年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のコメント

とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40
函館のシト さま ..
by てんてこ舞い at 13:47

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お喋りについて、ちょっとだけ考えてみた

私は、ハキハキした喋りが好きだ。
歯切れの良い喋り、立て板に水が流れるように話す人が大好きだ。

全盛期の黒柳徹子は憧れなのだが、この前モノマネをしてみようと実験したところ、息継ぎ無しであれだけの言葉を短時間で打ち込むのは、なかなか困難で結構なスキルがいることを痛感した。

『「徹子の部屋」の時間でございます。今日のお客様は私が大変ご尊敬申し上げている方。「若い季節」というドラマで競演して以来かあさんとお呼びしていて、この「徹子の部屋」へも毎年のようにお越し頂いて、今回で14回目のご出演になります。エッセイストとしても「私の浅草」「私の台所」「私の茶の間」と数多くのベストセラーをお持ちの、女優の沢村貞子さん、今日のお客様です。まあ、どうもしばらくでございました。かあさんも、ホントお元気そうで・・・』

これを18秒から20秒ぐらいのスピードで、明瞭かつ一息で、噛まずに読んでみて欲しい。
読めた人は徹子になれます。

だが、私はボソボソとした喋りがキライかというとそうでもない。
八代目三笑亭可楽という噺家(落語家)のボソボソとした喋りは大好きだ。
半魂香という落語での「ちょいと、アタシは隣りのおさきだけどね」というフレーズがなぜか好きだ。
別に面白くも何ともないはずのだが、あの舌足らずの早口で再生すると何ともクセになる。

こんな何でもない言葉の文句を面白がるクセが、自分にはある。
そして、クセになると、ご丁寧にモノマネ付きで覚えたくなる。
最近は瀬戸内寂聴の『アタシ、不良が好き♡』という言葉と、富司純子(伊藤蘭ではダメなのだ)の『お肌は、まだ、間に合う・・・サントリー、エファージュ』というキャッチコピーである。

話は戻るが、往年の女優に一の宮あつ子という女優がいる。
彼女と可楽が落語で演じる下町女の喋り方が実によく似ているのだ。
もっとも、一の宮の口跡は可楽よりは随分と明瞭である。

確か東宝劇団の1期生で、昭和20-30年代の映画に脇役でぼつぼつ見かけたことがある。
本領は舞台女優だが、さすがにそれは知らない。
私にとって、一の宮あつ子はテレビドラマ「女と味噌汁」。
彼女演じる、主人に先立たれ子供との折り合いが悪く、帰り新参となった年増芸者"金とき"と、金ときとは芸者時代三羽ガラスの仲だった芸者屋のおかみ"おすが"の遣り取りがとにかく楽しかった。

山岡久乃演じるおすがさんの無駄遣いに目を光らせ、御小言をいう金とき。
『ちょいと、おすがさ~ん』『金ときちゃ~ん』
この二人に限らず、「女と味噌汁」は東京ことばの小気味いい言葉の応酬をよく耳にすることが出来た。
原作・脚本の平岩弓枝、プロデューサーの石井ふく子、主演の池内淳子、メイン出演者の山岡久乃、一の宮あつ子と多くが東京出身というのが大きかったのだろう。

私の話し方の中には、そういう憧れの人からの影響は・・・あるのかないのか自分ではわからない。
だが、東京ことばへの憧れは今なお強い。
おかげで落語家口調と、ずっと言われている。当時落語を全く聴いていないのにも関わらず。
別に噺家的な言い回しは取り入れていないはずだし、影響を受けるほど落語は聞いていないはずなのだけど。それに、今の落語家さんでも「女と味噌汁」の山岡・一の宮のような聞いているだけでワクワクするような口吻の持ち主なんて今のところ知らない。

私が新派に肩入れしたくなる理由のひとつは、そういう死語に近い言葉を生きた言葉として伝えることが出来る人たちがまだ少し残っているから、でもある。
でも、正直に言って、それもカウントダウンが始まっている気がしないでもない。

いずれにしても、ネイティブ東京弁というのは、早晩アーカイブでのみ見出すことのできるものになってしまいそうだ。無念でならない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-12-17 20:33 | つぶやき | Comments(0)

古賀政男究極カバー

「古賀政男究極カバー ~永遠に歌い継ぐ古賀メロディ~」(TECE-3155/56)というアルバムを聴いた。

e0134486_13581020.jpg


レコード会社間を横断しての古賀メロディ作品集、それもカバーというのは珍しい。
もっとも基本的には「NHK歌謡コンサート『永遠の名曲・古賀メロディーを歌い継ぐ』」的な雰囲気で構成されているので、新鮮味は少ないのだが・・・。

古賀メロディ、カバーした年代や歌手の世代が新しくなるごとに唄い方に臭みが強くなっていくのはどういうことなのだろうか。
ジャンル区分がすっかり出来上がって、そのレールの上から動くに動けないのだろうか。編曲も含めて、どんどん、いかにも演歌という感じになってゆく。それが良いことか悪いことかはわからないが、クロスーオーバーの固まりのような歌謡曲が好きの私には好ましいとは思えない。

そんななかで、耳に留まったものを順不同であげてみる。

紅白歌合戦で司会の山川静夫から「この人こそ演歌、春日演歌こそ演歌の王道」と紹介された春日八郎だが、春日の歌唱は、音楽学校出身だけあってか、実は洗練されていることに気付く。
「湯の町エレジー」は難曲で、極めて泥臭い演歌的な唄い方に陥りやすい(これもやはり世代が新しくなるごとに顕著)のだが、張りのある高音で聴かせる春日の歌声はそのようことはない。
確かに演歌ではあるのだが、春日演歌としか言いようがない。
春日の先輩格である田端義夫の方がよほど演歌だ。

もっとも演歌といっても、バタヤンの泥臭さは温かみに繋がっている。型になど全然はまっていない。
これも、やはりバタヤン演歌以外の何物でもない。
デビューした年代からして、音楽学校出身、浅草オペラ出身、芸者出身、浪曲系、その他和モノ系芸事出身、このいずれでもない異色の人なのである。
田端は、島育ちのヒットに遠藤実との出会いによって、流行歌から歌謡曲へと揺れ動く音楽シーンの変化を、演歌(系)ジャンルへ移行することで過去の人ではなく大御所へとステップアップできた。それだけの貪欲さと嗅覚、咀嚼力そして運があったのだろう。
唯一無二の存在であることを、歌を聴きながら改めて実感。

そうだ。春日というと三橋美智也にも触れないわけにはいかない。
三橋は民謡出身だけあって一見泥臭いのだが、案外洋楽テイストの強い曲も多く、東京キューバンボーイズや寺内タケシとのジョイントもあって成果を収めている。変わらないようでいて、咀嚼力は強い。古賀メロディとは相性もぴったり合う。三波春夫の歌唱があまりにも有名だが「東京五輪音頭」は三橋を想定して書かれたものである。
唯一無二というと青江三奈。この人もうまい。
歌謡ブルースの女王として一世を風靡した彼女、近年再評価の動きが盛んだ。
尻馬に乗る訳ではないが、良いものは良いのである。
少し前に杏真理子や井出せつ子の歌を聴いたのだが、青江三奈要素を覚える部分があった。
流行歌から歌謡曲へと音楽シーンが変わってゆく現象のなかに、青江以前・以後というものがあるのではないだろうか。
青江が歌う「男の純情」は流行歌ではなく、見事なまでに歌謡曲である。和製ブルース歌謡である。夜のネオンがこの上なく似合う。

春日、田端、青江、三者いずれとも自分の世界を持ち、流行歌~歌謡曲~演歌という区分は便宜上しても、実質ジャンルは春日演歌であり、バタヤン演歌であり、青江ブルースである。
歌い手がひとつのジャンルになっている。
歌の世界は本来そうであらねばならないと私は思う。

ミスマッチの妙というのか、何を唄っても自身の強固な世界観へ引きつける丸山明宏(美輪明宏)や、弟子筋だけあって古賀演歌の呪縛の抜け穴を知っているかのような鶴岡雅義と東京ロマンチカの歌も一聴の価値がある。

あと、美輪もこっちに位置するのかもしれないが、歌う俳優による古賀メロディというのも面白かった。

日本を代表する映画スター・石原裕次郎。膨大なヒット曲を持つ歌うスターであるが、私生活では「岸壁の母」を愛唱しディック・ミネに憧れる、流行歌が大好きな人でもあったことはどの程度知られているのだろうか。
どの歌を唄っても石原裕次郎以外の何者でもない。
だが、その声が持つムーディさ、エコーがこよなく合う声が織り成す魅力は、ただただ圧倒的であり、最高のプライベート・ライブである。

同様に勝新太郎の声も凄まじい艶気に溢れている。晩年はディナーショーが主たる収入源になっていたという話も頷ける。歌でもカツシン・オーラは飛び交っている。

昨年亡くなった森光子も収められている。
戦時中から戦後にかけては歌手として活動をしていて、歌好きであることも公言し、度々歌番組でも司会のかたわらで歌い、体調が優れなくなった晩年もマイクを握り、最期の舞台でも歌を披露していた。
彼女の歌は決してうまいとは思わないが、歌への愛情は十二分に伝わる好唱であるし、名女優の独白ナレーションはさすがに耳に残る。
ナレーションの脚本・構成は森との打ち合わせをもとに向田邦子が担当していたらしい。これらの音源の元となっているアルバムは追悼盤として最近復刻されたようだ。

さて、このアルバム、最後に4曲ボーナストラックがある。
これらは海外で古賀メロディが披露された際に、外国詩が付けられ別曲となった古賀メロディのヒットナンバーである。
ジャズ、タンゴへ装いを新たにした「丘を越えて」「夕べ仄かに」「青い背広で」「東京ラプソディ」からは演歌の臭いなどは微塵も感じられない。
これらの披露・発売は1939年だから、約70年前の作品になる。
だが、アルバムに収められている90年代、2000ゼロ年代に吹き込まれた作品と比べても、遜色ない。ジャンルの違いはあるが、古い方が余程格好良く、素晴らしい。
ボーナストラックとなっているが、実はアルバムの肝となっていると言ってもいいだろう。

今日の音楽シーンの閉塞感と、戦前ポピュラー音楽の凄さ、シーン昭和40年代歌謡曲の全盛時代の貫禄。様々なものがこのアルバムには詰まっている。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2013-12-14 21:57 | CD視聴感想 | Comments(0)