年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

戦後50年とシャンソン 高英男

先日、高英男さんが出演した「題名のない音楽会」を観る機会に恵まれた。
自分の備忘録と、貴重な番組情報の記録を兼ねてここに感想などを記してみたい。

1995年7月16日放送「戦後50年とシャンソン」。
「題名~」の司会の黛敏郎は高英男と同時期にフランス留学していたことから親交を結び、ウン10年来の付き合いのある方。
黛はクラシック畑の作曲家ですが、日本劇場等の舞台音楽や映画音楽も多く手掛けるなど、音楽に関する造詣は大変深く、シャンソンにも通じ、高英男に限らず、石井好子、深緑夏代・・・と名高い日本のシャンソン歌手と仕事をし、「題名~」でもその人脈は大いに生かされていたという。

戦後50年のこの1995年、「題名~」では「戦後50年と××」と称した、戦後流行した音楽を振り返る企画が放送された。
ジャズ、シャンソン、歌謡曲と3回に渡った中の2回目に当たるのがこの回。

黛敏郎の談によれば
戦後50年史のジャズの回が好評で、ではシャンソン編を・・・と思ったとき、誰が良いだろうと考えたが、この人をおいて他にいない
となったのが高英男だったという。女性では石井好子がいるが、今回は高英男ひとりで、と。

※なおジャズ編のゲストは笈田敏夫だったと思う。
この歌手もCDが殆ど無く、日本ジャズボーカルの頂点とまで言われた、あの歌声が容易に聴けないのは異常事態だ。何とかして欲しいものである。

前書きはこの辺にして、本編について書いていこう。

歌:高 英男
司会:黛 敏郎
指揮、ピアノ:福田一雄
演奏:東京交響楽団、新音楽協会、
アコーディオン:江森 登
コーラス:東京混声合唱団

オープニングを飾るのは
1「ロマンス Romance」
(訳詩:中原淳一、作詩:H.Plante、作曲:Joseph Kosma)

1953年、高英男のレコードデビュー曲にしてヒット曲。
♪友よ聞き給え、この愛の歌・・・
という歌い出しであることも手伝い、高英男のワンマンショウなど舞台の1曲目はこの歌であることが多かったという。
近年NHK-BS2やスカパーe2のチャンネル銀河において再放送された「ビッグショー 高英男 わが夢は雪の彼方に」(976年12月26日放送)
でもオープニングはこの歌。

歌を終えて黛による演奏者及び曲名紹介、笑顔で握手を交わす黛と高。
舞台上に容易された椅子に座り、話を始める二人。
懐かしい旧友との舞台、黛は上機嫌。

1951年のフランス留学の想い出へ。高と中原淳一に少し遅れて黛もパリへ。
モンマルトルのクラブ出演のオーディションに出ることになった高、黛へピアノ伴奏を頼んだ。
「何歌ったか・・・僕、覚えていますよ(笑いながら)」
「いやー・・・何でした?」
「蘇州夜曲(笑いながら)、アハハ・・・」
自分は日本人、東洋人だから、この歌がこの歌が1番(あちらの人に)分かりが良く、仏語詩も付いていたこともあり歌ったという。
そのフランス語の詩で歌の出だしを口ずさむ高。会場拍手。

これが聴かせる。76歳でこの歌声である、30代当時の伸びやかな歌声ならばどれだけ良かったか、容易に察することが出来た。

「高さんがオーディション行く時にね、中原淳一さんが、紫の着物着せて。それに(タバコの)銀紙で紋貼り付けたの」
紋のほかにも、三日月や桜の花などの形も切って貼ったそう。
余程面白く忘れられない話らしく、笑顔で話す黛。

そして、その話から黛は、高を日本では珍しいシャンソン・ファンタジストの歌い手であることを指摘。「高さんの最も高さんらしい歌」と紹介し

2「幸福を売る男(Le marchand de bonheur)」
(訳詩:戸田邦雄 作詩:J.Broussolle 作曲:J.P.Calvet)

コーラスグループ・シャンソンの友が歌い、1959年から60年にかけてヒットした明るい曲調のシャンソン。
日本では高英男のほか
越路吹雪(訳詩:岩谷時子)、芦野宏(訳詩:薩摩忠)などの歌唱も知られているほか、宝塚歌劇団においても歌われている。
戸田邦雄とはフランスで歌手活動を行っている頃に知己を得て、訳詩をお願いしたという。
現在入手出来るCDやレコードでは聴けないが、この歌の間奏部分で笑いと励ましを交えたトークを行うのが定番であり、ここでも
「皆さん、お元気でしょうね?
まあこの頃近頃いろんな嫌なことばかりありますんですけど、皆さんのその朗らかな気持ちでそんなことを忘れて、これからも笑いながら暮らして参りましょう。
笑うのが一番良いんそうでございます。笑って笑って嫌なことを吹き飛ばしましょう。
♪笑って暮らそう 泣いちゃいけない 楽しく暮らそう
なんて歌って、もう僕も80(歳)近くなりました」

と、高英男一流の飄々としたトークを展開し、会場のムードを温かい笑いへ変えている。

続いて、シャンソン・リテレール。
フランスでは名だたる文人がシャンソンを書いている。
そんな文学的シャンソンの最たる例は私はこの歌だと思うと黛。

3「枯葉(Les Feuilles mortes)」
(訳詩:中原淳一 作詩:Jacques Prevert 作曲:Joseph Kosma)

ジャズナンバーとしても名高い、世界的スタンダードナンバー。
♪枯葉よ・・・の訳詩と共に高英男のヒット曲として知られた。
高英男といえば、枯葉、ロマンス、雪の降る街を・・・と上げて差し支えない代名詞的歌でもある。

「いろんな枯葉があります。イヴ・モンタンの枯葉も良いし、ジュリエット・グレコの枯葉も良いけれども高さんの枯葉はまた捨て難い独得の味がありますね。これが芸というものであり年輪であると本当につくづく思います」
黛敏郎のこの言葉だけで、この番組の存在意義があると思うし、黛の見識の確かさを私は感じる。

次は
シャンソン・ド・シャルム(魅惑のシャンソン)、シャソン・ド・サンチマンタル(感傷的シャンソン)の代表的曲の中から
高英男のレパートリーの中でも欠かせぬ1曲
4「モンマルトルの丘(Complainte de la Butte)」
(訳詩:中原淳一 作詩:Jean Renoir 作曲:Georges Van Parys)

あらゆる面から高英男を語るのに欠かせぬのが中原淳一である。
中原は多彩な顔を持っているが、高と組んだシャンソンの訳詩(作詩)も忘れてはならないと思う。

「戦後50年、これこそシャンソンという歌は何だろうということになって期せずして高さんと一致したのがこの歌でした」
「丁度僕ね、恋の熱烈な歌を歌う季節になりました」
と披露されたのが
5「愛の讃歌(Hymne a l'amour)」
(訳詩:中原淳一 作詩:Edith Piaf 作曲:Margueritt Monnot)

説明不要の世界的スタンダードナンバー。
この歌で番組は〆。

ダミア、「枯葉」作曲のジョセフ・コスマ、「愛の讃歌」作曲のマルグリット・モノー・・・
シャンソンの歴史を作った第一人者たちと交流があり、また自身もフランスで歌い活躍をしていた高英男。

「あなたのような人は貴重だ」と黛が番組内で話していたが確かにその通り。歴史を背負っている人であり、確かな芸がある。
声楽を基礎から修めた土壌がある確かな歌唱力、大舞台を満員にしたパーソナリティ、一流の話術、ビジュアル面・・・・。

何より観ていて楽しいのだ。「幸福を売る男」そのもの。
魅せて聴かせて楽しませて・・・決して媚を売るわけじゃなく品格が存在する。
トークはどこか飄々とした可笑しさがあって、その中にさらっと含羞のあることを盛り込む。
・・・こんなタイプの歌い手、他に知らない。唯一無二の歌い手だ。

大衆芸人でありたいと生前語っていた高英男。
庶民的、大衆的なものは日本では評価され難い。
だが、敢えてそういう道を辿り、シャンソンを歌い続けたということはひとつの見識であり、真似できない偉業だろう。私は忘れたくないし、忘れられてはいけない人だと思う。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-01-31 07:52 | テレビ | Comments(0)

再放送予定のおしらせ「ふたりのビッグショー 石井好子&美輪明宏」

NHK-BS2の「蔵出し劇場」(水・PM6:00)にて、
「ふたりのビッグショー 石井好子&美輪明宏」(1995年放送)
が2月16日に再放送される予定だという。

差し替えなど放送休止も多く、やや流動的な枠なので無事再放送されるかどうかはまだ若干不安があるものの、近くなったらまた改めてブログ記事化の予定。

スカパーの歌謡ポップスチャンネルでは昨年既に再放送が行われ、NHKオンデマンドでも配信されている、番組史に残る好評回のひとつ。

何しろ石井好子と美輪明宏というシャンソン畑から出た日本屈指の歌手(という言葉だけでは二人ともくくれない人たちなのだが)の夢の競演。
美輪が1992年に持病のびまん性汎細気管支炎を完治させ体力面の不安が無くなり演劇活動を再開し再び売れっ子になって以降、様々な事情から石井と同じステージに立つことが無くなり、この収録が久しぶりの競演であり、おそらく最後の競演となったのでは、と思われる。
貴重かつ歴史的回、と言っても差し支えないのかもしれない。

「ふたりのビッグショー」は好敵手同士、同世代歌手の組み合わせから意表を突く組み合わせまで非常に幅広い人選で10年間放送されたNHKの人気音楽番組であり、10回近く出演している歌手もいたが、石井好子、美輪明宏ともにこの回限りの登場。

これはあくまで私個人の想いだが
石井好子だったら
深緑夏代と「華麗に重厚に、魅せます聴かせます、今おんな盛り。2人合わせて150歳」
高英男または芦野宏と「戦後50年、シャンソンと共に。本場フランスの香りをあなたに」
とでも銘打った回が、

また美輪明宏だったら、
水谷良重(二代目水谷八重子)と「歌う女優二人!?おんなの人生魅せます、歌います」
高英男と「元祖ビジュアル系!?永遠の若さの秘訣おしえます」

…というような「ふたりのビッグショー」を観てみたかった。
石井にしても、美輪にしても、勝手に想像した高や芦野、深緑、水谷…みんなピン活動またはオールスター形式の競演で、歌い手2人でのタッグマッチ形式での競演はあまり無かっただけに。

話を戻す。
この回を視聴した知人によれば
「美輪の『老女優は去りゆく』、石井の『愛の讃歌』は一見の価値あり。名唱名演」
「石井好子と美輪明宏のトークはトップクラスの大御所ならではの、大人の応対の中に秘めたプライドのぶつかりあいを感じる」
ということを感じたという。

この感想を聞き、観る前から、私は手に汗握っている。
1か月前に知っただけでこの精神状態、果たして再放送当日はどうなってしまうのだろうか。

何はともあれ非常に楽しみである。
無事再放送されることを祈りばかり。

e0134486_132010100.jpg


「ふたりのビッグショー 石井好子&美輪明宏」
(1995年7月3日放送)
会場:NHKホール(東京)
音楽:栗田信生
演奏:岩間南平グループ
構成作家:関秀章
出演:石井好子、美輪明宏
曲目:「巴里祭」「メケ・メケ」「「聞かせてよ愛の言葉を」「枯葉」「待ちましょう」「ドミノ」「バラ色の人生」「老女優は去りゆく」「人の気も知らないで」「愛の讃歌」ほか
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-01-26 13:20 | テレビ | Comments(0)

かもめと「私の来た道」

私が初めて聴いた石井好子の歌は「かもめ」(Les Goelands)という歌だ。
両手を広げ、堂々たる貫禄で、語るように叫ぶように歌う石井好子の姿もさることながら歌の内容もまたインパクトがあった。

遠い海原で命を失くした水夫は
袋に入れられ さかまく波間に流される
(中略)
水夫の魂は かもめとひとつにとけ合い
はてない海原 あちらこちらと飛びまわる
だからかもめを殺してはいけない
なぜなら かもめは死んだ水夫の魂だから

(訳:薩摩忠)

やや古風な訳詩だが、それがまた独得の風情を醸し出していて、
今まで観たことも聴いたことも無い歌の内容に呆然としたことをよく覚えている。

以後、石井好子=かもめ、かもめ=石井好子、という図式が脳裏に刻み込まれている。
他の人が歌う「かもめ」も聴く機会があったが、石井好子のそれとはまるで別曲のようで、どこか物足りなさを感じてしまった。

数日前、石井好子歌手生活45周年記念CDアルバム「私の来た道―シャンソン」(1990年)を入手し、久しぶりに石井の「かもめ」と再会する機会を得た。

e0134486_22382919.jpg


やはり屈指の名唱だ。
記憶の美化でも何でも無い。

だが、石井好子の「かもめ」はもっと良かったはずという想いもある。
このアルバムに収められた「かもめ」は亡くなる約20年前の録音。
この歌に限らず、例えば「人の気も知らないで」は、他にアルバム「私は私」(1999年)にも収録されているが、後年の吹込の方が迫ってくるものがある。
この「私の来た道」での録音が悪い訳では無い。歌い手としての技量が上がっているのだ。

永瀧達治の解説によれば、石井は「有終の美を飾りたい」と、このアルバム制作の頃からさらに変わっていったという。
また「石井好子という歌手による『シャンソンの歴史』と『有終の美』はまだまだこれから作られるに違いない」とも書かれている。
納得だ。
このアルバムから20年、確かに石井はさらに凄みを増していた。
記憶や、僅かながら遺しておいた録画テープなどからも判る。

それにしても、このアルバム発売時で既に石井は68歳だ。日本の歌手ならばそれから20年という歳月だと、言葉は悪いが堕ち行く一方だと思う。年を重ねることや老いを逆手に取って、プラスへと転じていったということは、シャンソンというジャンルだからということはあると思うが、並大抵のことでは無いはず。

石井好子という歌い手が、どれだけ凄い歌い手なのか、おぼろげながら、僅かながら判ったような気がした。そのおぼろげ、僅かをもっとしっかりとハッキリさせたい。
そのためにも、石井好子についてさらに知りたい・観たい・聴いてみたい。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-01-21 22:41 | CD視聴感想 | Comments(4)

山下敬二郎の想い出

e0134486_7464318.jpg


山下敬二郎が亡くなった。
71歳没。

昭和30年代のロカビリーブームで一世を風靡し、ミッキー・カーチス、平尾昌章(現:昌晃)と共にロカビリー三人男と称された歌手。

若い頃は色悪な感じの人が、後年はスリムな体型そのままに父親譲りの頭髪となり、ミイラ・・・もとい仙人(久米の・・・)のような風貌となっていたが、こういうタイプはかえって長生きするのでは、と勝手に思っていただけに驚きだ。

♪君は僕より年上と周りの人はいうけれど
何ってたって構わない 君は僕に首ったけ

名刺代わりというのか、
山敬=というのか
残酷な言い方をすれば一発屋といういうのか
歌番組に出るとほぼ必ず歌ったのが「ダイアナ」

アメリカのポール・アンカのヒット曲で、私が時折行く飲食店ではBGMはアメリカの50S、60Sのビートルズ以前のオールディーズ音楽が延々流れていて、この唄を耳にすることも多いが、私の中ではやはりこれは山下敬二郎の歌というイメージが強く、イントロが流れると日本語詩が口について出てくる。

初めて山敬の「ダイアナ」を聴いたのはいつだったのだろうか。
記憶が妖しいが、確か中学3年だった。
初期の東芝音源独得な、ポップなサウンドの後に流れる山敬の歌声の若さと
情熱に溢れた歌声に一度でコロリとイカれてしまったことを覚えている。

当時、山敬の歌はあまり復刻もされていないし(これは今もだろう)、CDも見当たらなかったし、他にも興味のあるものがいっぱいあったので、山敬のことはそれ以上追いかけなかった。だから、どの程度録音を遺していたのかも、よく知らない。

それでも名前は脳裏に刻んでおいたので、テレビ出演は数度観ることが出来た。
初めて山敬をテレビで見たとき。
若い頃の写真と歌声だけしか知らない私、どれどれ・・・とテレビのチャンネルを合わせると、トリガラのようなヒョロヒョロしたオジサンが出てきたのには番組を一瞬間違えたのかと思った。

でも、それはそれで良かったのだから面白い。
歌は若い頃とは違う印象になっていたが、独得の味わいがあって、本人は「ロートルだから、古い歌、ロカビリーとかしか歌えない」と言っていたが、ただ懐メロを歌っているのではなく、実は今現在の魅力で勝負している人だったように思える。
あの風貌を逆手に取ったトークは、低迷期の間に練り上げられたのか一流の話芸と化していて、柳家金語楼のDNAが生きていた。
(4、5人いた夫人の中のひとりの子どもで、金語楼とは関わりが薄かったそうだが)
あと、時々・・・歌っているときが大半だが、ふっと艶っぽい顔が覗くときがあり、男ながらにゾッとさせられたことがある。
なるほど、これは何度も結婚を繰り返したり、ジゴロ・ヒモが出来る訳だ、と。そのとき、やっと納得出来たのだった。

今から数年前、横浜の音楽イベントで山下敬二郎を観た。
雪村いづみ、ウイリー沖山、弘田三枝子・・・と濃い顔ぶれが集まっていたが、山敬のステージもひときわ印象深いものだった。

「俺ももうじき御陀仏さんだ、くたびれたよ」
と言いながら「アイツラも長くねえ」と平尾昌晃やミッキーカーチスをネタにし「自分は数年後の××でのコンサートの予定が決まっているから、それまでは生きる。後は知らねえ、だから生きているうちに観に来い」
など、客席の笑いをしっかりとり、
「年とって、再婚して子ども出来たから、いつまで生きられるかわからない。だから俺は母ちゃんや子どももみんな連れてきているんだ。駄目だっていう人もいるが、この年だ。もう構わねえ。おーい母ちゃん」
と何度目かに結婚した、20歳以上年の離れた夫人(これがなかなかスタイルもバツグンな美人。このあたりも血は争えない)を呼び、デュエット。
夫人も歌手なので、歌に問題は無い。
笑いと宣伝を交えながら、楽しい、キチンとしたレベルのステージになっていた。

あのイベントは、前述した人のほかにも多種多彩なな歌手が出ていたが、歌の巧さはウイリー沖山、楽しさという点では山敬のステージがピカ一だった。
(余談だが、ウイリー沖山は山敬の歌の師匠である)

亡くなってみるとその人の大きさが判る、というが、山敬の死は一人のかけがいのない良い芸人を喪ったように思える。71歳の死はいささか早い。

そういえば、父の柳家金語楼も同じような年齢で亡くなったはず。
二人とも死の直前まで現役だった。
よくよく因縁深い親子なのだろう。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-01-06 07:33 | 歌・唄・うた | Comments(1)