歌詞になくても、春に似つかわしい歌も多い。
「春の嵐」と迷ったが、今は「君の名はさくら」の幻想と華やかさを採りたい。
確かこの歌は服部良一が作った合唱組曲の中の1曲だったと記憶している。
服部良一はギリシャの音楽祭で、由紀の「天使のスキャット」を聴いて以来の"さおりすと"と公言している。今の歌声とはやや違う、30代の艶やかな時期の歌声がたまらない。
高校時代、この歌を卒業式にかけようと画策したことがある。当然叶わず、ゆずの「栄光の架橋」となったのだが、もう少し当時の私に政治力があったらなと思う気持ちと、実現していたらさぞ恨まれたろうなあと微苦笑する気持ちが、今もこの歌を聴くと時折交互に訪れる。

でも、春を唄った服部メロディといえば、何といってもこの歌、「胸の振り子」だろう。
SP盤の霧島昇版が唯一無二、出色の出来なのだが、見当たらないので、石原裕次郎版を張る。
様々な人が歌っているが、関心しないことが多い。
いかにも声楽な人に歌われるのは嫌だが、さりとて演歌調は論外、JPOPの人は音の響きが耳に障る。クルーン唱法で、しっとり甘く囁くように歌い上げる人は「今」いないものだろうか。
大好きな歌なのだが、しっくりこない歌唱しか聴けないのは残念でならない。

何となく5曲選んでみたが、春のうた、というと皆さんはどんな歌を思い浮かべるのだろうか。

ケツメイシの「さくら」なのだろうか。
松任谷由美の「春よ、来い」なのだろうか。
キャンディーズ「微笑みがえし」なのだろうか。
藤山一郎の「夢淡き東京」なのか。
島倉千代子(東海林太郎)の「すみだ川」なのか。
童謡唱歌の「春がきた」や「めだかの学校」なのか。

歌は世につれ、歌は人につれ。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-04-10 01:05 | 歌・唄・うた | Comments(0)

一時代の終焉

芦野宏の訃報が届いた。
これで長寿村と揶揄されたシャンソン界の第一世代、戦後シャンソンブームからの大看板がすべて姿を消してしまった。
ほんの少し前までは、大御所連が健在で歌っていたのに、この数年で次々と、まるでドミノ倒しのように逝ってしまった。いつまでも在り続けると錯覚を抱かせる面々だっただけに、この続く訃報に茫然としている。

そういえば、芦野宏のステージも一度、私はNHKホールで観ていたはずだ。
思い出そうとしても、うまくいかない。
何かあったはずだ。机の棚からクリアファイルを開いて、パンフレットを引っ張り出す。

第44回パリ祭。2006年7月8日。
もう6年も前になる。
小学校1年生が6年生になる年月が流れている。
信じられない。

大木康子、高英男、深緑夏代、石井好子、そして芦野宏。
強く記憶に残っている人たちは、皆鬼籍に入ってしまった。

終盤に芦野宏が出てきて、歌い始めたとき、おおっと唸った。
当時既に80歳前後だったが、その声色は往年のそれと殆ど変りは無かった。
歌のうまさも、勿論。爽やかな風をNHKホールへ届けてくれた。

故人を貶める気はさらさら無いが、このとき確か間奏から歌に入るときに、芦野はトチった。
しかし、トチリとトチリと思わせない堂々たる応対でカバー。
これがプロだ、とやたらに感心したことを、今ふと思い出した。
なお、パンフレットを見ると、歌は「人生に乾杯」というシャンソンだったらしいが、これはまったく覚えていない。

どちらかといえば、好みのタイプの歌い手ではなかったが、一流の実力を持った素晴らしい歌手であることは疑いの余地も無いし、何より「ラ・メール」は、薩摩忠の訳詩と共に、忘れ難い彼の名唱だ。

氏の自叙伝「幸福を売る男」は、資料的価値もある読み応えのある1冊として、今も本棚に中原美紗緒や石井好子、高英男らの著書と共に並べてある。これからも折に触れて読み返すだろう。

これで、とうとうひとつの時代が終わった。
パリ祭は、日本のシャンソン界は、これからどうなるのだろう。

高英男や石井好子の死ほどの衝撃は無いが、私は・・・淋しい。

合掌。


追記)
シャンソンブーム第一世代、美輪明宏がまだいるじゃないか、と突っ込まれそうだが、彼は、私の中では"歌う女優(女形)"というイメージ。別次元の存在なのだ。

もうひとつ追記)
スポニチの記事より。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/08/kiji/K20120208002589090.html

>次男で同協会事務局長の功二氏(44)によると、芦野さんは13年前に間質性肺炎を発症。進行を遅らせるため、連日、ステロイド剤を服用して、館長を務める日本シャンソン館(群馬県渋川市)などで公演を続けた。先月15日にも同館で歌声を披露。同18日に体調を崩して入院した。

2010年以降の歌声は聴く機会が無かったが、私が見たときには、歌声に病の影は無かった。
他の報道記事には出ていない、だが、これは記憶に留めておきたい一文だ。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-02-08 21:11 | 歌・唄・うた | Comments(0)

衰えた歌声

1月31日の「NHK歌謡コンサート」に坂本スミ子が出演していた。

『母(小篠綾子)が好きだった歌』と、ゲストのコシノジュンコがリクエストした
「たそがれの御堂筋」を唄い、旧知のコシノと握手を交わしていた。

と、これだけ書けば、感動的なシーンを想像される方もおられるだろう。
だが、私は、思い出す度にほろ苦さを感じ、溜息をついている。

坂本スミ子は、大好きな歌手だった。
ライヴへも行き、無理を言って一緒に写真を撮って貰ったこともある。
高校時代、『浮雲』という歌が好きだった。この歌を聴くとMDウォークマンで始終聴いていた頃
―春間近の陽射しで、雪が溶けかけ、路上に残るも土色で汚れている五稜郭の電停前。
老若男女が信号待ちをしているゴミゴミとした光景―
が鮮やかに脳裏に浮かんでくる。

声量豊かで、音程も確か。情熱的に歌い上げるのも、囁くように唄うのもお得意。
70歳を過ぎても、それらをキープしつつ、年輪を醸し出す歌唱で、円熟の魅力。
日本の歌い手の中でも、ハッキリと本物と呼べるひとり・・・だった。

だったと過去形で記すことが哀しいのだが、今の坂本スミ子は衰えてしまった。
去年、久々にテレビで「夢で逢いましょう」を唄うというので楽しみにして番組を観た。
喉のコンディションも良くなく、音程もあやしい。

信じられなかった。
調べたところ、一昨年だったかに脳梗塞で倒れたのだという。
元気そうではあったが、そういう面で後遺症が出てしまっていた。

先日の「歌謡コンサート」では、少しキーを下げ歌唱も工夫し、去年見たときよりは
大分回復しているように感じた。
病後とはいえ、そこらの歌手より余程声量はある。味わいもある。
だが、往年の歌唱を知る自分には、思い入れがあった自分には、辛いものがあった。

坂本が歌い終わった後、コシノジュンコが『よかったわあ』と涙ぐんで握手を交わしていた
が、あの涙はおスミの現状に対してという意味もあったのではないのかと、一瞬考えた。

慣れればどうということはないのかもしれない。
年齢を考えれば、あれだけ歌えるのは上等だ。
だが、そういうのを嫌がっていたのは他あろう、おスミだ。
いや、逆に病気したからこそ、見得や体裁を捨てて歌いたくなったのだろうか。

枯れたおスミの現実を、受け止めかねている。
心が決まるのはいつのことだろう。
長い目で見る必要があるのかもしれない。

More
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-02-02 21:22 | 歌・唄・うた | Comments(0)

パクさん(ダークダックス)の一周忌

何の気なしにツイッターを眺めていたら、
1月7日に亡くなった人たちというツイートがTLに上がって来た。
榎本健一、岡本太郎、高見澤宏(ダークダックス)・・・。
この3人が同じ命日だったとは知らなかった。意外な共通項目である。

高見澤宏、つまりダークダックスのパクさんは今日で1周忌。
早いものだ。訃報を目にしたときは「一番若い貴方が何故早く・・・」と絶句した。
亡くなる4-5年前には癌手術をしているし(早期復帰出来、その後も元気そうであった)
1年ほど前から体調を崩しているという話は聞いていたが、それでも亡くなるとは考えていなかった。

近年のダークは衰えが顕著であったし、私はマンガさんの歌声は好きだがゲタさんのそれは・・・である。
パクさんの透き通るファルセットも既に無い。売りであった美しいハーモニーは失われていた。
そんなダークを痛々しく思っていたことは否定出来ない。
残酷な物言いだが、ホッとしてしまった気持ちもあった。

マンガさんが病でリタイアし、パクさんが逝く。
これは事実上ダークダックスの解散に等しい。
60周年のメモリアルイヤーに何ということなのかと嘆きながらも、良い区切りでいいじゃないか
という声が心中で上がる。そんな相反する気持ちが、しばらくのあいだ両立していた。

3月末、震災で人も土地も揺れ続けるなか、NHKでダークの特集番組が放送された。
往年のダークダックスの素晴らしさを堪能し、遺ったふたりの姿に胸を打たれた。
惜しいと心から思えて来て、その日は一杯呷らずにはいられなかった。

達観した表情を見せながら、それでも自らPCを操り作曲を行い、コーラス指導に精を出すなど
意欲的な顔を見せるゾウさん。ダークの活動にひと区切り打つと発表したのも彼だった。
「せめて60周年のリサイタルは3人一緒にやりたかった」と、目に涙を浮かべながら悲しみのぼやきを
続けるゲタさん。子供のような顔をして悔しさを訴えていた。
同い年で、約60年の付き合いがある二人だが、まったく違う面を垣間見ることが出来た。

11月半ば過ぎ、ラジオ深夜便のロングインタビューにゲタさんとゾウさんが出演した。
半年ぶりのご無沙汰となる。弱っているのではないかと心配していたが、ラジオからは
二人の元気そうな声が聞こえて来て嬉しかった。
話していること自体は、それまでゲタさんが著書で記していることが大半だったが、
ゲタさんは毒舌とぼやき交じりのテンポの良い喋り、ゾウさんは飄々と時に鋭い時にとぼけた味のある語り口。
活字だけでは伝わらない細かいニュアンスや、脱線・掛け合いの楽しさで2日間・約2時間、
まったく飽きずに聴くことが出来た。
活動ひと区切りとなった今だからこそ明かせるような内容もあった。
5のうち、3までしかそれまで話していないことが3.5~4ぐらいは話していたのではないだろうか。

インタビュー最後に「今後、2人でコンサートはないのか」という質問が出た。
パクさんが亡くなって1年、そろそろ訊きたい話。
ゾウさんが答える。
「無いとも言えません・・・と思います(笑) 
ただ、まだ完全に立ち直っていない状態なもんですから・・・
まだ先が長いつもりで考えていきたいと思います」

ゲタさんはというと
「どうして俺が歌い手になったのか全然わからない。他の3人に助けられてきた」
「俺、歌ヘタだしね。作曲・編曲、まあ一番多かったのはパク、次にゾウさんだけど、俺以外
の3人はみんなやっているんだよね、俺だけやってないの」
と、爆弾発言を行っている。
齢80ともなると怖いものなど、(山ノ神以外は)どこにも無いんだろうと思ってしまった。

何だかんだと言いながら、私はダークダックスが好きということが去年1年でつくづく実感
した。図らずもパクさんの死によって、私の中のダークダックスは新たな歩みを始めたような気がしてならない。
昔は月並みな言葉だと思っていたが、心の中に生き続けるということが、またひとつ
判って来たような気がしている。

ダークダックスよ、永遠なれ。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-01-07 01:10 | 歌・唄・うた | Comments(0)