年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ディック・ミネについて、ちょっとだけ書いてみる

ここ最近のヘビーローテーションなアルバムです。
スター★デラックス ディック・ミネ

e0134486_1723653.jpg


廉価なベスト盤だろうと侮ってしまうと大損です。

モノラル時代の音源でのベスト盤です。
モノラル音源で構成された1枚もののベスト盤って以外と少ないんですよね、ディック・ミネ。
1枚ものだと、昭和40年代に入ってからのステレオでの再録音で構成されたものになってしまいがち。

知っている歌、メジャーどころをさらってみたい、ざっと聴いてみたいという人には、2枚組は結構ハードルが高い。値段も含めて。

そういう意味でも、最初の1枚にしやすい、入門編にしやすいアルバムが出たなあ、と。

さらに、これまでの復刻盤CDと比べると歴然とした差があります。
ほとんどの収録曲で、新たにSP盤から音を取り込んだことによって、大幅に音質改善が図られていて、生き生きとした音を楽しめること。

初CD化音源も数曲盛り込まれています。
ディック・ミネのCDを既に他に持っている人にも、アピールポイントがあるのは嬉しいかぎり。

・・・と、まあ、推薦的長所を書き連ねたところで、私の視聴感想をいくつか。

収録曲全20曲のうち、まずピンと琴線を刺激したのが「東京スーベニア」。
戦後間もない昭和21年、テイチクの戦後初の新譜のうちの1曲。
ディックとは名コンビである、大久保徳二郎の作曲による甘く美しいタンゴ。
♪ああ シグナルの 青い光にぬれながら
ディック・ミネの艶のある歌声がたまらないのです。
なお、この曲は大幅な音質改善の対象外。残念

続いて「夜霧のブルース」
これは言わずと知れたディック・ミネの戦後を代表するヒット曲。
松竹映画「地獄の顔」の主題歌で昭和22年の発売。
特に1番なのですが、随分と切々と歌っています。
後年の歌唱は、低音を効かせて、クールに歌っていた印象があるので、歌唱の変遷にハッとしました。

世代交代の波で、昭和30年代に入るとさすがのディック・ミネもヒットが出なくなっていくようですが、今回CDに収められた「ガード下の酒場」「枯葉の中の男」あたりはヒットしてもおかしくないクオリティを持っています。
ミネの歌唱も、三船浩やフランク永井らの低音ブームの歌い手と並べても、まったく遜色ありません。
次々に綺羅星のごとく現れる新時代のスターのまえに、戦前以来旧派の人とひとくくりにされてしまったのでしょうか。時代の流れとはいえ、本当に勿体無いことです。こういう陽の当らぬ時代の作品を発掘して収めたという点でも、このCDの価値・意義は大いにあります。

あまり顧みられる機会がないディック・ミネの戦後の歌というものを、もっとじっくり聴いて、いろいろ考えてみたいものです。

よくディック・ミネの歌唱は戦前と戦後で全然違うといいますが、このCDを聴いていると、もう少し区分けして考える必要があるのではないかという思いが頭をもたげます。
昭和15年発売の「南風の窓」では、既に後年のディック・ミネの歌唱の片鱗が見られますしね。

ディック・ミネの再評価・研究・復刻が進んでいくこと、今後も音質改善の成されたCDアルバムが発売されることを願ってやみません。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2012-11-01 17:12 | CD視聴感想 | Comments(0)