年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

水谷良重と紅白の縁

NHK-FMで、「戦後歌謡三昧」という特集放送が行われていた。
普段はラジオを聴くことがあまり無いのだが、戦後の洋楽カバーを取り上げるコーナーに、二代目水谷八重子が出るというので耳を傾けてみることにした。

e0134486_2026377.jpg


残念ながら、こちらが思っていた以上に司会の加賀美幸子と立川志らくが、日本人の洋楽系歌手を知らなかった。作家陣の下調べが不足していたようにも感じた。
それに加えて時間制限もあってか、話があまり弾まず、二代目がチラチラと小ネタを出していながら全然食いつかない。知らないから食いつけないのだ。結局噛み合わせが悪いまま、コーナーが終ってしまった。

何と勿体無い!
洋楽カバー特集ならばもう少し時間を長めに取って、ジャズ・ポピュラーに限らず、シャンソンも取り上げて欲しかった。そうすれば、二代目と親交のあった越路吹雪や石井好子の話も出来て、もう少し盛り上がったろうに・・・ヤレヤレという気分だ。

それでも、水谷八重子というよりも「水谷良重」としての出演だったこと自体はとっても嬉しかった。
いい目の付けどころだったと思う。だからこそ、この結果は悔しかった。

久しぶりに聴く良重さんという呼びかけ。
加賀美アナの声質もあって、実に心地良い。
あと、二代目がトニー谷が唄う「You Belong To Me」のカバーを知っていたというのは意外な収穫だった。
♪しーざまくらで~ねよう~ という一節がポンと出てくるとは思ってもみなかった。
私からすれば「さすが良重ちゃん!」という一コマだった。ここで弾みがつけば良かったのに。
そういえば二人ともビクターでレコード吹き込みをしている。
トニー谷のエピソードもいろいろ知っているのだろうか。

さて、このコーナーのはじまりで、水谷良重が紅白へ初めてソロ出場した際の音源が一部流れていた。
「キサス・キサス・キサス」、若々しい歌声だった。

いま、初めてソロ出場と書いたが、水谷良重が紅白へ初出場したときはトリオでの出演だった。
二代目がラジオ深夜便で語っていたのを聞いたり、いくつかの書籍で読んで知ったのだが、水谷良重と紅白の縁はなかなか面白い。

チラッとこの前、ツイッターでもつぶやいたが、折角なのでまとめてみることにした。

----------------------------------------
1958年、第9回紅白歌合戦でのお話。
この年ダークダックスがロシア民謡を唄い、人気を得ていた。紅白への目玉としてぜひ出演させたいNHKサイド。
だが、それまで紅白出演者は全員ソロでの出演。グループでの出演は前例が無い。
さあ、どうしようと考えた末、公平を期すために団体には団体でという方針が取られることになった。

そこで、白羽の矢が当たったのが七光り三人娘だった。
七光り三人娘は、水谷良重・朝丘雪路・東郷たまみ。
それぞれ初代水谷八重子(+十四代目守田勘彌)・伊東深水・東郷青児の愛娘。

売り出しにあたって、自ら「親の七光りでござい」と名乗るという、揶揄を逆手に取ったユニークなユニットだった。
昭和33年時点では3人で出ることは殆ど無かった。早いうちに、ソロでそれぞれ人気を得て(特に水谷・朝丘)、トリオでいる必要性が無かったからだ。

―久しぶりに3人で顔を合わせて歌わせれば、紅白というお祭り番組の華にもなるだろう。
NHKは早速七光り三人娘に紅白出場を打診したが、朝丘雪路側はNOだった。
朝丘は前57年の第8回紅白で既にソロで出場を果たしていた。
目下売り出し中で人気上がり坂の朝丘にとって、今さらピンから団体に戻るのは、格の点からもマイナスでしか無かった。マネージメントを取っている事務所が猛反対したらしい。
「ソロでの出演したら喜んでお受け致します」と話を蹴った。

他のふたり、水谷良重と東郷たまみはOKを出していた。
「今のような凄い番組ではありませんでしたからね、あの頃の紅白って」とは水谷の談。
重視している人たちもいたが、まだまだ怪物番組と呼ばれるまでには至っていなかったのだ。

―朝丘の代役をどうするか。
NHKは思案の末に、同世代のジャズ歌手で、それなりに知名度があり、なおかつ声質が二人と合う人と、沢たまきを選んだ。
こうして、即席の、水谷良重・東郷たまみ・沢たまきのコーラストリオが結成されることとなった。

この紅白で三人が歌っている音源は残っている。
だが、間奏からの出だしをトチっている人がいたり、あまり良い出来とはいえない。
もっとも、この回の会場となった新宿コマ劇場の音響設備が良くなく、様々な出演歌手が伴奏をうまく聞き取れず、美空ひばりをはじめ歌のトチリが多発してしまったという話があるため、即席ユニットだから失敗したとは安易に言うことは出来ない。

東郷、沢の紅白出場はその年限りに終った。

水谷良重は翌昭和34年の第10回紅白へも「キサス・キサス・キサス」を唄い、2度目の出場を果たした。
この時はソロでの出演なのだが、実際は応援ゲストとして当時の夫でジャズドラマー・白木秀雄がバック演奏に付いていた。コンビ(夫婦)での出場と言えなくもない。
夫婦での紅白出場の初ケースということになる

なお、この第10回紅白へは朝丘雪路も2年ぶりに紅白へ出場し、お得意の「シング・シング・シング」を披露している。その後66年・第17回まで連続出場。71年・第22回で再出場。通算10回、紅白へは出場している。

水谷良重は、その後紅白へは61年・第12回までソロで連続出場を続けた。
二代目水谷八重子襲名の95年・46回に審査員で出演。
紅組出演者では歴代唯一となる、歌手・審査員の双方を経験することになった。

水谷本人は自身の紅白について
「当時は今のような紅白では無かった」
「ヒット曲も無い、たいした歌手じゃない自分が4回も出たなんて・・・」
と、誇りに思うよりも、何とも面映い気分になるそうである。
----------------------------------------
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-04-30 01:45 | つぶやき | Comments(0)

ちょっとだけ村松梢風に触れてみた

この前、調べ物で市内のある大学図書館へ行ったら、村松梢風が収録されている文学全集の巻を見つけた。

村松は往年の人気作家のひとり。
彼と第二夫人と正妻および一族を描いた「鎌倉のおばさん」(村松友視・著。友視は梢風の孫)を読んでから、その存在が気になっていて、梢風作品に触れてみたいと思っていた。

半世紀前に亡くなった作家で、立ち位置も特殊だからか、いま新刊で読むのは難しい。
近所の図書館でも作品は殆ど置いていなかった。取り寄せる、というほどの思い入れは無いし、未知も未知の作家を通販で買うほどのゆとりも無いので、頭に名前だけインプットだけしてそのままだった。

それが何となく図書館の中をブラブラして、ヒョイと棚を覗いたら村松梢風の文字が目に飛び込んで来たのだから驚いた。でも、出逢いなんて、そんなものでもある。

早速、百科事典並の分厚い本を棚から取り出し、貸出手続を取った。
家に帰った後、収録されている何作かの中から3作品ほど読んでみた。

まず「残菊物語」。
映画や新派狂言として知られている作品で、平成以降も舞台で上演されている梢風作品の代表作。二代目尾上菊之助とその弟の乳母お徳との悲恋を描いた作品。
さぞ名作なのだろうと、こころ弾ませながら頁をめくってみる。
・・・ン?
正直に言って、ちょっと期待外れだった。
良くも悪くも、肩の凝らない読み捨て御免の大衆小説。
確かにテンポも良いし、それなりに哀感もある。作家としての腕はあるのはわかった。
だが、どうも話の運びに瑕があるところがある。
行間で話を進めさせて読ませて欲しいところを、作者の説明文章で済ませてしまうところが気になった。
この題材自体は梢風が調べて仕立て上げたというより、講談ネタのひとつだったはず。
だから話自体が悪くないのは当然といえば当然。
もっとも梢風の筆だから光っているものはある。だが、どちらにせよ珠玉というには磨き足りない印象。
新派上演や映画化の際の脚色によって、作品が完成されて古典名作狂言になったように思われる。
これを以って村松梢風を判断してしまうのはよろしくないはず。

続いて「呂昇物語」を読む。
こちらも新派狂言として、長らく上演されてきた作品。
女義太夫師・豊竹呂昇の若かりし日々を描いたもの。
講談ネタを読物に焼き直したもので、この行為自体は当時の小説では普通のことである。
こちらは大傑作とは言わないが、よくまとまって、滋味のある佳作に仕上がっている。
なるほど作品の情感が新派の舞台そのもの。
どこからか初代水谷八重子(当代でも可)の声が聞こえてくるようだった。
スリの役を当代中村勘三郎、呂昇を当代水谷八重子、で一度観たい。

そして「大奥太平記」。
徳川幕府十三代将軍・家定の生涯を描いた随筆とも小説ともつかぬ読物。
様々な文献、ゴシップ・ネタを吟味しながら教科書には載らない、真実の姿を書こうとしている。
なかなか面白おかしく、それでいて、割と骨もあったりと、興味深い読物に仕上がっていた。

こう梢風作品に触れてみると、やはり今ポンと何の予備知識のない若い人が読んで絶賛できるかというと難しいのかな、と今のところ思う。
それでも肩を凝らせず読者を楽しませる、という点では見事、本当に読みやすい。
機会があれば、また梢風の著書を読んでみたい。
「近世名勝負物語」「女経」「塔」・・・気になる作品はまだまだある。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-04-29 20:28 | 読書感想 | Comments(0)

春のうた

やっと春の香りが日本列島に漂ってきたらしい。
東京ではさくらの季節。
そう言いながらも、函館ではつい数日前にも粉雪が舞っていて、『春は近い、足音は近い”が”』という状況。『近い』から開放される日が待ち遠しい。

今、USTの春の歌・桜の歌特集を聴きながら、この文章を書いている。
自分なら、今どんな歌を選ぶだろうかと、ふと思った。

まず「花の街」は欠かせない。春のあたたかさと哀しさを見事に謳った日本のスタンダードナンバー。
目下、團伊玖磨のエッセイ・パイプのけむりを楽しく読んでいることとの因果関係は・・・ありそうでない。
合唱曲の代表的作品だが、私は学校時代この歌を習った記憶は無い。
何でこんな良い歌歌わせなかったのだろうか。
学校時代の音楽教師を恨んでいる訳ではないが・・・いや、やっぱり一言文句を言いたい。

「桜咲く国」も良い。
最近「草笛光子、歌イケるんですね」とズッコケル話を聞いてから、SKD(というよりもOSKかな、この歌は)のテーマソングのこの歌の存在を思い出した。
字余り気味な歌詞の「おお宝塚」よりも、こちらの歌の方が好きだし良いと思う。
野球への関心が薄いので知らなかったが、楽天の応援団がこの曲を使っているらしい。

誤解している人が結構いるので一応書いておくが、草笛光子は宝塚ではなくSKDの出身。
淡路恵子とは同期生でトリオも組んで人気を博していたのだが、歴史の彼方へと置き去りにされている。
確かに二人とも東宝のイメージが強いし、淡路恵子の場合、連想するのが萬屋だ息子だアーウィン女性探偵社だ・・・とあまりにもいろいろ有り過ぎて、思い出すまでの道程が遥か彼方になっている。
仕様が無いといえば仕様が無いかな。

あまりメジャーな歌ではないが、和製ポップス系歌謡曲好きにはよく知られている、伊東ゆかりの「HANAGUMORI」(第7回古賀政男記念大賞受賞曲)も大好きな歌だ。
伊東ゆかりのひと声だけで泣ける。

花曇りとは、桜の花の咲くころの、薄くぼんやりと曇った空模様を指す。

目下この世の春、数度目のブレイク中の由紀さおりにも春の名曲は少なくない。
直接春を連想する言葉が歌詞になくても、春に似つかわしい歌も多い。
「春の嵐」と迷ったが、今は「君の名はさくら」の幻想と華やかさを採りたい。
確かこの歌は服部良一が作った合唱組曲の中の1曲だったと記憶している。
服部良一はギリシャの音楽祭で、由紀の「天使のスキャット」を聴いて以来の"さおりすと"と公言している。今の歌声とはやや違う、30代の艶やかな時期の歌声がたまらない。
高校時代、この歌を卒業式にかけようと画策したことがある。当然叶わず、ゆずの「栄光の架橋」となったのだが、もう少し当時の私に政治力があったらなと思う気持ちと、実現していたらさぞ恨まれたろうなあと微苦笑する気持ちが、今もこの歌を聴くと時折交互に訪れる。

でも、春を唄った服部メロディといえば、何といってもこの歌、「胸の振り子」だろう。
SP盤の霧島昇版が唯一無二、出色の出来なのだが、見当たらないので、石原裕次郎版を張る。
様々な人が歌っているが、関心しないことが多い。
いかにも声楽な人に歌われるのは嫌だが、さりとて演歌調は論外、JPOPの人は音の響きが耳に障る。クルーン唱法で、しっとり甘く囁くように歌い上げる人は「今」いないものだろうか。
大好きな歌なのだが、しっくりこない歌唱しか聴けないのは残念でならない。

何となく5曲選んでみたが、春のうた、というと皆さんはどんな歌を思い浮かべるのだろうか。

ケツメイシの「さくら」なのだろうか。
松任谷由美の「春よ、来い」なのだろうか。
キャンディーズ「微笑みがえし」なのだろうか。
藤山一郎の「夢淡き東京」なのか。
島倉千代子(東海林太郎)の「すみだ川」なのか。
童謡唱歌の「春がきた」や「めだかの学校」なのか。

歌は世につれ、歌は人につれ。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-04-10 01:05 | 歌・唄・うた | Comments(0)