年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

ひとりのおんな

自分の中の一部がもぎ取られたような感覚だ。
秋から冬への変わり目に届いた、女優加藤治子の訃報。
泣きたい気持ちをどうにか抑えている。

思春期、10代に触れたものは一生ものだ、という。
多感な時期に、どんなものを観て、聴いて、読んでいたか。
加藤治子の演技は、その時期にたっぷり見ることが叶った。

何から挙げていいのかわからない。
意識する前から、加藤治子は知っていた。見ていた。
「魔女の宅急便」だ、「浅見光彦シリーズ」だ、久世光彦が作っていた「向田邦子ドラマシリーズ」だ。
ピップエレキバンやら何やらコマーシャルにも出ていた。普通のテレビドラマにも顔を出している。
「古畑任三郎」にも出ていたはずだ。

好きだ嫌いだという以前から触れていた。

それが「寺内貫太郎一家」の再放送で一気に火がついたような記憶がある。
いや、「阿修羅のごとく」だったかもしれない。

ある、というのは気が付いたら惚れ込んでいたので、いつからというのは難しいから。
久世光彦の啓蒙活動の影響もあると思う。
どちらにせよ、高校のころには違いない。

慈母。
それでいて女性としての魅力もキープしている。

女。
それも業を強く滲ませた。

あの時期、散々昭和を彩る女優の演技に、のめり込むように触れていったけれど、
昭和の時代、平成の現在、どちらも並行して楽しむことができた数少ないが加藤治子だった。


もうお歳だから。
そろそろ見納めなのか。
彼女が八十路を迎える前後、静かに覚悟をし始めてつつあった。
しかし、こちらの心配をよそに、テレビドラマに主演したり、ジブリアニメに再び顔を出し、浅見光彦の母であり、天国のおばあちゃんと弾けた演技を見せたCMと
健在だった。年齢相応の認知症の老婆の役もよく回っていたが、相手役の夫はだいぶ年下の俳優ばかり、でも不自然さがない。
やはり彼女は凄かった。

気が遠くなるような、長い女優生活。
もとは松竹少女歌劇出身で、並木路子と同期だったはずだ。
御舟京子という芸名だった時代、榎本健一主演の映画に相手役で出演している。
エノケンの晩年にテレビドラマで共演した、なんて話ではない。
戦後でもない。戦前の話だ。

いろいろなことを思い出す。
それも新旧取り混ぜて。あれも見たい、これも見たいという想いにかられる。

山田太一がNHKアーカイブスに出演した際に自薦して再放送されたドラマがあった。
「いちばん綺麗なとき」。1999年放送。NHK。
出演は八千草薫、加藤治子、夏八木勲。

八千草の亡夫の姉役が加藤なのだ。一見和気藹々とした関係に見えつつ、徐々に見えるほころび、闇、亀裂。そして爆発。
八千草薫と加藤治子のぶつかり合いは、近年のドラマにはないクオリティだった。
山田太一の脚本も、演じられる女優を得たことによって輝きを魅せていた。

向田邦子脚本のドラマ「家族熱」。
三國連太郎の元妻。別れた夫と再会したことから、失った家庭への想いが再燃し、徐々に常軌を逸し、狂ってゆく女。

やはり「寺内貫太郎一家」だろうか。
ミツヒコと優しく呼びかける、あの母も捨てがたい。

久世光彦が並々ならぬ思いで作り続けた「向田邦子ドラマシリーズ」を選ぶべきか。
加藤治子も含め、名優揃いの「花へんろ」か。

最近見ている「だいこんの花」もいい。

いやいや、「阿修羅のごとく」だろう。
肌襦袢一枚で玄関に現れる加藤治子。うな重をなげつける八千草薫。
おもちゃのピストル片手に押し掛ける本妻役の三條美紀。
おもちゃのミニカーを鬼の形相で放り投げる大路美千緒。
どこを切っても凄すぎる。

ああ、どれだけ、私にとって好きな作品に出ていた人なのだろう、加藤治子というひとは。
勘定していくと山のように浮かんでくる。
見返していくだけで、思い返すだけでも、充分すぎる。

それでも、私は淋しい。そして悔しい。

気が付くと見なくなってしまった彼女。
90歳の加藤治子の演技を見ることができなかったことが悔しい。
90代の彼女の演技を、私は見たかった。
どう魅せてくれたのだろうか。

生きているだけでもいい、生き続けていてほしかった。

その人の持つ雰囲気で判断してほしいと、年齢を訊かれることを嫌っていた加藤治子。
92歳の大往生なんてことば、似合わない。

だから、私は惜しむ。明るく送り出すなんてことはしない、言わない。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2015-11-05 21:21 | 古今俳優ばなし | Comments(0)

サヨナラ日比谷公会堂

良い夜でした。
約半年ぶりに上京した目的のひとつは、日比谷公会堂で催される越路吹雪音楽祭の鑑賞。ヅカは正直苦手なんですが、知っている方がプロデューサーで関わっているのと、ペギー葉山、雪村いづみ、水谷八重子と私の大好きな方が揃い踏みというのと、今年度末で日比谷公会堂が一時閉鎖(改築)という、気にかかる3つの要素があり、重過ぎる腰を上げました。

結論からいうと、ヨカッタァ!
人選にはTさんが関わっているだけあって歌える人ばかり。得意ではない宝塚ですが看板を張った人たちばかりだけあって、思った以上に楽しめました。なんたって舞台映えするんです、全員。
そして歌わされている感がまったくない。

演奏が宮間利之とニューハード(をベースにしたスペシャルバンド)。20人以上いて、腕利きとあって、サウンドはゴージャス。歌い手がさらに引き立ちますし、さして興味がない歌手が出ているときも耳は常に幸福なので、ステージへすぐ意識が向かいます。

目当ての御三方は、目当てだけあって、好きであることを裏切らない、ますます好きにさせてくれるステージ。
大好きな水谷八重子ですが、正直に言って今もあれだけ歌えるとは思っていなかったです。嬉しい誤算でした。

ペギー葉山を前回観たのは、やはり日比谷公会堂でした。あれから9年。御御足が少し悪いのかなと思いましたが、歌いっぷりは今回の方がずっと良くて、また途中ピアノにもたれながら歌う姿が絵になっていて、こんなに凄い人なんだと感銘。
雪村いづみは「愛の讃歌」。越路吹雪が使っていた譜面で歌われていました。声が出ること、出ること。

ペギー、雪村の御両人はお歳を考慮してか1曲づつでしたが、あの歌いっぷりを見れば、もっと曲数多く聴きたかったですね。
ペギー・雪村・水谷、それぞれで越路吹雪を歌う的なワンマンコンサート見たいなぁとも。

御三方以外だと涼風真世の細さにビックリ。柳の小枝って、あんな人を言うのでしょうか。あの細い身体からどうやってあんな歌声が出てくるのか。
(おかげで次に出てきた水谷八重子が余計恰幅が良く見えるマジック。しっかり八重子サン、ネタにしてました笑)

雪村いづみの「愛の讃歌」に限らず、越路吹雪が使っていた譜面で歌われた曲数も多々あって、知っている歌が生バンドで、知っているアレンジで聴ける幸福。

最高の2時間でした。
華やかな想い出と共に日比谷公会堂を心に残せて、本当に嬉しいです。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2015-10-23 23:13 | 歌・唄・うた | Comments(0)

ふたつの「愛の讃歌」

「愛の讃歌」といえば、一般的には岩谷時子の詩で広く知れ渡っていますし、歌われています。

http://www.uta-net.com/movie/42573/

私の手元にも「愛の讃歌」の音源は、エディット・ピアフと越路吹雪を筆頭にいくつもあります。
その中に、倍賞千恵子が歌う「愛の讃歌」があります。
私が知っているものでは2種類の録音があり、1種類は科白(ナレーション)の後に歌い出すもの。
どちらも、♪貴方の燃える手で私を抱きしめて…という岩谷時子の詩での歌唱なのだが、♪固く抱き合い 燃ゆる指に髪をからませながら…以降の歌詞が歌われておらず、代わりに

♪たとえ山はさけて 海はあせる時も
君の愛あれば 何をかおそれん
生命終わるときも あなたを愛したい
君の愛あれば さらに何を望まん

という歌詞で歌われています。
訳詩者不詳の日本語詩とあります。
調べてみると、倍賞版はダイジェスト版のようで、ベースをもとに最初と最後を組み合わせたもののよう。

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/09/post_d9d5.html

先日、調べものがあって図書館向けデジタル化資料送信サービスを利用して、国会図書館の資料を閲覧していたら、昭和31年発売の雑誌「知性」のシャンソン特集記事の中にこの詩が載っていたのです。
今日伝わっている詩とは、異なる部分もあったが、ほぼ同じ。

たとえ山は裂けて 海は浅(あ)せるときも
君の愛あれば 何をか恐れん
たとえ世の宝は すべて失うとも
君の愛あれば 何をかさらに惜しまん

君が望めば
よしや火の中 水の中でも・・・
友を裏切り
この世を捨てて世界の果てに
命終るとき
愛の世で結ばれて・・・
君の愛あれば
何をかさらに望まん


作詩は中原淳一と記載。

・・・高英男が歌っている「愛の讃歌」の日本語詩と違う。

いのちのある限り お前を抱きしめて
この世の果てまで お前とならば
私の このいのち 悔いなく捧げよう
固きこころの 愛の誓い持ちて

お前のいのち 私のいのち
それはひとつさ
お前のこころ 私のこころ
それもひとつさ
みんな同じさ お前と私
地の果てまでも
海の果てまで 空の果てまで
ともに愛さん


雑誌の表記ミスでなければ、中原淳一の詩の「愛の讃歌」は2種類存在することになります。

中原淳一やシャンソンのファンや関係者は、周知のことなのかもしれませんが、思いがけない発見でした。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2015-10-23 20:59 | 歌・唄・うた | Comments(0)

わたしのデュークエイセス

「デュークエイセス CM WORKS」を聴いて、ようやくデュークエイセスへの感情が整理出来つつある。

セカンドテナー吉田一彦がデュークから去ったこと、現体制の歌声がしっくりこないことなどから、私のデュークエイセスに対する感覚は「卒業」状態である。

前者に対しては感情的に肯定し兼ねている。
吉田氏が病気で倒れたのは、先代トップテナー飯野知彦が病魔に襲われた頃だそう。
本人の強い意志で克服し、短期間で復帰したので、このころの病を知る人はそう多くないと思う。
ただ、リアルタイムで見ていて、やつれた吉田氏の姿にあきらかに何かあったのは明白だったし、その後しばらくの間、歌声に不安があった。
その後、調子は取り戻してはいる。

昨年、ふたたび病に倒れた吉田氏。本来ならば絶対安静の容態の中、デュークの仕事を強行したのだそうだ。食事も水分も摂取できないような状態でステージに立ったこと自体が奇跡、その出来不出来など問えるレベルではなかったそうだ。
そのような状態でも入っていた仕事を必死に行い、スケジュールがひと段落したところで、吉田氏は療養生活に入った。
デュークの60周年に間に合わせる、という強い意志のもと、医師からも復帰してもかまわないというお墨付きを得て、さあデュークでまた歌おう・・・と思っていても、事務所側の反応がおかしい。
スケジュールを確認してそろそろ連絡が来てもおかしくないはずなのに、よく見ると自分が出る心づもりであった仕事は代役が立てられている。
自分が出るはず、復帰のつもりだったステージは客席から見ることになって、舞台上から自分が病気で休養すると発表された。それでも最初はそれを受け入れ、いずれは復帰しデュークとして60年、65年歌うことを見据えて療養を続けようと考えていたものの、それがいつかの見込みが一向につかない。それどころか扱いすら・・・もう外堀はすっかり埋められ、もう椅子は残されていなかった。
60年近くあった居場所を失い、結局デュークから退くより選択肢が無くなってしまった。

以上が吉田氏引退の流れだ。
最もこれは吉田氏に近いサイドからの見方である。

デューク側からすると、数年来、吉田氏の体調不安はデュークにとって懸念材料であり、60周年を前に再び体調を崩した事態を重く見て、60周年で全国ツアー等大々的な展開を予定している中で、万一穴をあけるようなことがあってはならない、と吉田氏デューク引退への流れを作っていったのだと思う。
病の影響で、コーラスが今までのようにいかなくなってしまったと、谷リーダーは「徹子の部屋」で話している。そのことこそ、いちばん大きい理由なのだろう。
(ただ、傍目には疑念に思わなくもない。が、この問題は繊細なことゆえ、何とも言えない)

ただ、飯野氏の交代のときもそうだが、この決断は、どうも強引のように、非情のように感じてしまう。
だからこそ、60年歌ってくることができたともいえるし、これぞプロフェッショナルとしての矜持やクオリティを守るため保つことへの執念の賜物なのだろう。それでこそデュークエイセスともいえる。前を向いて進むための、大きな決断なのだろう。

ならば、現体制のデュークエイセスを応援していきたいかというと、私はそう言えずにいる。
谷・槇野のオリジナルメンバーと、大須賀・岩田の後発メンバーとの差が激しく、気持ちよく聴けないのだ。40代、アラカンのふたりと、八十路ふたりでは、節制がどうというレベルではなく、バランスが悪い。吉田氏の引退のことで感情的になっているとはいえ、それはそれとしてあまりにも違和感がある。

あまりにもレベルが高すぎた谷口氏、谷口氏の影に苦しみながら懸命に自分の色も少しづつ出しまろやかなデュークサウンドを模索した飯野氏の時代と比べてしまうと、なおさらに。
同じ面々が徐々に風雪にもまれて、色あせていくならばまだ見方もあるが、ハーフエイセスとなってしまっては、どう見て取ったらいいのか、私にはわからないでいる。

譜面を引き継いで、いっそ総入れ替えで新デュークエイセスをという考えは賛成できない。
デュークサウンドは、谷口(飯野、小保方、和田)・吉田・谷・槇野があってこそ、生まれたものだし、譜面上同じものをやったところで、世代的な音楽のノリもあるだろうし、往年のメンバーとの対比もあるだろうし、広い裾野で支持を受けられるとは思えない。
新たなコーラスグループがデュークに挑戦するという試みとしてならば面白いだろうが、デュークエイセスという看板を背負って歌うには、その荷は重すぎるのではないか。

いろいろ書いてきたが、デュークを「卒業」とはいっても、OBとしての意識はあるので、終焉(谷・槇野両名が去るまで)は見届けるつもりではいる。
素晴らしい歌が聴けたら、もしかしたら「復学」する可能性だってある。ただ、現状ではない。

なお吉田氏は、デュークからは引退した(させられた)もののソロ歌手として歌う道を現在模索している。
「徹子の部屋」等のメディアを見ていると誤解を受けるおそれがあるが、吉田氏は歌が唄えなくなったわけではない。
既に今夏、小さいイベントで歌い、喝采を浴びたそうだ。
ふたたび吉田氏の歌声が聴ける日を待ちたい。「女ひとり」は、デュークエイセスの歌であるが、吉田一彦の歌でもあるのだから。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2015-09-07 11:17 | つぶやき | Comments(6)

加藤武

加藤武というと、数年前ドラマ「最後のカチンコ」で新藤兼人役に扮した際の憑依っぷりが印象に残っている。

死とはまだまだ無縁そうな矍鑠とした姿しか知らないので、戸惑いがある。

あの世で「何でこんな来方するのよ」と杉村春子に怒鳴られているだろう。
北村和夫や、小沢昭一ほか先に逝った東京やなぎ句会の面々からは半ばからかいながら迎えられているだろう。

そんなことを考えながらも、結局言いたいのはこれ。
小沢昭一が亡くなったとき、亡骸に向かってかけたということば。

「何で死んじゃったんだ、バカー」
たまたまネットをさまよっていたら、少し前に語りの会を行ったというニュースを見て、いちど見たいなぁと思って、ホームボタンでヤフーのトップページを開いたら「文学座代表 加藤武さん死去」である。
嗚呼・・・。

また一人、生きているのか亡くなっているのかボーダレスな感覚に陥る人が増えてしまった。

    [PR]
    # by hakodate-no-sito | 2015-08-03 21:04 | 古今俳優ばなし | Comments(0)