年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04
まささま 感情としては..
by hakodate-no-sito at 19:40

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

タグ:アーサー・キット ( 1 ) タグの人気記事

Live from the Cafe Carlyle

かつて、アーサー・キット(Eartha Kitt)という歌手がいました。
1950年代、アメリカで「セ・シ・ボン(C'est Si Bon)や「ウスクダラ(Uska Dara)」といった曲をヒットさせています。
日本ではそれらに加えて、「証城寺の狸囃子」を「SHO-JO-JI(The Hungry Raccoon)」と英語で唄ったことでも有名です。

たいへん個性的な歌手で、世界各国の歌を言語で歌い数ヶ国の言葉を話、映画出演やアニメの吹き替えも行うなど、多彩な活動を行っていました。
政治的主張が原因でアメリカを追い出された時期もありましたが、後に復活。
1980年代にはディスコサウンドに乗り、ヒットチャートに帰り咲き。ゲイアイコンとしての地位も確立しています。
2008年に亡くなりましたか、死の直前まで活動を続け、没後もいくつもの大きい仕事が公開されています。

いま、私の手許に「Live from the Cafe Carlyle」というCDがあります。
2006年、ニューヨークにある名門ジャズクラブ「カフェ・カーライル」で行われたライブを収めたアルバムです。キット、当時79歳。晩年ということになります。

e0134486_12154023.jpg


実にしっかりとした歌声です。
低めのちょっとハスキーな声質はより円熟味を増し、売りのひとつ、猫のような唸りも健在。
声量も申し分なく、抑えた声も張った声もバッチリ、ちゃんと聴かせてくれます。
私、英語はわかりませんが、曲の合間のお話も巧みそうな雰囲気を感じました。
CDジャケットに載っている姿もそうですが、とてももうじき80歳に届く人には思えません。
色物的扱いで軽視されがちなアーサー・キットですが、とんでもない話で、こんな実力者、エンターテイナーそうはいません。

伴奏はピアノ、ドラム、ベース、ギターにパーカッションの5人と少数ですが、物足りなさは思ったよりありません。パーカッションがいいアクセントになっています。
懐かしい「ウスクダラ」も「セシボン」も聴け、よく知らない歌もあるのですが、最高のパフォーマンスから織り成される心地良さのうちにそんなことは忘れ、気が付くと1時間の収録時間はあっという間に過ぎて行きました。

ところで、ここで披露された「Come On A-My House」という歌は、日本語で唄っています。
「セ・シ・ボン」「ヤンミー・ヤンミー」「ウスクダラ」と、アーサー・キットのヒットソングを日本で唄った江利チエミと同じ、音羽たかしの訳詩で、です。
昭和時代は、外国から来た歌手が観客サービスとして日本語で唄うことがあったようですが、アーサーキットもそのクチで一度ぐらいは日本に来て、そうやって唄ったのかもしれません。
晩年もこうやって日本語で歌っているところをみると、お気に入りだったのでしょうか。

Youtubeの映像でいちど見かけたことがありますが、中国扇を持って唄っていたこともあったようです。あちらから見た東洋のイメージなんてまだまだそんなものかと苦笑しつつも、これが結構楽しいパフォーマンスです。

アーサー・キット、このアルバムを聴く限り、もっといろいろ聴いてみたいと思わせる歌手でした。
ベスト盤を、と思ったのですが、日米関係なくベスト盤というのは興味のある曲が全部収められているということは無いのですね・・・。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-03-18 18:14 | 歌・唄・うた | Comments(0)