年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40
函館のシト さま ..
by てんてこ舞い at 13:47

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

お気に入りブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「歌江草紙 唄の旅」

正司歌江「歌江草紙 唄の旅(うたえざうし うたのたび)
(MR-1003 ミソラレコード) 税込2,100円


e0134486_3133711.jpg


オフノートのレーベルの1つである『ミソラレコード』では、
上方藝能ルネサンス(一名「てなもんや藝能バラエティ」)
という企画で、数年かけて20作品を製作していくという。

このCDは宮川左近ショウ、芙蓉軒麗花に続く第3弾企画に当たるもので
人気音曲漫才トリオ・かしまし娘のリーダーで長女の正司歌江が単独で
ローオンレコードへ録音した民謡・俗謡・俗曲20数曲を復刻。
加えて、歌江の芸の師匠格・兄貴分であった音曲漫才コンビの都上英二・東喜美江
の漫才を2演目をボーナストラック的かたちで収録している。

このアルバムはミソラレコードだから出せた、奇跡的1枚のひとつに間違いない。
間違いなく貴重な資料的な音源であるが、他社では音質面や採算性から却下されかねない。
"売れるとか売れないは関係なく、古い音源はちょっとでも出しといたらいい"
(本CD掲載の澤田隆治の発言より)
という、上方藝能ルネサンス(一名「てなもんや藝能バラエティ」)の姿勢無しには絶対成り立たなかっただろう。

哀しいことに収められた正司歌江の歌は、昭和40年代の録音なのにも関わらず状態があまり宜しくないのだ。
勘違いされては困るのだが、その歌声自体は良いのだ。
さすが、かしまし娘で一世を風靡した芸人だけあって、漫才の間にチラチラ歌うのではなく、バンドをバックにして唄っても充分耐え得る、そして魅力を出している。
アレンジも、林伊佐緒、江利チエミ、小林旭・・・などがかつて手掛けた日本の民謡・俗謡・俗曲を洋楽風に味付けする、いわゆる"ジャズ民謡"の路線で、気軽に聴くことが出来るし、なかなか面白い仕上がりになっている。
それだけに、収録音源の状態の悪さが残念でならない。

ブックレットに掲載された正司と澤田隆治の対談では、"70年代後半頃"(の発売)となっているが、
歌声の若さから考えて、(発売はともかく)録音はもう少し前では無いかと思われる。
いくら関西のローカルレコード会社でも、この音質で商品化されていたとはさすがに信じがたいし、またローオンではステレオ録音がされていなかった訳では勿論無い。
これは推測だが、このCDのマスターとなったマザーテープは、参考用か個人的な視聴用に性能の良くないカセットデッキで(モノラルで)テープに落としたものなのでは無いだろうか。
そうであればこの音質に納得がいくのだが・・・。

ところで、同じ対談での澤田の発言及び河内菊水丸の寄稿文で、このCDの原点とされている
カセットテープ「歌江の民謡のすべて」(PR-220)の曲目と比べるとCDの方が若干曲数が多い。
単に没テイクとなった曲が奇跡的に保管されていたのか、はたまた「歌江の民謡のすべて」は後の編集版で、実は大元の、別のカセット(またはレコード)が存在するのだろうか。

なぜ、こうも謎になってしまったかというと、ローオンレコードは80年代半ばすぎに倒産して、資料の殆どが散逸してしまっているからだ。
現存するレコード会社でも自社の過去のラインナップを把握することは難しいから、なおさらである。
ただ、幸運なことにマスターのテープなどだけは遺っていて、それらは現在は澤田隆治が管理して、各社でソフト化を行っている。

(このいきさつについてはミソラレコード第1弾アルバム「That's 浪曲ショー!!! 宮川左近ショー」の解説で澤田自ら明かしている。詳しく知りたい方は、そちらを参考にして欲しい)

私はこれが解説も何もなく、ただ歌だけのCDだったら、正司の歌声や編曲・演奏が、一定レベル以上のものだけに音源の状態の悪さでおそらく憤慨していると思う。

だが、河内菊水丸と澤田隆治の文章、澤田と正司歌江の対談、そして都上英二・東喜美江の漫才音源(ライヴ録音)の存在はその状態の悪さをカバーして余りある。
いや、むしろ多少状態が悪かろうと、後世への貴重な資料だからとソフト化に踏み切ったその姿勢を大いに褒め讃えたい。

都上・東は年代は不明だが、CDを聴く限りではどうも放送のエアチェック録音ではなく、会場でテープを回したものでは無いのだろうか。
音源データについては一切載っていなかったが、こちらも気になる。ハッキリ言えば、正司の歌以上に貴重なソフト化だ。

最後にもうひとつ。
掲載されている対談の中で、ローオンにかしまし娘として漫才のレコードも収録しているはず、という正司の発言が非常に気になった。
叶うならば、この音源も含め、ミソラレコードでかしまし娘単独のCDアルバムも製作して欲しい。
これは強く、激しく、熱望する。
あれだけ一世を風靡した漫才トリオである、かしまし娘の単独ソフトが一つも存在しないというのは由々しき事態だ。
早急に、メンバー3人が元気なうちに、何とかして頂きたい。無理な願いなのだろうか。

歌江草紙 唄の旅(うたえざうし うたのたび)
(MR-1003 ミソラレコード) 税込2,100円

01:木遣くずし(端唄)
02:三階節(新潟・柏崎民謡)
03:新相馬節(福島・相馬民謡)
04:大漁節(千葉・銚子民謡)
05:鹿児島小原節(鹿児島民謡)
06:下津井節(岡山・倉敷児島民謡)
07:五木の子守唄(熊本民謡)
08:秩父音頭(埼玉民謡)
09:ドンパン節(秋田・中仙民謡)
10:奴さん(端唄・江戸)
11:歌江のどど逸(端唄/俗曲)
12:秋田おばこ(秋田・大仙大曲民謡)
13:稗搗(ひえつき)節(宮崎・椎葉民謡)
14:串本節(和歌山民謡)
15:米山甚句新潟・柏崎民謡)
16:木曽節(長野民謡)
17:深川節(端唄/俗曲・江戸)
18:おてもやん(熊本民謡)
19:佐渡おけさ(新潟・佐渡民謡)
20:だんちょね節(神奈川・三浦民謡)
21:南部牛追い唄(岩手・沢内民謡)
22:山中節(石川民謡)
23:青柳(端唄/俗曲・江戸)
24:ちゃっきり節(静岡民謡・新民謡)
25:貝殻節(鳥取・気高民謡)
26:十日町小唄(新潟民謡・新民謡)
Bonus Track
27:漫才「歌の旅」(都上英二・東喜美江/初代)
28:漫才「お笑い仲乗り新三」(都上英二・東喜美江/初代)
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-08-05 03:29 | CD視聴感想 | Comments(2)

芙蓉軒麗花「テケレッツノパ」視聴感想(Disk2)

芙蓉軒麗花「テケレッツノパ」ミソラレコード(税込3,675円/MR-1002)

こちらは歌+浪曲という歌謡浪曲(歌は浪曲に関連する民謡・俗謡)が4曲収められている。
意図的か偶然かは定かではないが、どの演目も九州が舞台。
水を得た魚のように、浪曲師・芙蓉軒麗花の実力が遺憾なく発揮。
曲師(三味線伴奏)は中川加奈女。中川の演奏も三味の音が時に艶やかに時に激しく鋭く、またある時には哀しく淋しく…と
実に光っている。良き浪曲師とは、良き曲師があってこそなのだということが身に沁みて実感する。
叶うならば、麗花の浪曲をまとめた続編CDアルバムの製作・発売も期待したい。


e0134486_8536100.jpg


01)稗搗物語
原作脚色:檜垣十九三

昭和28年録音。
歌は「ひえつき節」(宮崎県民謡)が歌われている。
この背景にある「那須大八(郎)と鶴富姫」の悲恋を歌謡浪曲化。
まだレコードの最大録音時間が短く、浪曲などの演目をレコード化する場合は裏表さらに数枚に分けての収録。
それでもせいぜい12~15分程度、ということで、たっぷりとはいかず、やや端折り気味となっているが、なかなかどうして格調高く、ツボを抑えた要約となっていて、聴いていてしっかりと楽しめる。
もし、これが舞台ならば・・・と考えるとたまらない。

(あらすじ)
壇ノ浦の戦いで滅亡した平家。
那須与一の弟である那須大八はその落人追討を、自ら鎌倉の源頼朝から勝手出て、九州は日向国の奥地・椎葉までやって来る。
しかし、そこで出逢った落人たちのつつましい暮らしに胸を打たれ、敵意・戦意を喪失し、追討を行ったと偽りの報告を行う。
やがて平家の鶴富姫と恋に落ち、永住の意思を固め、以後5年幸福な日々が続くも、ある日鎌倉から書状が届く。
「即時帰参せよ。帰参せぬ場合は山中の者を残らず殺戮すると同時に親族郎党一切も謀叛人として同罪に扱う」
泣く泣く、村を離れることにする大八。
身籠っていた鶴富姫に「男ならば我が本国下野へ、女ならば我らの恋形見としてここで・・・」と言い残す。
やがて生まれた子供は女。鶴富姫は帰らぬ人への思いを胸に抱き、その娘を大事に育て上げる。



02)五木の子守唄
作脚色:村田吉三郎

昭和29-30年ごろ録音。
歌は「五木の子守唄」(熊本県民謡)が歌われている。
哀しき親子の別れを「五木の子守唄」に絡めて、浪曲化。
聴衆の涙をたっぷり絞る悲話なだけに、臭く演じようとすればいくらでも出来るだろうが、そうせず、それでいてしっかり聴かせる。
そこに、麗花の演者としての確かな実力と藝の品格が現れているように思う。

(あらすじ)
知らぬ他国へ、年貢の身代わりに年季奉公へ出されたおみよ。
幼い身に沁みる淋しさ、いつか覚えて口ずさむは「五木の子守唄」
ある日、ひと目みたさに、とこっそり別れた父が姿を現す。
「もうこんなところへ居たくない。子守、子守といじめられる・・・」
堪え切れずに胸のうちを吐露するおみよ。
「奉公も今度の盆までだ、そのときにはわしも帰る」
「お父も旅へ出るのかえ」
「行きたくなくても、行かねばならぬ旅じゃ」
と、またおみよの許から去る父。
・・・父は肺病に冒された身。死ぬ前にひと目、娘の姿をと訪れたのだった
本当のことは言えぬまま別れるが堪忍しておくれ、と心で詫びる父。
遠くから聞こえてくるのは、おみよが口ずさむ「五木の子守唄」・・・



03)黒田節
作:左文字雄策 脚色:房前智光

昭和30年録音。
歌は「黒田節」(福岡県民謡)が歌われている。
この「黒田節」は福島正則と母里太兵衛とのやりとりから生まれた民謡であるが、この歌謡浪曲では
福島と母里とのそれではなく、後日談的な名槍・日本号をめぐる母里と後藤又兵衛とのやりとりが取り上げられている。
ただし、言い伝えられている話とは若干アレンジが加えられ、恋の三角関係を取り入れた話に改作された。

(あらすじ)
酒席における名将福島正則との賭けに勝ち、福島が家宝とした名槍・日本号を賜った母里太兵衛。
筑前二十五万石にその名は広く知れ渡り、福岡城名物に上げられるまでになるが、その客分後藤又兵衛は納得しない。
太兵衛と又兵衛は、今は太兵衛の妻である小笹を争い、太兵衛は今後酒を一切断つという約束を又兵衛と交わし小笹と一緒になっていた。
黒田家の名誉のためだ、という周囲の取り成しも又兵衛の耳へ入らない。
「左様なまでに立腹ならば、太兵衛様の前にこの小笹をお斬り下さい」と懇願する小笹。
「ならば、日本号を貰い受ける。異存ないな」
「小笹殿に代わるものは無い、惜しい槍だが持って行け」
それから、しばらくした後に、豊臣秀吉の大号令による慶長の役へ出陣することとなった又兵衛。
太兵衛のもとへ暇乞いに訪れる。琴の音色と共に聴き慣れぬ歌声が聞こえる。
「あの歌声、琴の音は」、訪ねる又兵衛。
小笹が、又兵衛への手向けにと心を込めての披露という。
喜びに打ち震える又兵衛。
そして、暇乞い以外のもう一つの用を切り出す。
出陣に際して、かつて太兵衛から奪った日本号を返しに来たのだ。
「天下広しといえど、この槍を使いこなす者は母里太兵衛を置いて他に無い。この槍を、そして小笹殿を頼む」
三者それぞれ感慨無量。
やがて又兵衛が口を開く。
「今生の想い出に習い覚えたひと節を歌に遺して参りたい。小笹殿、お相手下さるか」


※原盤(テープ)の状態が悪いのだろう、やや音が歪んでいる。


04)おてもやん
作脚色:村田吉三郎

昭和29年録音。
歌は「おてもやん」(熊本県民謡)が歌われている。
この作品は、他の作品と違い、浪曲の体裁こそ採っているがメロドラマである。
戦前から戦後にかけてのメロドラマの骨格をよく踏まえた作品。
その時代性が、今聞けば新鮮であると同時に、日本人好みのラブストーリー・恋愛ドラマは今も昔も実は大差が無いのだな、ということも確認出来る。

(あらすじ)
舞台は熊本。かつては上流階級の令嬢だった鈴子は、今では門付芸人として民謡を歌いながら、幼い兄妹3人を養っている。
周囲からの冷たい仕打ちに耐えながら必死に生きる鈴子のもとに、ある日お座敷の口がかかる。
それは何と、かつての婚約者で今は東京で実業家として成功を収めた杉村の姿だった。
落魄した身を見世物としてさらすことにこらえきれず、その場から逃げ出し、飲み屋の女将から叱責を受け、人としての矜持を取り戻す。
帰り路、お座敷に居合わせた杉村の友人で鈴子とも顔見知りの徳松と出会う。鈴子へ数年来恋慕の念を持っていた徳松、ついに愛の告白。
「もう少しの辛抱だ、必ず俺が・・・」
その言葉の嬉しさ…未来への希望を胸に、鈴子は徳松の前で歌い始める。歌は勿論十八番の「おてもやん」


※原盤(テープ)の状態が悪いのだろう、だいぶ音が歪んでいる。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-08-04 08:51 | CD視聴感想 | Comments(0)

芙蓉軒麗花「テケレッツノパ」視聴感想(Disk1)

芙蓉軒麗花「テケレッツノパ」ミソラレコード(税込3,675円/MR-1002)

何度か聴いて気が付いたが、ここに収められた歌は、様々な歌、歴史上の出来事、浪曲演目、民謡、俗謡などのパッチワークやパロディ
によって成り立っている。これらの歌が作られた半世紀以上前なら、何の注訳なしで通じたことが今日では意味が判らなくなっている
ことが多くあるように思う。
何も知らずも、語感や節回しの良さで楽しむことは勿論出来るが、参考のためにちょっと調べてながら感想を綴ってみた。
「これは実はこうなんだよ」と御存知の方があれば、教えて頂けると有難い。


e0134486_8371016.jpg



01)ろうきょく炭坑節 1956
作詞:明石寿恵吉 作編曲:北木正義

昭和31年6月発売。
B面は「磯ぶしチャッポ」。
芙蓉軒麗花、最大のヒット曲。
流行歌、だが、芸人の歌。
時代の仇花であると同時に、流行歌は歌手(またはスタア俳優)が歌うもので、芸人が歌うものはせいぜいコミックソングやパロディ物という暗黙の区分を取っ払った記念すべき作品のように思う。
もし、この歌が出ていなかったら、日本の歌謡界はどうなっていたのだろうか。

02)浪曲なんじゃらホイ 1956
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和31年11月発売。
A面は「浪曲ラッパ節」。
木曾節をベースに、旅つながりの演目ということで
1番:弥次喜多道中記、2番:森の石松、3番:お半長右衛門
が歌われている。
インパクトが強い
♪チンカラ ヘラヘラ ナンジャラホイ
という人を食ったようなお囃子は「木曾節」+童謡「犬のお芝居」+童謡「ちんから峠」なのだろうか。
見事なまでの「ろうきょく炭坑節」の二番煎じぶりは一種痛快さすら感じる。

03)ろうきょく草津節 1957
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和32年8月発売。
A面は「母恋鴉」。
草津節に、麗花の持つ節回しを絡めて改変した、いわば「麗花・草津くずし(くづし)」といえる作品。

04)浪曲おいらん節 1957
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和32年4月発売。
A面は「浪曲ノーエ節」。
複数の俗曲をベースに、題名どおり、浪曲の演題で花魁(遊女)が出てくるものを歌に仕立て上げた。
1番:玉菊灯篭、2番:権八小紫比翼塚、3番:紺屋高尾
がそれぞれ取り上げられている。
軽快で耳なじみの良い作品。

05)東海鴉 1958
作詞:村田吉三郎 作編曲:森明

昭和33年12月発売。
B面は芙蓉軒愛花の「煙突さん」。
手拍子ソング的要素がある、股旅歌謡。
麗花の、従来の流行歌から一段下へ降りてきて、皆で座を囲んで自慢の喉を披露する・・・というような情景が浮かぶ、大衆的な歌唱が心地よく、たまらない。これぞ、大衆芸能の力だろう。

06)母恋鴉 1957
作詞:明石寿恵吉 作編曲:北木正義

昭和32年8月発売。
B面は「ろうきょく草津節」。
「仲乗り新三」を題材とした浪曲テイスト溢れる股旅歌謡。

07)利根の渡し守 1957
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

民謡調の作品。
B面は芙蓉軒愛花の「出雲むすめ」。
茨城地方の田植唄、潮来音頭、潮来甚句、など民謡数曲がベースとなっている。
地方情緒溢れる、なかなか味わい深い出来に仕上がっている。

08)お花見どんたく 1959
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和34年5月発売。
A面は「浪曲マドロス」。
俗謡「博多どんたく」をベースに、
江戸時代からから明治時代の江戸(東京)に住む、恋愛関係にある若い男女の掛け合いを歌った作品。
1番:両国の花火 2番:七夕の織姫彦星伝説 3番:ハイカラさん
が、それぞれ題材になっている。
松竹の時代劇映画を彷彿とさせるアレンジが印象的。

09)浪曲ラッパ節 1956
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和31年11月発売。
「浪曲なんじゃらホイ」はB面。
大ヒットとなった「ろうきょく炭坑節」に続く第二弾。
しかし、曲の発想はどちらかといえば「ろうきょく~」よりも裏面の「磯ぶしチャッポ」のそれである。
「ラッパ節」をベースに、添田唖蝉坊の世相風刺の精神を上部に奉っているようだが、
ダイヤに目がくらむ・・・というのは、尾崎紅葉の「金色夜叉」。
明治と昭和を巧みに組み併せた喜劇仕立てのコミックソング。
それにしても、キュウシュウフクロウの啼く声をあらわす『ボロ着て奉公』を囃子言葉にしようと考えたのは誰なのだろうか。
一見語感の面白さだけのようなお囃子がストーリーに対し、暗示のように作用し、最後は落ちとして生きていて、実に効果的。

10)薔薇と飯場 1957
作詞:明石寿恵吉 作編曲:北木正義

昭和32年3月発売。
山で働く男の心境を歌った、大正演歌的な曲調の作品。
麗花の荒削りな歌唱と曲は合っているとは思えず、またミスマッチの妙と呼ぶには弱い。
残念ながら失敗作だと思う。
ただ、当時の流しの雰囲気とはこういうものであったのだろう、という時代の空気を秘めていて
その点においてはなかなか面白い作品ではある。

11)磯ぶしチャッポ 1956
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和31年6月発売。
「ろうきょく炭坑節」のB面曲。
茨城県民謡の「磯節」をベースに大胆にアレンジしたジャズ民謡。
歌の構成は半ば崩壊しているが、その崩壊ぶりも含めて異様な迫力となって迫ってくる。
ノリ優先な社会風刺、ラップ的な香りに調子の良い耳に残るお囃子、そして華やかな編曲。
伝統と現代が一体化していて、古びているようでまったく今に通じる曲。
サンプリングなどをして、曲をいじれば、トランスミュージックとしても通用するのではないか。
日本マーキュリーという半ローカルなレコード会社だから成し得たのだろう。
和菓子屋なり洋菓子屋による良質の菓子が普通の流行歌なら、こちらは駄菓子屋の駄菓子だ。
A面の囃子言葉は♪テケレッツノパだが、こちらは♪チャカチャカチャカチャカスッチャッタン。
裏面と侮れない破壊力を秘めている。
「ろうきょく炭坑節/磯ぶしチャッポ」という1枚は語り継がれるべき伝説の1枚のレコードだ。

※(11)から(20)まではSP盤からの復刻となっているらしいが、良い状態の音盤から丁寧な作業が成されたのだろう。
SP盤復刻でありがちなノイズまみれなものではなく、伴奏の隅々までよく聴こえる、クリアな音声で楽しむことが出来る。


12)「何と申しましょうか」うまいもんですね 1957
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和32年3月発売。
当時の人気野球解説者小西得郎の口癖をもとに、浪曲演目(高田馬場の決闘、曾我兄弟の仇討、弁慶の勧進帳)を野球用語と組みあせ、
俗謡の「どんどん節」をベースに曲をつけた、コミックソング。
さすがにこなれてきたのか「磯ぶしチャッポ」のような構成崩壊はなく、無難にまとめられている。
お囃子の♪ケロリットシャンシャン が耳に残る作品。
「磯ぶしチャッポ」とこの歌は、特に製作陣の遊び心をふんだんに感じるのだがどうだろうか。

13)浪曲ノーエ節 1957
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和32年4月発売。
B面は「浪曲おいらん節」。
俗謡「ノーエ節」を元に、浪曲演目などでおなじみのものを歌にしたもの。
1番:八百屋お七、2番:滝の白糸、3番:河内山宗俊 4番:紀伊国屋文左衛門
となっている(※「滝の白糸」=もとは泉鏡花の戯曲)。
構成はしっかりしているが、こじんまりとまとまりすぎて、最初の頃のようなパワーが失われている。

14)国定忠治 1957
15)金色夜叉 1957
16)月形半平太 1957
17)壺坂 1957
作:檜垣十九三

昭和32年6月発売。
レコードの組み合わせは、国定/金色、月形/壺坂というかたち。
「ろうきょく炭坑節」で歌われた浪曲の演目をダイジェスト的に演じ、その後ろに歌をはめ込んでいて、(14)は1番、(15)は2番、(16)は3番、(17)は4番、の歌が挿入という形式。歌はレコード音源をそのまま流している。
浪曲部分と、能天気といえなくもない歌の曲調がまったくかみ合っていないため、何ともチープな出来となってしまった。
一方、新たに吹き込まれている浪曲部分での麗花は絶品であり、本物の藝の力にあふれている。
時の流れによる箔もつき、結果なかなかどうして、捨てては置けない作品に仕上がっている。

18)浪曲マドロス 1959
作詞:村田吉三郎 作編曲:森明

昭和34年5月発売。
B面は「お花見どんたく」。
題名通り、浪曲のエッセンスを加えたマドロス歌謡。
美空ひばりの「三味線マドロス」と同系統。
歌唱の荒削りさが耳につくが、一方で力強さに溢れ、まるでひとつの浪曲演目のようでもある。
この歌(とB面の「お花見どんたく」)が日本マーキュリーでの最後のレコードとなった。

19)出雲むすめ 1957
作詞:村田吉三郎 作編曲:北木正義

昭和32年10月発売。
A面は芙蓉軒麗花の「利根の渡し守」。
安来節などをベースにした民謡調の流行歌の佳作。
この歌と「煙突さん」は、芙蓉軒麗花ではなく、その弟子である芙蓉軒愛花の歌唱。
師匠の麗花は見事なまでに芸人の歌だが、この愛花の歌唱は見事に(民謡系の)流行歌手のそれになっている。
愛花は浪曲出身の歌手に見受けられる自分の声の張りを曲よりも優先させるということがない。
これは異例中の異例だと思う。このこと一つでも彼女の才能・センスを感じる。
本格的に流行歌の世界へと足を踏み入れていたら、人気歌手となったに違いない。

20)煙突さん 1958
作詞:村田吉三郎 作編曲:森明

昭和33年12月発売。
A面は芙蓉軒麗花の「東海鴉」。
民謡調のマドロス歌謡。
愛花の流行歌吹き込みはどうもこの2曲で終わっているらしい。
その後、愛花は浪曲ショー(音曲漫才の一種)に転進し、愛花ショウを結成。
やがて中堅漫才コンビ「芙蓉愛花・松島洋子」として地位を築くも、76年に松島が舞台出演中に急逝。相方・島田洋之助が病で引退し、ひとりとなっていた今喜多代とコンビを組むもうまく行かずに80年引退。既に故人となっているのは確認できたが、子は無く夫も故人のため、没年は定かでは無いという。
まったく不運というのか、悲劇というのか、実力ある人なだけにこの末路には勿体無いと嘆きたくなる。もっとも、愛花の夫は東大阪市の市議だったというから、悲惨さもそこまで酷いものでは無いのだろうが・・・。
だが、嬉しい兆しもある。
(ミソラレコードの代表である)神谷一義が、愛花の浪曲ショウ音源やこの2曲などを交えたCDアルバム製作の意欲があることを本CDの解説で表明。権利関係その他、ハードルは多くしかも高いが、何とかそれらを乗り越えて、実現されることを心から祈る次第。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-08-03 08:50 | CD視聴感想 | Comments(0)

芙蓉軒麗花「テケレッツノパ」を聴いて

『本当ですか、芙蓉軒麗花のCDが出るだなんて!』
しかも、権利関係が複雑で復刻は難しいと聞く、日本マーキュリー時代の音源での
CDアルバムだというではないか。オマケに2枚組だという。

『嘘みたい、信じられない・・・願いってずっと想っていれば叶うんだなあ』
心底思った。

「ろうきょく炭坑節」のカオスっぷりからして、他の歌も凄いに違いない。
もし、そうでなくともマーキュリーサウンドだから楽しめるはず。
あの声から察するに、おそらく浪曲自体も良いだろう。
ちょっと調べてみたら、浪曲師・芙蓉軒麗花の評価は高い。
これは期待していいだろう。

胸を高鳴らせてその日を待った。
2011年、ミソラレコードから発売されたCDテケレッツノパ」(税込3,675円/MR-1002)

e0134486_1321246.jpg


これこそが、待ち望んでいた芙蓉軒麗花のアルバムだ。

CDを取り出す手がちょっと震えていた。
再生する前に、深呼吸をして気分を落ち着かせようとしてみる。
『ヨシ、聴くぞ』
再生ボタンを押した。
1曲目は、あの「ろうきょく炭坑節」
いつ聴いても、やっぱり不思議な、独特な、他に類のない歌だ。

・・・

気がつくと、聴き終えていた。
想像以上に良くて、嬉しいこと、この上無い。
解説も、浪曲に明るくない私にとって有難いし、かなり充実した内容だ。
収録作品は、どれも独特の味わいがあった。
チープさ、洗練されて無さすらも、約半世紀の時を重ねると魅力のひとつになる。
歌は「ろうきょく炭坑節」を超えるものは無いだろうと思ったが大違いで
「磯ぶしチャッポ」というキテレツ・キキカイカイな作品がしっかり存在していた。
時に荒すぎるきらいのある芙蓉軒麗花の歌声だが、声の魅力という点ではどの作品も見事。
偉大なるB級というのか、いや才人は何をやっても魅力的というのか、
とにかく一度聴いたら忘れられない。

浪曲も数演目(一部はダイジェスト的な演り方)収められているが、流行歌での不可思議さと
打って変わって、ビシビシと光っている。
節(唸り)も啖呵(台詞)も文句なし。
声を無駄に張るようなことは無い。張るところは張り、抑えるところは抑えている。
女声の低音の魅力でグイグイ引っ張る。
ツボを押さえた台詞の巧さ。
だから、とっても聴きやすい。そして心地よいのだ。
浪曲師としての実力の程、私でも感じ取ることが出来た。
本当に良いものであれば浪曲は良いものなのだ、と再確認。
機会があるなら、芙蓉軒麗花の浪曲をもっと聴いてみたいと心底思う。

ミソラレコードでは、上方藝能ルネサンス(一名「てなもんや藝能バラエティ」)
という企画で、このアルバムをはじめ20作品を数年かけて製作していくという。
2011年8月現在、宮川左近ショウ、芙蓉軒麗花、正司歌江と3作品が発売された。

予定では、この後にフラワーショウ、タイヘイトリオ、若葉トリオ・・・と続くらしい。
商業ベースに乗りにくいであろう作品をこう発売していくその良心的姿勢には頭が下がる。
乗りにくいと書いたが、少しでも乗って、製作にはずみがつくこと祈りたいし、聴かれて良い
作品だと思う。

せいぜい、ひとり勝手連として、ブログにせっせと感想を綴ることでひそかにエールを送りたい。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-08-03 01:26 | CD視聴感想 | Comments(2)

初めて「ろうきょく炭坑節」を聴いたとき

去年だったろうか、一昨年だったろうか。
「ろうきょく炭坑節」という不思議な歌を聴かせて貰ったのは。

『面白い歌があるんですよ』
そんなことを言いながら、知人が紹介してくれたその歌は1度目の視聴で
すっかり脳髄に染み付いてしまった。


炭坑節のメロディをちょっと崩して、月が印象的に出てくる浪曲の演目を歌詞に
してしまっている。
テケレッツノパ、テケレッツノパ・・・という何ともよくわからないお囃子。

このお囃子、明治時代で噺家の通称・釜掘りの談志という人の余興のお囃子言葉らしい。
歌を聴いてすぐ、偶然聴いた三遊亭圓生の遺した録音物から、発覚。
ほかにも落語では割とおなじみの迷フレーズとして、使われているらしい。
浪曲と直接の関係は無いみたいだが、同じ演芸という地続きから、たまたま耳にして、流用したのだろう。

話が横にズレた、元に戻そう。
当時の流行歌とは微妙に違う、日本マーキュリー(タイヘイ)サウンドとでも言おうか、個性的な編曲・演奏。
うまく解説が出来ないのがもどかしいのだが、何かが違うのだ。
ローカルカラーとも、一説には戦前・戦中以来の音楽作りがここの会社には生き残っているともいう。

このアクに加えて、歌い手・芙蓉軒麗花の歌声がサウンド同様、いやそれ以上に濃い。
長年、浪曲で鍛え上げられた見事な喉。

これは私が聴いてきた中で勝手に思っていることだが、浪曲出身の歌手には、譜面よりも自分の良い声の出を優先させることが
ほかの歌手に比べて強い。より良い舞台を、という芸人魂ともいえるのだろか。
それは良かったり悪かったり、たまらなく効果的な場合もあれば、泥臭くて叶わない場合もある。

ここではどうか。
その荒削りな歌声が歌とマッチして、類を見ない独特の迫力と味わいを醸し出すことに成功している。
加えて、テケレッツノパでマーキュリーサウンドだ。
こうして一度聴いたら忘れられない、スルメ、いやクサヤか、ともかく何とも不思議な歌の出来上がり。


気がつくと知人に
『芙蓉軒麗花、他に無い?』
と訊ねていた。
『無いんだよね、オムニバス盤にポンと入っているこれだけ』
『他の歌も気になるね』
『だろう』

その後、ちょっと調べたら、この「ろうきょく炭坑節」は斜陽になりかかった浪曲界から歌謡界への転進
が行われるようになった流れを作った、記念すべき歌であり、大ヒット曲。
今も大衆演劇その他の世界では息づいていて、歌われることが多いという。

こうなるとますます芙蓉軒麗花が気になる。
しかし、何もわからないまま時は流れ、その知人とも仕事その他の多忙さから疎遠となってしまっていた。

―忘れはしないが、このまま謎の森で彷徨っているんだろう。
なぞ勝手に粋がっていた矢先だった。
芙蓉軒麗花のCDアルバムが出る、という情報が別の知り合いから寄せられたのは。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2011-08-02 00:33 | 歌・唄・うた | Comments(2)