年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40
函館のシト さま ..
by てんてこ舞い at 13:47

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おかしな、おかしな、おかしな猫たち

谷啓の訃報に、身体の底から何かを吸い取られたような気分に襲われている。

私にとってクレイジーキャッツは大切な存在で、後追いながらも、いわゆる東宝クレージー映画は全作とは残念ながら言えないが約30本中25本は最低見ているはず。映画主題歌・挿入歌・シングル曲など、CD化されている歌は大半口ずさめるはず。
ただ、そういう研究成果を話すことは他の人がいっぱい書いているだろうし、 クレイジーへの"熱中時代"を過ぎてしまった自分がやることでは無いように思う。
なので、今回は自分の肌で感じたことを中心に書いてみたい。
あくまで私観なので内容に関しては突っ込みどころがあるだろうが、そこは御容赦願いたい。

私が物心つくかつかないかの頃にハナ肇や石橋エータローは亡くなっており、当然リアルタイムではクレイジーキャッツは知らない。

とはいえ、初めてクレイジーキャッツというものに触れたとき、小学6年の頃だったと思うが、植木等はまだ存命。ドラマなどでいぶし銀の演技で魅せていたし、タフデントのCMであのやたらに底抜けに明るい歌声を聴くことが出来た。
犬塚弘はドラマの脇役でちょいちょい出ていたし、桜井センリもその頃はまだまだドラマに出演していた。

全盛期に間に合わなかったことは残念だが、こればかりはどうしようもない。それでも4人のメンバーの後年をリアルタイムで観続けられる(観終えた)。
これは未来生まれるファンには味わうことの出来ないものと、その幸福を今改めてしみじみ噛み締めている。

私が意識し出したとき、存命であったメンバー4名の中で一番馴染み深く、親しんでいたのは谷啓。
植木等は別格大本尊の無責任大明神だが、リアルタイムでの植木等となると大御所化し、おいそれと手の届かない位置にいた。
最期までダンディではあったが、老いの疲れからか気難しさも感じていた。
だからこそ背筋が伸びる存在というべきか、ドラマで観る植木等は凄みすら感じ、惹き付けられた。
軽妙なイメージは再放送で観るドラマ「名古屋嫁入り物語」と、アニメの主題歌「針切じいさんのロケン・ロール」ぐらい。
(もっとも、老いの疲れ、これは闘病が影響していたと判ったのは亡くなる数年前だったが・・・)

谷啓はというと大ベテランでありながら、今更そんな・・・と思うような番組へも出て『愛してタムレ』を歌い、バラエティ「笑う犬の冒険」には堂々レギュラーで出演していた。
ドラマや映画で見る演技も、重くなくフワッとしていて心地良い感じを受けた。

私の中では対照的な存在だった二人、でもかけがいの無い、本当に大好きな人たち。

中学時代、狂ったようにすがりつくように、クレイジーキャッツを観続けた、聴き続けた。
同世代が心のよりどころを求めて、例えばGLAYや宇多田ヒカルや浜崎あゆみの歌を聴き、詩に涙し、曲に感動したのと同様に、自分は青島幸男や塚田茂の詩に笑い、ときに泣き、萩原哲晶や宮川泰の音楽にノセられ、ときに鼓舞されている気分になり、植木等や谷啓の歌声に心癒され、ときに笑顔へとさせてくれた。
あの頃の荒みに荒んだ心に沁みたのは周囲の愛情や気遣い、友達付き合いではなく、クレイジーの歌でありメンバーの顔だった。

♪タムレ タムレ 愛してタムレ・・・
♪頭は悪いし 金もない だけどいつでも幸せさ
♪ヘンチョコリンなヘンテコリンな娘
♪ビロ~ン あんた誰?

植木等の歌声は言うまでもないが、谷啓の歌声にも惹かれた。谷啓のパートになると転調するのがたまらなく好きだった。
映画『クレージーだよ奇想天外』だったろうか、植木等と歌へ当て振りする「それはないでショ」のたまらないオカシサ。

『笑う犬』ではサングラスをかけ、自身のバンドのスーパーマーケットを引き連れ、ビシッとキメた格好で若手を紹介する谷啓。
あまり好きな番組ではなく熱心にはまるで見てなかったが、テレビ創世記からの大ベテランが当時の人気タレントと一緒に番組へ出ている嬉しさったら無かった。
だから、谷啓が確実に出ているOPだけはちゃんと観た。

谷啓といえばトロンボーン。
トロンボーンを吹くときになるとフッと見せる顔に本職はこっちだといつも思った。

整髪材のCMで若手芸人に交じって、ガチョーンと出てきたときも「またガチョーンやらせているよ」と苦笑しながらも、やはりどこかにおかしさがあるのはさすがだった。

「こんばんは、クレイジーキャッツの谷啓です」という、まったくなんてことの無い台詞がツボにハマって、モノマネをしているうちにまばたきし過ぎるクセがつきそうになって
「これじゃ石原慎太郎になってしまう。ヤダな」とあわてて直そうとするも、さらに悪化してしまい、どうしようとショックを受けたこともあった。

「ハマザキ君」
「ハマサキです」
このやりとりをやりたくて、浜崎姓の人と仲良くなりたがったが、同姓はついぞ今まで知り合っていない。

・・・思い出していけばキリが無いのでいい加減にこの辺で止める。

あの植木等がいない。
あの谷啓がいない。
例えは悪いが、ヘタな親類に逝かれるよりずっと哀しみは深い。

植木等が亡くなる数年前、NHKで植木のドキュメンタリーが放送された。
題名は「植木等 夢を食べ続けた男」 。
谷啓ならば、「夢を追い続けた男」だろうか、いや「虹を渡ってきた男」だろうか。

優しさの塊で、頼まれたらNOと言えなくて、テレ屋で、恥ずかしがり屋で、そのくせ目立ちたがり屋でオカシイことが大好きで、音楽が大好きで・・・

最晩年は本当に夢うつつを行ったり来たりしながら生きる人となっていた、と知ったとき衝撃で崩れ落ちた。

でも、その夢うつつの世界を行ったり来たりしているとき、植木等やハナ肇、青島幸男、宮川泰らに逢っていたのかもしれない。
逝く前に逢う方法を誰かが授けたのだろうか。
突然の死も、きっと仲間に呼ばれてあわてて気躓いてしまった粗忽なのだろう。

奇しくも倒れた日はハナ肇の命日、逝った病院まで一緒と来ている。
クレイジーのメンバーや青島幸男、宮川泰、萩原哲晶、渡辺晋ら仲間が「谷啓バカだな、何もそんな人騒がせなこっちへの来かたはないだろ」
と今頃苦笑しながら迎えているのだろう。

そう思って、気を取り直している。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2010-09-12 16:49 | 歌・唄・うた | Comments(0)