年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

希望という名の・・・

およそ10年ぶりの再会だった。

少し前、Amazonのサイトを特に考えもなく覗いているうちに、ふと思い立ち岸洋子で検索をかけた。
そうしたら、そのアルバムが有ったのだ。

岸洋子「希望」
KICS-301/302
1993年2月24日発売。

岸洋子の追悼盤だ。
1992年12月11日に亡くなったので、およそ没後3か月に出た計算になる。

岸洋子のベスト盤は今も昔の山のように発売されているが、選曲がしっかりしたものというのは残念ながら多くない。

このアルバムは初吹き込み曲から最晩年の歌声までで構成されたオールタイムベスト。
岸洋子の真髄と定評があったライブ音源とスタジオ録音が、それぞれ半々で収録されていて、聴きごたえは抜群。CD-BOXを買わなければ聴けない歌もしっかり収録されているところも嬉しい。

ブックレットも豪華で、「思い出のアルバム」と題したミニ写真集と、歌詞やプロフィール、ディスコグラフィ(残念ながら漏れが多い)に交友があった人たちの寄稿が載ったものと2種類。

寄稿している面々は和田誠、岩谷時子、下重暁子(元NHKアナウンサー、作家)、武藤辰彦(読売新聞記者)、安倍寧(音楽評論家)。

和田誠は、岸洋子のステージの構成演出も行っていることもあって、他の人たちよりも文章が長い。クレジットはないが、追悼盤の制作にも関わっているのかもしれない。であれば、このツボを心得た選曲も納得だ。


18歳の初夏、長い坂道を登って着いた、住宅街の中にある小さな図書館で、私はこのアルバムを聴いた。
それ以前に岸の代表曲「夜明けのうた」を聴いて、素晴らしい歌手であることは認識していた。

東京へ出たとき、地元・函館では出来なかった、自分が気になるs歌い手のCDをたっぷり聴きたい、と図書館めぐりをしていた中での出会いだった。

結果、岸洋子は私の中で確固たる存在になった。
「想い出のソレンツァーラ」「黒い鷲」に、山形弁で歌う「ラストダンスは私に」が耳について離れなくなった。

10年経ったいま、こうして、想い出のアルバムと再会してみると、どうしてこの歌をきちんと聴いていなかったのだろうと思う曲だらけだ。


岸洋子のお国・山形の歌「最上川舟唄」。
(この歌は、その後岸洋子出演の歌番組「ビッグショー」の再放送や、ダークダックス版で気に入った覚えがある)

ミレイユ・マチューのヒット曲「別れの詩」。
(これは伊東ゆかりの還暦コンサートで岸洋子の想い出話やレコーディングまでしながら権利関係で新アルバムに収録できなかった裏話を交えて、披露されたのを聴いてから気に入る。岸版自体はそれから何年も経って、20周年リサイタルのライブ盤を聴いてからスッと染みてきた)

シャンソンの中でも古い歌のひとつ「さくらんぼの実る頃」。
(CD化されていないが高英男の歌唱が絶品。岸洋子もこの歌がお気に入りで自叙伝の題名に使ったほど)


・・・挙げていけばきりがない。

年齢を重ねてから聴いて、どうしてこんなものが好きになったのかと苦笑してしまうものもあるが、岸洋子の場合はどんどん染みてくる。


2枚組のCDは「新しい世界」という歌で〆られる。
作詩:和田誠 作曲:佐山雅弘

91~92年のライブから取られたと思しき、最晩年の歌声。おそらく最後のオリジナル曲。
89年に倒れ、2年間の休業を経て91年に復帰した岸洋子。
往年のように声量豊かに歌い上げることも、伸びやかな高音も、そこにはない。
にもかかわらず、圧倒的なスケール感。奥行きがある。ぐいぐいと迫ってくる。

肉体的なハンディを乗り越え、歌い手として最後まできらめきを放ち続けていたことが、わかった。

10年前の私は、「最晩年は声も出なくなって可哀想」なんて思って、封印してしまったのだろう。
不明を恥じるばかりだ。

岸洋子のライブ盤は何枚か持っているが、どれも素晴らしい。
特に20周年、25周年のアルバムは愛聴盤として、携帯音楽プレーヤーやiPhoneには常にしのばせて、いつでも聴けるようにしてある。

この最晩年のライブも聴いてみたい。


聴いてみたいというと、岩谷時子の寄稿文(これがまた泣かせるのだが)にこんなくだりがある。

>私は一つの約束をしたことがある。
>「東北の民話を、いくつか選んで詞にするから、その土地の言葉で歌ってみない?何年かかってもいいじゃない」
>「うん、面白そうね」
>そう言っていたのに、岸さんは、いなくなってしまった。

岸洋子と岩谷時子の相性は、「夜明けのうた」と「黒い鷲」を聴けばわかるが抜群だ。
実現していたら、新派作品を歌にした「ATASHI」(水谷良重)のような、他に類がない、素晴らしいアルバムが出来上がっていたに違いない。

惜しまれてならない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2015-11-07 21:09 | Comments(0)

ひとりのおんな

自分の中の一部がもぎ取られたような感覚だ。
秋から冬への変わり目に届いた、女優加藤治子の訃報。
泣きたい気持ちをどうにか抑えている。

思春期、10代に触れたものは一生ものだ、という。
多感な時期に、どんなものを観て、聴いて、読んでいたか。
加藤治子の演技は、その時期にたっぷり見ることが叶った。

何から挙げていいのかわからない。
意識する前から、加藤治子は知っていた。見ていた。
「魔女の宅急便」だ、「浅見光彦シリーズ」だ、久世光彦が作っていた「向田邦子ドラマシリーズ」だ。
ピップエレキバンやら何やらコマーシャルにも出ていた。普通のテレビドラマにも顔を出している。
「古畑任三郎」にも出ていたはずだ。

好きだ嫌いだという以前から触れていた。

それが「寺内貫太郎一家」の再放送で一気に火がついたような記憶がある。
いや、「阿修羅のごとく」だったかもしれない。

ある、というのは気が付いたら惚れ込んでいたので、いつからというのは難しいから。
久世光彦の啓蒙活動の影響もあると思う。
どちらにせよ、高校のころには違いない。

慈母。
それでいて女性としての魅力もキープしている。

女。
それも業を強く滲ませた。

あの時期、散々昭和を彩る女優の演技に、のめり込むように触れていったけれど、
昭和の時代、平成の現在、どちらも並行して楽しむことができた数少ないが加藤治子だった。


もうお歳だから。
そろそろ見納めなのか。
彼女が八十路を迎える前後、静かに覚悟をし始めてつつあった。
しかし、こちらの心配をよそに、テレビドラマに主演したり、ジブリアニメに再び顔を出し、浅見光彦の母であり、天国のおばあちゃんと弾けた演技を見せたCMと
健在だった。年齢相応の認知症の老婆の役もよく回っていたが、相手役の夫はだいぶ年下の俳優ばかり、でも不自然さがない。
やはり彼女は凄かった。

気が遠くなるような、長い女優生活。
もとは松竹少女歌劇出身で、並木路子と同期だったはずだ。
御舟京子という芸名だった時代、榎本健一主演の映画に相手役で出演している。
エノケンの晩年にテレビドラマで共演した、なんて話ではない。
戦後でもない。戦前の話だ。

いろいろなことを思い出す。
それも新旧取り混ぜて。あれも見たい、これも見たいという想いにかられる。

山田太一がNHKアーカイブスに出演した際に自薦して再放送されたドラマがあった。
「いちばん綺麗なとき」。1999年放送。NHK。
出演は八千草薫、加藤治子、夏八木勲。

八千草の亡夫の姉役が加藤なのだ。一見和気藹々とした関係に見えつつ、徐々に見えるほころび、闇、亀裂。そして爆発。
八千草薫と加藤治子のぶつかり合いは、近年のドラマにはないクオリティだった。
山田太一の脚本も、演じられる女優を得たことによって輝きを魅せていた。

向田邦子脚本のドラマ「家族熱」。
三國連太郎の元妻。別れた夫と再会したことから、失った家庭への想いが再燃し、徐々に常軌を逸し、狂ってゆく女。

やはり「寺内貫太郎一家」だろうか。
ミツヒコと優しく呼びかける、あの母も捨てがたい。

久世光彦が並々ならぬ思いで作り続けた「向田邦子ドラマシリーズ」を選ぶべきか。
加藤治子も含め、名優揃いの「花へんろ」か。

最近見ている「だいこんの花」もいい。

いやいや、「阿修羅のごとく」だろう。
肌襦袢一枚で玄関に現れる加藤治子。うな重をなげつける八千草薫。
おもちゃのピストル片手に押し掛ける本妻役の三條美紀。
おもちゃのミニカーを鬼の形相で放り投げる大路美千緒。
どこを切っても凄すぎる。

ああ、どれだけ、私にとって好きな作品に出ていた人なのだろう、加藤治子というひとは。
勘定していくと山のように浮かんでくる。
見返していくだけで、思い返すだけでも、充分すぎる。

それでも、私は淋しい。そして悔しい。

気が付くと見なくなってしまった彼女。
90歳の加藤治子の演技を見ることができなかったことが悔しい。
90代の彼女の演技を、私は見たかった。
どう魅せてくれたのだろうか。

生きているだけでもいい、生き続けていてほしかった。

その人の持つ雰囲気で判断してほしいと、年齢を訊かれることを嫌っていた加藤治子。
92歳の大往生なんてことば、似合わない。

だから、私は惜しむ。明るく送り出すなんてことはしない、言わない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2015-11-05 21:21 | 古今俳優ばなし | Comments(0)