年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新のコメント

とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40
函館のシト さま ..
by てんてこ舞い at 13:47

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

永井一郎の死に想う / 北廉太郎を知っていますか

先日、永井一郎氏の訃報が届いた。心より哀悼の意を表する。
私の生まれる遥か前より活躍されていた方で、物ごころ付くときには既にブラウン管の向うに居て、親しみを感じていた。テレビッ子、アニメッ子だった子供の頃。本放送末期や再放送で見たアニメでどれだけ永井一郎に接したか。「らんま1/2」や「うる星やつら」をビデオ、テレビにかじりつくように見ていたあの頃は、「サザエさん」を含め、毎日永井一郎に接していた。気付いていないものも含め相当触れていたと思う。

20世紀から21世紀となり、ブラウン管から液晶テレビへ入れ替わり、セル画からデジタルに変わっても、永井一郎は現役のまま、特に意識せずとも、どこかで声を聞く機会が有り続けた。
タイ子さん役の声優が代わったと聞き、2週ぶりに「サザエさん」を見た次の日の訃報。最初はインターネットのいわゆる「釣り」だろうと信じられなかった。今でもまだどこか実感が沸かない。2月9日放送分までは「サザエさん」の収録を終えているということだし、他にもまだ放送されていない仕事もあるだろう。
居て当たり前だった人が居なくなる喪失感は、もう少し先に襲って来るのだろう。

様々なことが脳裏をよぎる中で、火曜日に再放送していた「サザエさん」。オープニングの後に入るCMにサザエ(おはぎで知られる菓子製造会社)や、先日亡くなった小林カツ代の出ているグリコ・熟カレーだったことが思い浮かんだ。
火曜日のサザエさんの再放送が終ったことも、カツオ役の高橋和枝も亡き人となったことも、随分経っている。
つい先日のはずだった1990年代が遠い昔になって来ていることに改めて気付いて、ぞっとした。

学生には3・11以前が断絶感のある過去に感じている、と聞いたことがあるが、確かに00年代(2001-10年)も充分昔になっている感覚は否定出来ない。
これでは、昭和が遠くなっているのは当たり前であり。懐かしがる人がどんどん減るのも無理もなく、題材に取られ描かれた世界がファンタジーになっているのも仕方ないのかもしれない。
だからこそ、忘れてしまわないようにとりとめのないことでも話題に出していくこと、知っている人はなるたけきちんとした情報を発信すること、知ろうとする姿勢が、今後より重要になって来るだろう。


今、私の部屋で再生しているCDは、ぐらもくらぶというレーベルから発売された「伝説の歌声シリーズ 北廉太郎"ヴォルガ哀愁"」(G-10008)というアルバム。収められた23曲の音源は昭和12(1937)年から昭和15(1940)年発売のものばかりだから、70余年前の作品を聴いていることになる。

北廉太郎は、大正9年の生まれで昭和15年没。
もはや歴史の彼方にある人と云っても、言い過ぎでは無くなっているだろう。
「懐メロ好きなんです」と言っている人でも、SP盤収集を行っている人でも無い限り、名前ぐらいしか知らない、または2-3曲しか聴いたことがないという人が多いのではないだろうか。
ただ、北の哀愁あふれる歌声は一度耳にしたら忘れ難く、よくは知らないが気にはなっているという人もまた、少なくないと思う。

この「伝説の歌声シリーズ 北廉太郎"ヴォルガ哀愁"」は、北廉太郎の歌声をまとめて聴くことの出来る、初の一般向けCDアルバムになる。

---------------------------
ぐらもくらぶCDとはなんぞや?と言うことですが、これはザックリと言ってしまうとSP盤(蓄音機で聴くレコード)時代をメインに様々な音源を、開放してもよいと言う有志と共に世に送り出そうというものです。
ともあれ、明治・大正・昭和期の音源で、埋もれたものでも選りすぐってみると、現代でも楽しめる、また意義のあるものは沢山あります。これらを時代の垣根を飛び越えて皆さんで楽しめたらどんなによいだろうか、と言うのがこのCDのコンセプトです。
---------------------------
というコンセプトのもとで活動を続け、2012年から2014年1月末の現在までで7タイトルを送り出しているぐらもくらぶでは初となる(王道的な)流行歌を大フューチャーしたアルバムが北廉太郎の本アルバムだ。

キタレンとは、いかにもぐらもくらぶらしい目の付けどころだし、これまた意義のあるものを出したなァと頭が下がった。

近年の和ジャズブームで戦前ジャズの再評価や復刻(こちらも、ぐらもくらぶが関わっている)が進んでいる。ただ、同時期の流行歌はというと、一歩も二歩も三歩も遅れているのが現状だ。
流行歌史を見てゆくと、気軽に聴けない歌の何と多いことか。溜息が出る。
その遅れがちだった最右翼のポリドールの流行歌が、昨年12月に第一弾として「戦前オールスター・ヒット・パレード大全集」「はたちのバタヤン大ヒットパレード"大利根月夜"」と2タイトル各2枚組CDにまとめられた。
希望の光が見えて来たのである。

その復活の露払いが、実はこの北廉のアルバム(昨年6月発売)である。
ポリドールの流行歌音源(正しくは数曲タイヘイ音源も収められている)がこれだけまとまって、きちんとしたリイシュー盤として一般向けアルバムで発売されたことは殆ど無いのだ。

意義や価値ばかりをつらねてしまったが、勿論内容は素晴らしい。
何せ、ぐらもくらぶのアルバムだ。太鼓判を押された作品を選りすぐっているいることは言うまでもない。
ぐらもくらぶレーベル始動当初よりも、さらに音質が上がり、流行歌のサウンドがこれでもかと浸ることが出来る。特にアルバムの表題にもなった「ヴォルガ哀愁」冒頭、コーラスのハミングには震えが来る。田端義夫が後年カバーした「夢のゆりかご」や「出船の唄」も収められているので、田端音源を持っている人には聴き比べという楽しみ方も可能。

思い込みというフィルターを少し外していくと、楽しみが増える。
歴史、文化、音楽・・・古くたって良いものは良いのだし、たまたま発表された時代が古かっただけということも大いにある。新しいものが正義ではないのだ。

様々な可能性を秘めた、色々気付かされるきっかけにも、このアルバムはなり得ると思う。

演歌でもない、歌謡曲でもない、流行歌というサウンドが再び評価されることを祈ってやまない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-30 17:25 | つぶやき | Comments(0)

芦野宏と、石井好子と、永六輔と

久しぶりに石井好子に会えた。
たまたま読んだ本、テレビ番組に、立て続けで石井が居た。
本は、親交のあった永六輔の著書「永六輔のお話し供養」(小学館)
テレビ番組は、「あの人に会いたい」(NHK)だ。

「あの人に会いたい」は、10分のミニ番組。
既に石井好子は取り上げられているし、勿論拝見している。
今回私が見た回は芦野宏。
番組ラストで流れた映像が、かつてのパリ祭。
芦野宏と共にシャンソン「パリ祭」を歌う石井先生の姿が映った。
大木康子らの姿も画面にあった。

芦野宏と石井好子の関係は深い。
ともに戦後のシャンソンブームの立役者であり、日本シャンソン界を生涯に渡って牽引し続けた巨星。芦野は、石井音楽事務所の所属歌手でもあり、自叙伝でも石井への敬意を表している。
最晩年、体調を崩した石井が身辺整理を進めていた際、自ら手紙を認め、日本シャンソン協会の引き継ぎを頼んだ相手が芦野宏だった。「あなたの友情を信じます」と手紙に記されていたことを、石井没後の談話で芦野は明かしている。
石井からのバトンを受け取って約2年後、芦野も鬼籍に入ったが、協会は芦野の次男が代わって支えている。

健在だった頃は当たり前の光景としか思わなかったが、今このツーショットを見ると胸にこみ上げるものが隠せない。
加えて、早世した大木康子(この人も芦野と同じく石井音楽事務所所属だった)も傍にいる。
テレビの前で「ああッ」と思い切り声を上げてしまった。
喪ってわかる、その人の大きさ・・・。

「永六輔のお話し供養」は、本当の意味での人の死はその人を知るものがいなくなったとき。
それまでは知る人の心に記憶として宿っている。歳月の中で忘れがちになっている故人の話を時々しよう。それもまた供養のひとつだ。というコンセプトで編まれた1冊。
8項目のなかのひとつに石井好子の項があった。

項の題名は「お嬢様の底力」。
以下、内容を要約。
----------------------------------
石井は怖かった、よく怒られたがその理由がわからないことが大半。
石井の前で民謡を口ずさんでいたからだ、と言われたこともある。
良くも悪くも自分中心のお嬢様だった。
石井とは学生時代の頃からの付き合い。石井の父・光次郎(外相, 衆院議長)が地元出身の学生の面倒をよくみていて、家に行けば腹いっぱい旨いものが食べられるという話から、中村八大に誘われ、モグリの久留米人として、石井邸に通った。
後に、嘘が石井にバレ、以来頭が上がらなくなった。
石井が渡米し、そこからパリへ行き、名を上げて、帰国した際には迎えに行った。帰朝公演の演出もした。
石井からパリ祭の司会を依頼され、最初断ったら「私の家で何度ご飯食べたのよ」と凄まれ、引き受けざるを得なかった。作務衣姿での司会にNGを出され、ピーコを呼び、タキシードを作らせた。
高額の請求書がピーコから来た。作れと言ってピーコを差し向けたのは石井だ、彼女に払って貰おうと請求書を回したら、「自分で払わないと着こなせません」と一筆つきで戻って来た。
後年、難民問題に関心を持ち、難民救済のチャリティーコンサート開催のかたわら、デモに参加し座り込みも行っていたが、デモ参加については生前自分の前では一切口にしなかった。
一部の悪口など歯牙にもかけず、己の心に忠実に「私は私」を貫いた力強い女性だった。
----------------------------------
永六輔の話には、良く思う関係ゆえの軽口や読み手へのリップサービスがあるので、そのあたりの行間を読む必要が求められる。これは放言じゃないのかと思う箇所もあったが、六輔講談・石井好子として興味深かった。

石井晩年のライフワークのひとつが有楽町朝日ホールで開催していたチャリティコンサート。亡くなる2年前に体調を崩すまで10数年続けていた。バラエティに富んだ人選はパリ祭とはひと色もふた色も違い、本業の歌い手は勿論、普段シャンソンを歌わないような人、歌とは無縁の人たちをも、石井自ら誘い出し、ステージに上げていた。

石井の難民問題への関心は、親ぐるみの幼なじみ・緒方四十郎(緒方竹虎の三男)の妻・緒方貞子の存在がきっかけとされている。
周囲の環境に加え、長いフランス生活から国際情勢への関心は人一倍あったはずであり、デモ参加も左翼的な捉え方ではなく(石井はむしろ保守派である)、当然の流れとして行っていただろう。

石井好子は線引きのしっかりした人で、これは自分の口から話していいこと悪いことをしっかり決めて、その線を越えることは無かった。
だから知る人ぞ知る、石井の逸話は、まだまだ沢山眠っているように思う。

そのあたりの話を採録整理した上での石井好子の評伝の発表を、没後以来ずっと願っている。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-27 13:03 | つぶやき | Comments(0)

永六輔の「お話し供養」

この前、 『永六輔の「お話し供養」』(小学館)という本を読みました。

人の死は一度だけではありません。
最初の死は医師によって死亡診断書が書かれたとき。
最後の死は死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。
それまでは知っている人の心の中で故人は生きている。
僕たちは死者と共に生き、自分が死者となったら、他の人の心の中に記憶として宿る。
でも、歳月の中で人は死者を忘れがちになっていきます。
だから時々は故人の思い出話をしましょう。
それも供養のひとつだという気がします。

という趣旨のもとで編まれた1冊。
渥美清、淀川長治、石井好子、坂本九、中村八大・いずみたく、岸田今日子、立川談志。
以上、永さんゆかりの8人が取り上げられています。

永さんの話の面白さは今でも健在です。
持ち前の才気と博学ぶり。
長年のラジオ生活とフィールドワークで鍛えた練りに練られた考え・見解。
一方で、東京人特有のそそっかしさ・おっちょこいぶりや含羞から来る放言・失言。
その時の感覚に準じた、時には悪ノリにもなりかねない、ノリの良さ。
この絶妙なバランスによって生み出される言葉の海は、爆笑トークという薄っぺらい言葉よりも、六輔噺、六輔講談と呼ぶ方が似つかわしい気がします。

調子よくサクサクと読み進められるので、つい見逃してしまいがちですが、ハッとさせるエピソード・至言が詰まっています。

元気いっぱいだった頃と比べると、細部の記憶違いが目立ちますし、校正で直せる部分もあるのにそのままであるところに、上に行き過ぎた人の悲劇も見て取れます。
資料として使うのには、裏を取るなどの照らし合わせが必要で、鵜呑みには出来ないのですが、それでも永六輔だから知り得ること、言及出来ることが、やはりあるのです。

100頁足らずの薄い本ですが、その底に秘められた見識は1000頁では到底利かないはず。
やはり、永六輔は凄いなぁ、と素直に感じました。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-25 18:38 | 読書感想 | Comments(0)

バタヤンのギター

去年、ひょんなことから「田端義夫ギター・ヒット歌謡集」(SL-13 テイチク)というレコードを手に入れた。
とある店でゴミ収集場行きを待っている状態になっていたレコードの山から、貰い受けて来た品物のひとつである。
盤の状態は傷だらけで、さすがゴミ収集場行き認定されていただけある保存状態だった。
だが、そのときはバタヤンの訃報が届いてすぐのこと。折角なので我が家へ置くことにした。

SL-13というレコード番号からすると、おそらく昭和40年頃のものだろう。
このアルバムは、バタヤンが懐メロの名曲(本人の持ち歌もふくまれている)をギター演奏した、インストゥルメンタル盤になる。
オーケストラなどのバックは無し。
バタヤンのギターと、カンノ・トオル、阿部源三郎のギター伴奏での録音。
曲によってはベースやフルートが伴奏に加わっているが、基本はギターのみ。
おかげで普段はアクセントになっているバタヤンのギター演奏をメインディッシュとして存分に味わうことが出来る。
状態の良くない盤で聴いているのだが、そのノイズがギターとよく合うのは、アルバム全編に流しのギターのようなムードが漂っているからだろうし、ノイズごときに負けないエネルギーが詰まっているからともいえる。

選曲の半分が本人のヒット曲ではない、懐メロであるところも流しムードに貢献している。
「旅姿三人男」「名月赤城山」「大利根無情」「江ノ島エレジー」「別れの船歌」。
大衆的な匂いのするヒット曲ばかりだ。

「別れの船歌」は、鬼俊英が昭和14年に唄った曲だそう。鬼の歌は知らないが、曲自体は何となく知っている。私はいったい誰の歌を聴いて覚えたのだろうか?
まあ、それはどうでもいい。

また、バタヤンが紡ぐギターの音色が郷愁を誘うのである。
「バタヤンの歌には涙がある」とは、古賀政男のことばだが、ギターもまたしかり。
このアルバムの音源はインストゥルメンタルものを集めたCD-BOXあたりに収録され、とっくにCD化されているのだろう。でも、これはやはりレコードで、さして再生環境が良好とは思えない昭和的な環境・雰囲気で味わうのが正しいような気がする。

なんてことを、デジタル最新鋭であるiPodで聴きながら考えている私。
こんな人間の矛盾をおおらかに許容する器が、バタヤンにはあったと思う。
改めて偉大なる故人に合掌。

------------------------------------
「田端義夫ギター・ヒット歌謡集」(SL-13 テイチク) 1965年?

ギター演奏:田端義夫
ギター伴奏:カンノ・トオル/阿部源三郎
編曲:田端義夫

A-1:かえり船(清水みのる-倉若晴生)
A-2:大利根月夜(島田磬也-長津義司)
A-3:玄海ブルース(大高ひさを-長津義司)
A-4:ズンドコ節(佐々木英之助-俗謡)
A-5:旅姿三人男(宮川旅人-鈴木哲夫)
A-6:別れの船歌(島田磬也-大久保徳二郎)
B-1:島育ち(有川邦彦-三界稔)
B-2:名月赤城山(矢島寵児-菊池博)
B-3:ふるさとの燈台(清水みのる-長津義司)
B-4:大利根無情(猪又良-長津義司)
B-5:江の島エレジー(大高ひさを-倉若晴生)
B-6:別れ船(清水みのる-倉若晴生)
------------------------------------
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-18 14:01 | 歌・唄・うた | Comments(0)

逢う

ネットで知り合った同郷の同世代と話して来ました。
同じ昭和の歌を愛する人でも、あちらはバリバリのナイアガラ~はっぴいえんど系統のヲタ。本人にも言ったのですが何だか異国の人を見るような面白さで、楽しい時間でした。
お祖父さんは樺太にディックミネ呼んだとか、そういう音楽好きがジャンルは変わりながらも三代続いているというのですから筋金入りです。
貴重ジャケの写メを拝見しながら「サラブレッドな正統ヲタだなぁ、コレクターだなぁ」と関心しながら、改めて自分の突然変異さにハッとしました。どうやって今日に至ってるんだろう、と。

いびつというか、今時の音楽好きとも、歌謡ヲタとも、流行歌ファンとも違う。
不思議なバランスで成り立っているよなぁ、と。
属するような立ち位置が無いんじゃないかと。
我が事ながら、よく判りません・・・

こんな私が興味関心を抱いた音楽をたっぷり聴いて来れたのは、私自身がそうしたいと思ったからなのは勿論そうですが、何と言ってもそれを(も)よしとして目をかけてくれた方々のおかげ。そのおかげで、こうやって「お逢いしませんか」と声がかかったりと、いろいろ有難い話がやってきます。
人が苦手なくせに、好奇心旺盛で、ひとりが好きで、淋しがりやの私にとって、それは時に畏怖、異敬、億劫でもあるのですが、何のかんのでやっぱり嬉しいのです。
本当に良い夜でした。

だから、言わせて下さい。
今は縁が切れてしまった人、疎遠になってしまった人、今も見守って下さっている方。
「おかげさまです」
「ありがとうございます」
そして「ごめんなさい」と心から申し上げたい気持ちでいっぱいです。

私の身勝手でいい加減で弱い人間ぶりで、どれだけ人に迷惑をかけたか。
普段は考えているけど、考えていない、いえ、そんなことを思う余裕が無いのです。
素直になれないのです、醒めているくせに、そこだけ思考停止になりがちなのです。
あれだけ良くして貰いながら・・・
あれだけしてもらったのに・・・
時が経ち、冷静になって振りかえられると、悲しくて情けなくて申し訳なくて。

読んでおられないでしょうけど、ここで一言お詫びのことばを。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-09 00:40 | つぶやき | Comments(0)

ダークダックスで「あんな男に惚れちまって」

e0134486_14242412.jpg


ダーク・ダックス「青葉城恋唄」(ポリドールレコード/DR-6216/1978年発売)。
さとう宗幸のヒット曲ですが、ダークもこの歌をさとう盤から少し遅れてシングル盤で発売し、競作となりました。当初はダーク盤の方が売り上げが良かったともいいますが、宮城県沖地震のあと、テレビ番組か何かで、さとう宗幸が生放送で唄い上げたことがきっかけでレースが逆転ホームランとなったとか。

この歌をダーク側に「良い唄があるんだ」と紹介してくれたのが、古巣であるキングレコードの人だったことから、「この歌を聞かせたらダークは絶対に喰いつく。どう転んでも話題にはなるんじゃないかって、キング側の巧妙な戦略だったんじゃないか(笑)」とはゲタさんのお話。

ダーク盤「青葉城恋唄」は、ユニバーサルミュージックジャパンから発売されているベスト盤に収められているので、聴くことは容易です。
一番見かけやすいキングレコードから発売されているベスト盤には収録されていませんので、お求めの際にはご注意ください。

私の目当てはB面、カップリング曲です。
ダークのシングル盤、特にB面はなかなかユニークなものが多いようで、密かに注目しています。
童謡・唱歌・ラジオ歌謡系抒情歌・ロシア民謡、ダークダックスといえばこの4本柱で、それ以外の作品には全然スポットが当たりませんが、オリジナル作品にも良質なものがいっぱいあるのです。

B面曲「あんな男に惚れちまって」、これはもともと1976年発売のアルバム「父と娘」に収められた1曲です。
ただし、アルバムではダークはコーラスに回り、慶応の先輩で作家の遠藤周作によって歌われています。
団員は音痴のみという空前の合唱団「コール・パパス」を結成し、何度も公演を行っている大作家。
ヘタウマ、もとい味のある歌を聞かせてくれました。
・・・嗚呼、だからこそダーク版が聴いてみたいという想いもまた芽生えました。

私には待望のダーク版なのです、この「あんな男に惚れちまって」は。
ステージで歌い込まれたあとに吹き込まれたのか、その辺はさだかではありませんが、マンガさん絶好調。
新たに台詞も加えられ、ダークダックス一流のユーモアソングに仕上がっています。

悲しいことに、これも未CD化の1曲。
アルバム「父と娘」のボーナストラック扱いで、併せてCD復刻されないものでしょうかね。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-05 14:23 | 歌・唄・うた | Comments(0)