年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ラストライブ 岸洋子

10年来探していた岸洋子のCDが手に入った。

探していた…いや、それはちょっと違う。探していたには探していたけれど、どこかで聴くのが怖いと思っていた自分がいたから。

そこを突破して、何とか手に入れたいと本腰を入れたのは、先だって岸洋子の追悼盤と再会して「新しい世界」という曲を聴いてから。

おそらく最後のオリジナル曲。
歌手生活最晩年のものと思しきライブ音源。

往年のように声量豊かに歌い上げることも、伸びやかな高音も、思うようには出なくなっている。そこに10年前の私は「痛ましい」「可哀想」と感じ取り、歌も記憶も封印した。

それがどうだ。
今、聴いてみると印象が全く変わっている。

現段階で出せる声をどう使っていくか。
バリバリ歌えていた過去の自分との闘い。
考え抜かれた末に生まれたであろう、新たな歌い方。

温かみ。
圧倒的なスケール感。
奥行き。

歌い手としての持ち味、本質的な部分は微塵も揺るいでいない。

こんなに大きい人だったんだ。
自分の見る目の無さに頭を抱えながら、岸洋子に惚れ直した。

その情熱と執念を大きな身体に秘めながら、たおやかに在った岸洋子の最期の歌声、今聴きたいと強く思った。

あれだけ探してもない、あっても一歩違いでスルリと逃げられていたものが、いとも簡単に手に入った。今まで霧がかかって見えなかった、ごく近い場所に、それはあったのだ。

「岸洋子リサイタル'91 / ラスト・ライブ」(KICX-389)

1991年10月14日、東京厚生年金会館で行われた「岸洋子リサイタル'91」での歌声が収められている。病で2年間休業していた岸洋子の再起ステージだ。亡くなるおよそ1年前のうただから、ラストライブではないと思うのだが、コンサートの形態(構成演出)としてはこれが最後のものという意味で、ラストライブなのだろうか。

最小限の、でも腕利きのミュージシャンとともに奏でられる、名曲の数々。

あれだけの闘病生活、それだけでお涙頂戴の見世物になって、歌は2の次になっていたところで全く不思議じゃないのに、そういう次元にいない。歌に荒みがない。ちゃんと歌で勝負している。
会場にいたら、客席で泣いていたに違いない。

どうやったら、あんな歌が歌えるのだろう。

[PR]
by hakodate-no-sito | 2015-12-07 21:11 | 歌・唄・うた | Comments(0)