年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

フランク永井をもういちど

LP盤起こしだし、CD-Rだし・・・と敬遠していたMEG-CDを買ってみた。
品物はフランク永井。1985年2月14日、神奈川県民会館で催された30周年記念ライヴを収めた1枚。演奏は猪俣猛とサウンド・リミテッド(+ムジカ・ストリングス)。編曲は宮川泰。

フランク永井のライヴ盤は何枚か持っているのだけど、どれも1級品。
このアルバムはどうかというと、曲間やMCの編集にやや難がある。1985年の段階で、こんな切り方をするとはちょっと驚いた。今ならもっとスムーズにできるのだろうに。

フランク永井の歌声は、低音の魅力が全面に押し出され、他のライヴ盤からは伺えない渋み、哀愁、円熟味を帯びている。

80年代以降のフランクの特色であるジャズ・ポピュラーへの回帰。
このライブ盤でもメドレーを含め7曲が唄われている。
もともと60年代のライブ盤でも、ジャズ・ポピュラーソングは唄われていて、ステージでは欠かせないものだったろうと思うが、このアルバムが1枚ものとはいえキャリアの区切りとなる30周年記念ライヴ盤でありながら、選曲のうちジャズポピュラーが半分近い割合を〆ている。

その一方で、「大阪ぐらし」「こいさんのラブコール」といった大阪ものが1曲も選曲されていない。
唄われたがレコードに収められなかっただけなのだろうか。思い切った試みだと思う。

いずれにしても、フランク永井(側なのかビクター側なのか、その辺は微妙なところだろうが。)が30周年のいま・ここで聴かせたい歌、需要があった歌が、ジャズ・ポピュラーであったことは間違いないだろう。

お馴染の「東京午前三時」や「有楽町で逢いましょう」などの都会派ムード歌謡も、往時よりも低くなった熟成された歌声で奏でられると、ヒット当時にはなかった奥行き、哀愁、渋みが加わる。サウンド・リミテッドの演奏のスタイリッシュさも相まって、新たな曲の輝きを感じる。歌謡曲がポピュラーソングと化しているのだ。大トリで唄われる「あなたのすべてを」は、まさしく絶唱とよぶにふさわしく、涙ぐんでしまった。

昭和60年当時の、フランク永井が音楽シーンにおいてどのような扱いを受けていたのか、当時を生きていない私にはよくわからない。ただ、コンサートで芸術祭賞も受けるほどクオリティの高いステージで知られていて、過去2枚組のライブ盤も複数発表されているのに、30周年という記念のライブ盤でありながら、やや雑な編集で1枚ものに収められてしまっているあたり、微妙な立ち位置を感じる。

だが、このアルバムに限らず歌手生活晩期に遺された作品を聴くかぎり、良質な作品を送り続けていたことは間違いないし、全盛期のようなたっぷりした唄い方は出来なくなっていたものの、キーの調整や歌唱の工夫で別の魅力を生み出せている。歌手としての魅力は決して色褪せていなかった。
あのようなかたちでキャリアにピリウドを打ってしまったことが惜しまれてならない。

フランク永井のキャリアの総括ともいえる、この30周年記念ライブ。
レコードに収められた編集版ではない、完全版の音源はビクターの倉庫に残っていないのだろうか。
今年2015年はフランク永井がビクターからレコードデビューして60年という区切りの年である。
音源復刻が進んで欲しい。そして、その工程で奇蹟的に音源発掘されないものかと願っている。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2015-03-07 10:51 | CD視聴感想 | Comments(0)

時の針

コンビニで用を足していると、店内の有線放送が耳についた。
「この声は…」
こういうときにとっさに誰かわからないと、あとで調べるのに苦労する。
幸いなことに、その声は私の頭にしっかり刻まれている歌い手のものだった。
岩崎宏美である。

自分のなかでは、馴染みはあるものの好きな歌い手の上位に挙げるようなひととは少し違うのだが、折に触れて、彼女の歌で琴線に触れてくるものと出逢う。

それは決して大ヒット曲という訳ではない。
いや、勿論「聖母たちのララバイ」も「ロマンス」も「シンデレラハネムーン」も好きな歌ではあるのだが、自分の中で重要な位置を占めているかというと否だ。

(もっとも「聖母たちのララバイ」については、アルバム「夕暮れから・・・ひとり」に収められた、「火曜サスペンス劇場」で使用されていたテイクは偏愛に近い好みだ)

早速その場でiPhoneを使って調べる。
昔なら、その場で店員に聴いたり、レコード店で訊ねたり、とするのだろうが、いまそんなことをやっても応えられる人はまずいない。探し出せない上に、相手にとっては不利益な時間を使わやがってと迷惑がられるのがオチだ。
文明の利器の恩恵で、こういうときはネット検索法さえ心得ておけば本当に助かる。
情緒もふれあいもないが、いまの風潮ではこちらの方が良いのだ。

その唄の題名は「時の針」という。
テレビCMでも流れていたそうだが、耳に入って来てはいなかった。
作詞・作曲は中村中。
約10年前に「友達の詩」という歌で、紅白歌合戦にも出た、シンガーソングライターだ。
性同一障害者ということもあって、当時はそこも強調するかたちでよくメディアで取り上げられていたが、今は忘れている人の方が多いのではないだろうか。
「友達の詩」は良い歌だったが、どうも歌い手の特殊パーソナリティありきで売られた感があって、勿体無く思う。

彼女は昭和40~50年代の歌謡曲が大好きで、ちあきなおみや由紀さおり、そして岩崎宏美といった女性歌手が好みなのだという。
リスペクトを叫んでも、歌い手の個性が強すぎて、何もリスペクトになっていなかったり、まったく良さを引き出していないことはよくあるが、岩崎と中村の相性は、ぴったり。岩崎が唄った「友達の詩」は中村のそれ以上のもので、まるで最初から岩崎のための歌のようにも思えた。

(なお、天の岩戸に隠れてしまったちあきなおみは叶っていないが、由紀さおりには曲提供を実現している。「かくれんぼ」「回転木馬」という。これがまたなかなか良い歌で、収められているアルバム「いきる」は発売から5年経った今も大好きな1枚だ。)

この「時の針」も、歌謡曲・岩崎宏美リスペクトに満ちた素敵な1曲だ。
「あざやかな場面」「虹~singer~」と続き、また、岩崎宏美の歌で、大事にしまっておきたい歌が増えた。

----------------
長い長い時の流れを もしも巻き戻せたとしても
飛んで行けない 私の弱さは時の流れのせいじゃないから
----------------

http://j-lyric.net/artist/a000487/l02d471.html
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2015-01-03 23:45 | 歌・唄・うた | Comments(0)

群青の星

玉置浩二がカバーアルバムを出したという。
アルバム名は「群像の星」。
玉置の天才的歌唱で、名曲が聴けるならば、木戸銭を払うに値する。
早速入手してみた。

まず選曲に驚いた。
「圭子の夢は夜ひらく」「男はつらいよ」に「I LOVE YOU」に「初恋」に「愛の讃歌」と来ている。
ジャンルがバラバラだ。
驚いたが、これでそこらのカバーアルバムとは一線を架していることがわかり、再生が楽しみになってきた。

聴いた。
どの歌も驚くほどに詩が生きている。ジャンルがどうではなく、普遍的な魅力を放つ歌詩かどうかということに選曲の重点が置かれていたのだろうか。
玉置浩二というボーカリスト(ここでは、この言葉を使いたい)の才能が遺憾なく発揮されている。詩を立て、曲を立て、懐メロだ演歌だ歌謡曲だフォークだポップスだという垣根を取り払い、現代の歌として再構築している。

かつて久世光彦(久世と玉置は作詞家、作曲家という立場で「無言坂」などの名曲を生み出してもいる)がエッセイに記していたが、玉置浩二という人は古今の歌に精通していて、何でも唄えるのだという。久世が自身の好みを発揮させて、90年代にドラマで往年の名曲を玉置に唄わせたこともあった。そのあたりの下地も、このアルバムが成功している一因であることは疑いようがない。

久世光彦が健在だったら、このアルバムを誰よりも喜んで聴いたに違いない。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2014-12-30 10:48 | CD視聴感想 | Comments(0)

愛の讃歌

これぞシャンソン、という曲をひとつ選んで下さいというと必ずと言って1位に上るのが「愛の讃歌」。
シャンソンって何?という世代でも、「愛の讃歌」という題名ぐらいはまあまあ御存知。
近年だと、美輪明宏の歌唱がクローズアップされていて、今年は朝ドラ「花子とアン」でも挿入歌として使用、紅白歌合戦でも美輪明宏の歌声で披露されるそう。「愛の讃歌」旋風は年明けも続くのだろうと予想。

昨日、玉置浩二の「群像の星」というアルバムを聴いていたら、「愛の讃歌」も収められていた。
岩谷時子の詩が生きた、現代の上質のラブソングとして結構なものだった。

それを聞きながら、さて自分は、エディット・ピアフ、越路吹雪の東西横綱・本家はさておいて、誰の「愛の讃歌」が気に入っているのだろう、どんな人の「愛の讃歌」を聴いてきたのかという考えが頭をよぎった。

iTunesで調べてみると、のべで90。同一音源もあるので、それを除外しても65ぐらいは行くのだろう。
同じ歌手でも別音源も多い。越路吹雪だけでも5、6テイクあった。

思い付くまま、5人挙げてみる。

まずは淡谷のり子。1950年代と早い段階から唄い出しレコードにも入れていて、東芝時代には鈴木章治の伴奏で唄ってもいる。私が好きなのは70歳半ばになってから、ピアノ伴奏だけで唄ったもの。晩年の淡谷の活動拠点・渋谷ジァンジァンでのライブレコーディング。

淡谷と共に三大女王と称された(もうひとりは渡辺はま子)二葉あき子も忘れ難い。知っている人はそう多くないが、二葉もシャンソンに対する関心があって、世間からはなつめろ歌手扱いされていた昭和40年代にフランシス・レイを歌ったアルバムを発売している。最後のシングルとなった「星ふるデッキで」のカップリングは、長く持ち歌にしていたシャンソン「パダム・パダム」。90年代前半、フランスの小さな音楽酒場で唄ったこともあるのだ。
越路吹雪が「愛の讃歌」を歌うことになったきっかけは、喉を壊した二葉の代役である。「愛の讃歌」も二葉が唄う予定で、藤浦洸の訳詩も存在する。
1970年代中ばに発売されたライブ盤に収められている。ライブの構成演出は高英男。高によるオープニングナレーションや、二葉と高の対談もレコードでは聴くことが出来る。

二葉とも親交があった、日本におけるシャンソンの第一人者高英男も欠くことは出来ない。
寄席芸人的な面と、大劇場を沸かせるパーソナリティという、一見相反するような面を併せ持った唯一無二の歌い手だった。
全盛時代の1950年代に吹きこまれた歌声の爽風さは捨て難いが、1979年のライヴ盤に収められた完成された"高ぶし"で聴かせる「愛の讃歌」は、ファンとしては大向こうをかけたくなる。
歌手生活としては、晩年の位置にあたる1995年にテレビ番組「題名のない音楽会」で披露した、蒸留水のような透明さのなかに色艶を滲ませた魅せたパフォーマンスも胸をうつ。

日本で初めて「愛の讃歌」を唄ったとされるのが宝塚出身のシャンソン歌手深緑夏代である。宝塚時代、後輩の越路吹雪に岩谷時子と3人で親しくし、越路と二人組んで、進駐軍廻りも行っていたという。宝塚シャンソンというと、越路吹雪というイメージが世間では持たれがちだが、(橘薫という先達はいるが)本当は深緑夏代なのだ。後輩の指導も得意とし鳳蘭をはじめ、宝塚OGを多く育成している。
深緑の歌は情熱的であり、ドラマがある。背筋がぴんと伸びた、恰好良さがある。一般的には知られていないのかもしれないが、機会があれば深緑夏代の歌は聴いて頂きたい。
私が初めて生歌で聴いた「愛の讃歌」は深緑夏代。あの感激、震えは忘れられない。当時80歳を過ぎていたはずなのだが、エネルギーに満ち溢れていた。もう一度、聴きたい。

いま一人挙げたいのが、倍賞千恵子。諏訪さくらからは想像も付かないドラマチックな歌唱。SKD
出身であることを改めて確認できる。

他にも長谷川きよし、森山良子、菅原洋一(紅白でも1982年に歌っている)、岸洋子、宮城まり子、佐良直美、松尾和子、金子由香利、中原美紗緒、美川憲一、岩崎宏美、ミルバ、石井好子、クミコ、美空ひばり、由紀さおり、フランク永井・・・挙げればきりがない、層々たる顔ぶれが唄っている。私が失念して居たり、知らないだけでもっといるだろう。

ただ、やはり私にとっての「愛の讃歌」はエディット・ピアフであり、何より越路吹雪である。
他の「愛の讃歌」は別の歌に思える。
今年は越路の生誕九十年だったそうだが、遺された僅かな映像や、多くのレコードに収められたライブパフォーマンスを聴いても、一向に古さを感じさせない。時を越えて、いまなお燦然と輝いている。

♪いなくなった歌い手ひとり 声が残るだけ

越路を追悼して作られた曲「シャンソン」(歌ペギー葉山)が脳裏によぎる。
(http://www.uta-net.com/movie/101899/)
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2014-12-28 20:47 | Comments(0)

一周忌

e0134486_9322124.jpg


一週間ほど休暇を貰った。
チケットと値段の関係で、宿舎のある場所から函館の実家まで帰る飛行機の時間は夕方になった。少し時間が空いたので、空港からも比較的近くにある、ある歌い手の墓所に参ることにした。
最初は一人で、と思ったが、同世代の懐メロ仲間I氏を誘い、二人で行くことに。

「遅くなりました」「一年ぶりですね」
駅前で待ち合わせたI氏は相変わらず活動的で、この日もこれから沖縄へ飛ぶという。

沢庵や賀茂真淵が眠る墓地の一角に、歌い手は眠っていた。すぐそばに線路があり、頻繁に電車は通っているが、適当に静かで適当ににぎやかだ。いい場所に墓を建てたと思う。

熱心なファンが度々訪れるらしく、墓石は土ぼこり一つ付いておらず、供えたての花は幾つも並んでいた。

「淋しくないですね、きっと」
「そうですね」
墓の後ろに回ると、故人の名前とともに、忍という名前も刻まれていた。
生まれることの叶わなかった故人の子どもの名前だ。歌手ひとりで眠っている訳ではなかったのだ。
その名を見たとき、無機物であるはずの墓に歌い手の体温を感じた。
墓石に刻まれた、「こころ」という文字が一層迫ってきた。改めて手を合わせた。

e0134486_9325027.jpg


「そろそろ行きますか」
気がつくと、降り出していた雨は強くなっていた。名残り惜しさはあれど、帰ることに。
来たときには気にならなかったどんぐりの実が、やけに足もとをすくおうとしていた。

「何だか実感わきませんね」
「まだ歌っている気がしますよね」
帰り道も同じ話になった。
I氏はラジオ番組の公開録音のステージを見ている、私は京都駅で見かけたことがある。
生の姿を見ているだけに、そういう思いが余計に強くなるのだろう。

歌い手が逝って、もうじき一年になる。
まだ私の中では、半分生きている人だ、島倉千代子という歌手は。
[PR]
# by hakodate-no-sito | 2014-11-03 00:47 | 歌・唄・うた | Comments(0)