年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40
函館のシト さま ..
by てんてこ舞い at 13:47

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

藤本義一の「女橋」

女橋。
"おんなはし"と読みます。
"おんなばし"と濁りません。

この「女橋」は藤本義一の小説です。
昭和30年代から40年代にかけて、藤本義一は映画やテレビドラマの脚本家として活躍していました。
テレビ番組「11PM」の司会を機に、脚本依頼が減ったこともあり、小説の分野へ本格的に進出。直木賞を目指し、多くのエンターテイメント作品を世に送り出して行きます。

織田作之助を描いた「蛍」四部作完結した平成の初めあたりで小説執筆はひと区切り。
25年続いた「11PM」の番組終了も関係あるのかもしれません。
これ以降は人生訓や社会への警句を発した、功名成し遂げた立ち位置を利用したエッセイや後進への指導、阪神淡路大震災の被災孤児のために設立した児童厚生施設「浜風の家」の運営などを行い、ついに「また書きたい」と執筆を公言していた井原西鶴や川島雄三の小説は書かれずに終りました。

直木賞作家でもある藤本義一ですが、現在その小説を新刊で入手することは殆ど不可能となっています。
幸い、今年に入って直木賞受賞作「鬼の詩」や川島雄三との日々を描いた「生きいそぎの記」などを収録した文庫本が河出書房新社から発売されています。興味のある方は手にとって見てください。

藤本義一の小説の特徴は、まず素材の面白さです。
芸人、やくざ、詐欺師をはじめとした、世間的にはアウトローやアウトサイダーに分類される人々。
あと、身体障害者。そしてセックス関係(不倫・浮気から主婦売春、サディズム、同性愛まで)。
世間から醒めた目で見られる人々、本人は大真面目なのに端から見ればどこか可笑しい人々を、異様なまでの執着心で扱い続けています。

藤本義一小説の特徴は、それらの素材の調理ぶりです。
映画やテレビ・ラジオドラマの世界で数多くの脚本を手掛けて来た人なだけに、映像が浮かぶような描写が特徴的、光っています。
そして、話の運び。場景がより鮮やかなものになるか、話の展開にキレが出るかどうか、が念頭に置かれた結果、もうひとつのエンターテイメント作品に昇華されてゆくのです。

私感で申しますと、藤本小説の全盛期は何と言っても昭和40年代。
それ以降は直木賞授賞で目標達成したことも関係あるのか、ゴミゴミとした独特のエネルギーやキレは徐々に失われていくように思えます。

さて、この藤本義一の「女橋」は昭和45年から46年にかけて週刊誌連載された作品です。
藤本義一が直木賞授賞を目指し、小説に力を入れ、上昇気流にあった時期のもの。文庫本に掲載された解説によると、藤本初の週刊誌連載でもあったそうです。

17歳、水揚げ前の芸妓・佐原ちよが、置屋の主人である養父の刃傷沙汰に巻き込まれ、両腕を切断されながら、殺傷された6人のなかで唯一命を助かります。
両腕が無いなか、様々な創意工夫によって得意の踊りに生きがいを見出し、地方回りで大金を稼ぎ、今後の生活に安定を見出したところで、家族が詐欺に逢い、一家離散の憂き目に。
そんな中で出逢った新進気鋭の日本画家・谷口に求愛される・・・

というのが、おおまかなあらすじです。

「女橋」は大衆小説、女の半世記、成長小説として光るものがあります。
映像的な文章、時に冷厳なまでの地の文での鋭い視点、時折書かれる名言、畳み掛けるような主人公への困難。
読み終わるまで息をつかせぬものがあります。

この作品、活字を映像化したテレビドラマを、活字化というかたちで再変換・発展させ、逆輸入したような小説なんですよね。それも帯ドラマを。連続テレビ小説と呼ばれていた、昭和時代のもの。

(未見ですが市原悦子主演で、昼ドラ化されているそうです)

脳内でシナリオを作り、脳内で映像化する。そして、それを活字化=小説とする。
藤本義一が映像作家であるからこそ成し得た作品です。

シナリオではなく、純然たる小説とも、ノベライズとも手触りが違う。
藤本義一の才気が光る一作であるとともに、代表作として挙げるにふさわしいものであることを断言いたします。

藤本義一、高額で買うような作家ではありませんが、中古のワゴンセールに並んでいたら、手にとって読みたい、他人にも読んで欲しい作品がいくつもある作家です。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-11-14 00:29 | 読書感想 | Comments(0)

さよならの代わりに

初めて買ったシングルレコードがお千代さんでした。
初めて遠くですれ違った芸能人がお千代さんでした。
初めて複数枚CDを買った女性歌手がお千代さんでした。

「からたち日記」が大好きでした。
「愛のさざなみ」が大好きでした。
「すみだ川」が大好きでした。
「鳳仙花」が大好きでした。
「今日も初恋」が大好きでした。
「りんどう峠」が大好きでした。
「美しきは女の旅路」が大好きでした。

涙の力を教えてくれたのがお千代さんでした。
純情の素晴らしさを教えてくれたのがお千代さんでした。
哀しみの美しさを教えてくれたのがお千代さんでした。
大歌手はひとつのジャンルであることを教えてくれたのがお千代さんでした。
実印は他人に預けちゃ駄目だと教えてくれたのがお千代さんでした。
人を喰いものにするヤツが世の中には沢山いると教えてくれたのがお千代さんでした。

聴き手が、歌い手の歌声の衰えとどう向き合っていくか。
一番最初に考えさせられたのがお千代さんでした。
お労しいという感情を教えてくれたのがお千代さんでした。
下り坂とは何かを教えてくれたのがお千代さんでした。

無知と無垢と背伸びとで、見て聴いて読んで。
憤り、嘆き、悟り、好み、愛し、遠ざかり、また近づく・・・

それでも好き、ということを判らせてくれたのがお千代さんでした。
とぼける知恵を教えてくれたのがお千代さんでした。
枯れた味わいを教えてくれたのがお千代さんでした。
視点を変えて見つめることを教えてくれたのがお千代さんでした。

美空ひばりに匹敵する、数少ない女性歌手が島倉千代子でした。
女優としても不思議な味のある人でした。
歌の台詞回しは新派の名優に通じる名人芸でした。
昭和の歌謡界の頂に存在する人でした。
紅白歌合戦の要にある人でした。
国民歌手の名がふさわしい人でした。

弟が作った借金に苦しみ、別れる夫が作った借金を背負い、恋人の借金を返すはめになり、やくざに騙され、チンピラに騙され、マネージャーに騙され、「私の家族」と認めた人に騙され、借金まみれの半生。
両親との不仲、姉の入水自殺。幼少期の左腕の大怪我。度重なる喉の不調。乳癌という大試練。3年間隠し続けた肝臓癌との闘い。

傍から見て、本当にむごい半生でした。
それでも、最期まで唄うことを止めなかった、お千代さん。
亡くなる3日前に、渾身の力を以てレコーディングを行い、絶唱を遺したお千代さん。
すべてを歌に託したお千代さん。
だからこそ、貴女が遺した1500曲を越える歌は一層輝いて聴こえるのでしょう。

「生きた・愛した・唄った」六十年の歌手生活を終えて、いまは「感謝の旅路」に発っているのでしょうか。
敬愛する美空ひばりさんや東海林太郎さんのもとへ、はせ参じているのでしょうか。
関係がもつれたまま別れた両親や、歌い手へのきっかけを与えたお姉さんと再会して関係を修復しているのでしょうか。あの世で歌っているのでしょうか。

お千代さん。
島倉千代子さん。

お別れという言葉が、今はピンと来ません。
お千代さんの、綺羅星のような歌の数々が、レコードやCD、音楽ファイルというかたちでいつでも聴けるようになっています。インターネット上にもお千代さんの歌や動画がたくさんあります。
これからも、聴き続ける人はいるでしょう。
また、お千代さんの死をきっかけに聴いてみようとする人もいるでしょう。

私も、大好きな大好きな「からたち日記」を聴いて涙を流し、「愛のさざなみ」を聴いて溜息をつき、「恋しているんだもん」を聴いて浮かれ、「くちべに挽歌」に夏の終わりを感じ、夜の空を眺めるとき「星空に両手を」を時々思い出し、「襟裳岬」に旅情をそそられ、「十国峠の白い花」にユートピアを想像し、「人生いろいろ」に滲む味を噛み締めていくでしょう。

「去るものは日々に疎し」ですからそれも徐々に減って、遠ざかっていくのかもしれません。
それでも、島倉千代子の歌は何らかのかたちで残っていくものと信じています。

お千代さん、長い間ありがとうございました。
決して良い聴衆ではありませんでしたが、大好きでした。

今しばらくは、今日だけは、今だけは言わせて下さい。
貴女は日本一の歌手のひとりでした、と。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-11-11 15:20 | 歌・唄・うた | Comments(3)