年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

朝ドラ見聞録(3)「おんなは度胸」と橋田ドラマ

3本目は「おんなは度胸」。
橋田壽賀子脚本、主演泉ピン子。平成4年放送の作品。
「渡る世間は鬼ばかり」臭が立ち込めていることは言うまでもない。

橋田壽賀子ドラマというのは、型というのか一種のマンネリズムを持って、それをカタルシスにさせるところがある。基本的には同じことしか言っていない。橋田様式美。ただ、美というには下世話だなのだが。

劇中の、藤岡琢也、藤山直美に園佳也子の掛け合いと、「渡鬼」での赤木春恵、沢田雅美(東てる美でも可)、角野卓造のやり取りは、方言(「おんなは度胸」は関西弁)と商売(「おんなは~」は旅館業)を替えるだけで基本的に同じだ。

じゃあ、誰がやっても同じではないかというとそれは違う。
マンネリズムを快感に持って行くには、演じ手にある程度の腕が必要。
腕のない人がやると、橋田様式が操り切れず、演じ手の未熟さと様式の不自然さが浮かび上がり、失笑を買うばかりになってしまう。

その点、藤岡琢也、藤山直美、園佳也子の三者は良い。

もっとも橋田ドラマの男性はあまり重みがない。
おろおろ振り回される中高年か、やたらに物分かりの良い若者か、一見強気だがいざとなると弱いか。
藤岡の役どころは最初のそれ。「岡倉のお父さん」とさして変わらない。その点で安心して見られる。

ドラマの悪役にあたる、藤山、園。
これでもかと、勝手放題に言い放つ。
ここでこう出て来るだろうという御約束通りに動き、予想の動きをさらに膨らませてゆく。
役の好評ぶりが、脚本にも還元されていたのではないだろうか。

「おとうちゃーん、本館と新館、どっちが大事なの。本館あってこその新館やないの」
「旦さん、とうさんの仰る通りだっせ」

悪役が魅力的じゃないとドラマは面白くならない。
藤山、園。
園は脇の人と思う人も多いが、二人とも舞台で主役を演じた人である。手腕という点では申し分ない。
ドラマの肝は、この二人にあったことは間違いなさそうである。
二人が主役といっても良いし、いま放送されたら、ツイッターあたりで大盛り上がりになるに違いないし、スピンオフ・ドラマが出来ていたかもしれない。

今日、藤山直美は押しも押されぬ商業演劇の雄であり、大物と目される女優のひとりだが、一方で園佳也子は忘れられつつある。後年は母親の介護に追われ、仕事を抑えざるを得なくなったり、晩年の数年は膝を痛めるなどして仕事から離れていたこともあるのだろう。
ただ、私にとっては「ありがとう」の熊取乙美役を見て以来、忘れられない女優だ。
今回「おんなは度胸」を見て、さらにその名が胸に刻み込まれている。

------------

なお泉ピン子だが、科白を噛んだり滑舌に怪しいところが度々見られる。
この現象は近年起きたものではなく、昔からだったらしい。

橋田壽賀子ドラマの本質は喜劇と看破したのは鴨下信一だったと思う。
喜劇とは切っても切れないサラブレッド藤山直美。
花登筺とも縁があり浪花千栄子を崇めていたという園佳也子。
この両名が悪役としてキャスティングされた時点で成功は約束されたものだったのだろう。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-04-29 14:48 | テレビ | Comments(0)

朝ドラ見聞録(2)「北の家族」と左幸子

「おていちゃん」の次に選んだのは「北の家族」(1973-74年放送)。40年前の作品だ。
10年ほど前、NHKの特別番組で見たダイジェスト映像が記憶の片隅に残っていた。
物哀しい地元函館の冬が画面にくっきりと映し出されていて、一度見たいと思っていた。

地方訛りを創作品に盛り込むのは難しい。
あまりにも忠実だと意味が通じないし、さりとてツボを外したカリチュアライズたっぷりなものだと白ける。「北の家族」はその点うまくバランスを取っていて感心した。特に見事だったのが左幸子。
劇中の、天草四郎という俳優と左のやりとりは、私よりずっと堂に入った函館人の話し方だった。

映画よりも生っぽさが出ていた、かつてのテレビ。おかげで左幸子の名演ぶりは一層伝わって来た。こころ優しく、芯の強い、母親役。そんな役が左幸子に合うのかと見る前は思っていたのだが、とんでもない。役に完全に成りきっている。

仕事に出掛ける夫の準備を手伝い、家の前の軽い坂を登る夫の荷車を後ろから押して手伝う、うしろ姿。
「晩になってから戻ってくるんだよ、いいね」と、夫(下元勉)と激突し、数年ぶりに戻って来る息子(清水章吾)を門前払いをさせまいと出迎えに行った娘(高橋洋子)に電話口で念を押す姿。
やっと戻って来た息子が「ちっとも部屋は変って無いと話しながら窓から港を眺めているとき、「お母さん、あんたが乗って帰ってくる連絡船、この窓からずっと見てたよ」と話すひとこと。

見終える頃、気が付くと私は涙目になっていた。
この「北の家族」、女優左幸子を語る上では欠くことの出来ない作品ではないのだろうか。
勿論、それも楠田芳子の脚本の確かさがあったからこそ、なのだが。

あまり語られないが、この楠田芳子(木下恵介・忠司兄弟の妹)という人もテレビドラマ史において多大な実績を遺した方で、新珠三千代・内藤洋子出演の「氷点」や、池内淳子主演のひまわりシリーズを手掛けている。

また緒形拳の淡々としたナレーションが北の物哀しさ厳しさを表すのにひと役買っていた。
当時の緒形拳というとギラギラした印象が強いだけに、こんな抑えた傍観者的な語りも出来る腕のある人だったかと改めて感服。

主演の高橋洋子(「残酷な天使のテーゼ」の人とは別人)も純朴かつ聡明な感じが出ていて好感を抱いた。

人物・場面設定も、セットもしっかり作っている。
昭和40年代のテレビドラマというと、割と雑なところがある印象を抱いていたのだが、NHKの看板枠のドラマだからということで、きちんと作られていたのだろうか。

たった15分のドラマのはずなのだが密度は濃い。ドラマというよりも「テレビ小説」の要素が強い。
おそらく、今ならば「重すぎる」と片付けられてしまうだろう。おそらく今季放送中のドラマを束にしても、このドラマの密度には及ばない。
こういうドラマが放送され、最高視聴率が約50%だったという昭和40年代の豊かさ、心から羨ましく思う。

ただ、この「北の家族」もまた映像は殆ど残っていないそうだ。
左幸子入魂の演技も殆どが幻になっている。残念でならない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-04-29 14:00 | テレビ | Comments(0)

朝ドラ見聞録(1)「おていちゃん」と長門裕之

先日、NHKの公開ライブラリーに行って来た。
ここを利用するときは大概歌番組の視聴と決まっているのだが、見たい作品はある程度見尽くしてしまったせいか、その日はそういう気分になれず、画面操作中にふっと「朝ドラを見よう!」と思い立った。

そこから選んだのが3つの朝の連続テレビ小説。
どの作品も名優が光を放っていて、いろいろ思うことがあった。備忘録に書き遺しておきたい。

最初に見たのは「おていちゃん」、沢村貞子の著書「私の浅草」「貝のうた」を元に作られた1978年の作品だ。

何となく「おていちゃん」を選んだのだが、よくよく考えると、何日か前に見た「徹子の部屋」で津川雅彦を見かけたことが無意識のうちに影響を及ぼしていたのかもしれない。

念のため書くが津川は沢村貞子の甥。黒柳徹子は沢村のことを母さんと呼ぶ親しい仲。
「徹子の部屋」の最多女性ゲストは沢村貞子で、生前最期のテレビ出演も部屋だった程に相思相愛の絆で結ばれていた。

「おていちゃん」は既に原本たる映像が散逸・消失し、マスター映像は初回・最終回のみ、あとは視聴者からの寄贈品映像(時刻表示が入っている)が数本というお寒い管理状態になっている。

今回見たのは初回と最終回。
初回は放送当時の東京の空撮から始まる。相川浩アナウンサーの程よく抑制の効いた軽やかなナレーションも心地よい。現在の浅草の路上で朝ドラの説明を行う相川アナの「おていちゃん」という呼びかけで、袴姿の女学生スタイルのおていちゃん登場。彼女の説明台詞から明治の浅草へと移っていく。

歌舞伎の舞台を袖でじっと見つめる着流し姿の長門裕之。
長門裕之が色男の役なんて、と晩年の印象からそう思っていたが、とんでもない考え違い。
正面の顔はそうでもないが、横向きに映る全身のシルエット、半身がぞっとするぐらいに美しい。横顔も、目の輝きも。加えて時折ヒョイと聞こえる低音が恐ろしくセクシーなのだ。
イヤフォンを付けての視聴だから、余計に声が耳に響く。低音の声を聴いた瞬間、ガクッときてしまった。しばらくの間、放心状態に陥った。
男色の気はない男の自分がこうだ。女ならどうだろう。
いまなお語り草になっている著書「洋子へ」の話も、まんざら潤色ばかりではないと確信した。

晩年、そういう色香を感じなかったのは「洋子へ」での騒動で華やかな場所から長く遠ざかってしまったことの後遺症だったのか。長年の不摂生が祟って大病を繰り返したり、借金返済や介護費用工面に追われていて、身体がボロボロになっていたからか。単に私の見る目が無かっただけか。単にそういう役が来なかったから(そういう感じを)出さなかっただけか。

風貌ばかりでは勿論ない。その芝居の達者なことにも舌を巻く。科白の緩急自在さは勿論、目の配り、仕草。きめの細かい演技がビシッとハマる。それらがまた天性のものに思える(実際はそうじゃないかもしれない。だがこのぐらいなら考えなく出来るよという空気がある。長門の役どころは父方の祖父にあたる)。
相手役の日色ともゑ(劇団民藝)が緻密に計算立てて、きっちりこなしている感(最終回での老婆役ぶりは映像作品ということを踏まえた上での、程良い老けっぷりで感心した)があるだけに、対比するかたちでいっそう長門の才気が煌めいている。

他にも提灯の火を消して畳んでしまう動作をじっくり映して出すといった、細かい風俗の再現も至るところに見られた。こういう積み重ねがドラマを生かす土台になっていたのではないかと思う。
山本夏彦がコラムで、このドラマの時代考証の確かさを褒めていたのはどうやら伊達じゃないようだ。

手許にある「おていちゃん」のムック本によると、浅草オペラの再現もドラマ内で行い、田谷力三が本人役で出演し往年そのままに唄い踊った回もあるという。

喪われたとされる映像が発見され、まぼろしが蘇る機会があることを願ってやまない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-04-29 13:23 | テレビ | Comments(0)

Excellent and Decadent

先月、こちらに書いたのですが、アーサー・キット(Eartha Kitt)のライブアルバムを聴きまして、入門用に適当なベスト盤が無いかなぁと探していました。

このCDを見るとあの歌が無い、あのCDを見るとこの歌が無い。
そんなこんなでコレというものが見つけられず、これは「数種類のアルバムを入手せよ」ということと納得。では「まず何が聴きたいか」という優先順位を考え、懐具合とも相談し、選んだのが「Excellent and Decadent」というCDでした。

e0134486_13472523.jpg


これは1950年代のヒットソングをベースに、ディスコサウンドに乗ってヒットチャートへ返り咲いた1980年代の作品が収められた全24曲収録のベスト盤。どちらの年代の曲も聴いてみたかったので、丁度良いかなぁと選びました。正規メーカーからの発売で、ジャケットもスタイリッシュ。デジタルリマスターされ音質もバッチリ、クレジットや解説(もっとも英語なので読めませんが・・・)も載っています。

アルバムを聴いて思ったのは、どちらの時代のアーサー・キットも大変魅力的ということ。

颯爽とした若さとオリエンタルな雰囲気で軽やかに唄う50年代のアーサー。
当時の日本で艶めかし過ぎるとかで放送禁止になったという伝説が残る「C'est Si Bon(セ・シ・ボン)」。
確かに艶っぽさはありますが、生々しくドロドロした淫靡なものではなく、スタイリッシュ。聴いていて大変心地良いです。
放送禁止にするようなレベルのようなものにはどうにも思えず。あくまで「伝説」は「伝説」に過ぎなかったのでしょうか、それとも時代の流れなんでしょうか。
今日の視点に映る普遍的な恰好良さ、その時代には少なからず理解出来ないものがあったのかもしれません。 ただ、Youtube等で当時のアーサーの動画を見ますと、出る杭は・・・だったのかな、とも。ただでなくとも自己主張の強い、常識を覆すようなタイプに加え、黒人やチェロキーインディアンの血を引いた被差別側の人というのも大きかったのかもしれませんね。

一方、80年代のアーサー。
ベトナム戦時下、ホワイトハウスで戦争批判を行ったことで世論を騒がせ、FBIやCIAにも睨まれ、一時アメリカに居られなくなりヨーロッパへ活動を移すことになったり、その後ブロードウェイミュージカルに主演しロングランヒットさせ堂々のカムバックを果たすなどの波瀾を乗り越えてきたこともあり、より凄みを増し貫禄が加わります。この世を思いのままに操れそうな魔女、或いは新興宗教の教祖的な趣すら感じます。
50年代から80年代へと飛ぶと、そのサウンドはしていますが、まったく自然にディスコチューンを乗りこなし、「Where Is My Man」でヒットチャートへも帰り咲き。第二(?)の全盛期を迎えました。これも当初からワールドワイドな世界観で唄ってきたことが大きいのでしょうね。それにしたって、誰にも出来ることではありません。素晴らしいです。

一貫した、「私は私」という恰好良さを持ったアーサー・キット。
CDのラストを飾るのは、1990年のロンドン公演の音源で「I Will Survive」。

御存知、グロリア・ゲイナー(Gloria Gaynor)やダイアナ・ロス(Diana Ross)が唄ったディスコナンバー。
日本では布施明、麻生よう子が「恋のサバイバル(II)」の題名でカバーしています。
グロリア、ダイアナとも違う、アーサーならではの魅力がよく出た名唱です。

この公演の様子を収めたアルバム「Live IN London」は廃盤で、中古市場もそこそこの値段になっている模様。「I Will Survive」を聴く限り、素晴らしいステージではなかったのかと思います。通しで聴いてみたいものです。

アーサー・キット、すっかり魅せられています。
まだまだ、いろいろ聴いてみたいです。

------------------------------------------------------------------------------------------
Excellent and Decadent (2002年発売)
1. Where Is My Man
2. Je Cherche Un Homme
3. Let's Do It
4. Under The Bridges Of Paris
5. Fascinating Man
6. C'est Si Bon
7. Mink, Schmink
8. I Want To Be Evil
9. Just An Old Fashioned Girl
10. My Heart Belongs To Daddy
11. I'm A Funny Dame
12. If I Love Ya, Then I Need Ya, Then I Want Ya Around
13. Jonny, Wenn Du Gebrutstag Hast ...
14. Hey Jacque
15. Apres Moi
16. Proceed With Caution
17. Angelitos Negros
18. Uska Dara - A Turkish Tale
19. If I Can't Take It With Me (When I Go)
20. My Heart's Delight
21. Toujours Gai
22. Cha Cha Heels
23. I Love Men
24. I Will Survive (Live)
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-04-05 13:47 | CD視聴感想 | Comments(0)