年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2015年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

わたしのデュークエイセス

「デュークエイセス CM WORKS」を聴いて、ようやくデュークエイセスへの感情が整理出来つつある。

セカンドテナー吉田一彦がデュークから去ったこと、現体制の歌声がしっくりこないことなどから、私のデュークエイセスに対する感覚は「卒業」状態である。

前者に対しては感情的に肯定し兼ねている。
吉田氏が病気で倒れたのは、先代トップテナー飯野知彦が病魔に襲われた頃だそう。
本人の強い意志で克服し、短期間で復帰したので、このころの病を知る人はそう多くないと思う。
ただ、リアルタイムで見ていて、やつれた吉田氏の姿にあきらかに何かあったのは明白だったし、その後しばらくの間、歌声に不安があった。
その後、調子は取り戻してはいる。

昨年、ふたたび病に倒れた吉田氏。本来ならば絶対安静の容態の中、デュークの仕事を強行したのだそうだ。食事も水分も摂取できないような状態でステージに立ったこと自体が奇跡、その出来不出来など問えるレベルではなかったそうだ。
そのような状態でも入っていた仕事を必死に行い、スケジュールがひと段落したところで、吉田氏は療養生活に入った。
デュークの60周年に間に合わせる、という強い意志のもと、医師からも復帰してもかまわないというお墨付きを得て、さあデュークでまた歌おう・・・と思っていても、事務所側の反応がおかしい。
スケジュールを確認してそろそろ連絡が来てもおかしくないはずなのに、よく見ると自分が出る心づもりであった仕事は代役が立てられている。
自分が出るはず、復帰のつもりだったステージは客席から見ることになって、舞台上から自分が病気で休養すると発表された。それでも最初はそれを受け入れ、いずれは復帰しデュークとして60年、65年歌うことを見据えて療養を続けようと考えていたものの、それがいつかの見込みが一向につかない。それどころか扱いすら・・・もう外堀はすっかり埋められ、もう椅子は残されていなかった。
60年近くあった居場所を失い、結局デュークから退くより選択肢が無くなってしまった。

以上が吉田氏引退の流れだ。
最もこれは吉田氏に近いサイドからの見方である。

デューク側からすると、数年来、吉田氏の体調不安はデュークにとって懸念材料であり、60周年を前に再び体調を崩した事態を重く見て、60周年で全国ツアー等大々的な展開を予定している中で、万一穴をあけるようなことがあってはならない、と吉田氏デューク引退への流れを作っていったのだと思う。
病の影響で、コーラスが今までのようにいかなくなってしまったと、谷リーダーは「徹子の部屋」で話している。そのことこそ、いちばん大きい理由なのだろう。
(ただ、傍目には疑念に思わなくもない。が、この問題は繊細なことゆえ、何とも言えない)

ただ、飯野氏の交代のときもそうだが、この決断は、どうも強引のように、非情のように感じてしまう。
だからこそ、60年歌ってくることができたともいえるし、これぞプロフェッショナルとしての矜持やクオリティを守るため保つことへの執念の賜物なのだろう。それでこそデュークエイセスともいえる。前を向いて進むための、大きな決断なのだろう。

ならば、現体制のデュークエイセスを応援していきたいかというと、私はそう言えずにいる。
谷・槇野のオリジナルメンバーと、大須賀・岩田の後発メンバーとの差が激しく、気持ちよく聴けないのだ。40代、アラカンのふたりと、八十路ふたりでは、節制がどうというレベルではなく、バランスが悪い。吉田氏の引退のことで感情的になっているとはいえ、それはそれとしてあまりにも違和感がある。

あまりにもレベルが高すぎた谷口氏、谷口氏の影に苦しみながら懸命に自分の色も少しづつ出しまろやかなデュークサウンドを模索した飯野氏の時代と比べてしまうと、なおさらに。
同じ面々が徐々に風雪にもまれて、色あせていくならばまだ見方もあるが、ハーフエイセスとなってしまっては、どう見て取ったらいいのか、私にはわからないでいる。

譜面を引き継いで、いっそ総入れ替えで新デュークエイセスをという考えは賛成できない。
デュークサウンドは、谷口(飯野、小保方、和田)・吉田・谷・槇野があってこそ、生まれたものだし、譜面上同じものをやったところで、世代的な音楽のノリもあるだろうし、往年のメンバーとの対比もあるだろうし、広い裾野で支持を受けられるとは思えない。
新たなコーラスグループがデュークに挑戦するという試みとしてならば面白いだろうが、デュークエイセスという看板を背負って歌うには、その荷は重すぎるのではないか。

いろいろ書いてきたが、デュークを「卒業」とはいっても、OBとしての意識はあるので、終焉(谷・槇野両名が去るまで)は見届けるつもりではいる。
素晴らしい歌が聴けたら、もしかしたら「復学」する可能性だってある。ただ、現状ではない。

なお吉田氏は、デュークからは引退した(させられた)もののソロ歌手として歌う道を現在模索している。
「徹子の部屋」等のメディアを見ていると誤解を受けるおそれがあるが、吉田氏は歌が唄えなくなったわけではない。
既に今夏、小さいイベントで歌い、喝采を浴びたそうだ。
ふたたび吉田氏の歌声が聴ける日を待ちたい。「女ひとり」は、デュークエイセスの歌であるが、吉田一彦の歌でもあるのだから。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2015-09-07 11:17 | つぶやき | Comments(6)