年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

低音の魅力を映像でもどうぞ
at 2016-02-24 12:52
わたしのデュークエイセス
at 2015-09-07 11:17
「父・川内康範を語る」飯沼春樹
at 2015-06-08 23:58
川内康範は函館生まれ
at 2015-06-08 23:56
徹子の部屋 京塚昌子さんをし..
at 2015-05-04 00:34

記事ランキング

フォロー中のブログ

ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2016年 02月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

タグ:永井一郎 ( 2 ) タグの人気記事

磯野家二代

声優の永井一郎氏が、平成26(2014)年1月27日未明、虚血性心疾患で、急逝しました。82歳でした。
「サザエさん」45周年という節目の年に訪れた予期せぬ訃報、いえ年齢を考えればその日は近いことはわかっていました。それでも、こんな急な形で襲って来るとは、想像しておりませんでした。
「サザエさん」に限らず、多くの作品に出演し続けた、声優界の至宝の死。残念でなりません。

2月3日の告別式(青山葬儀場)では、加藤みどりら磯野家の面々が弔辞を読むという話を聞き、脳裏に浮かんだのは、先代カツオ役・高橋和枝への、波平役・永井一郎の弔辞でした。

高橋和枝のことをふり返りつつ、この弔辞を反芻してみたいと思います。

-----------------------------------------
『カツオ、親より先に行く奴があるか』

そんなことをつぶやいてみても、ただ空しいばかりです。
和枝さんがスタジオに来られなくなって、口には出さなかったけれど、みんないつかはこの時が来ることを覚悟していた筈です。
でも昨年、「サザエさん」三十周年記念パーティーに出席なさった貴女のお元気な笑顔からは、こんなに早くお別れが来るとは思いもよりませんでした。

昨日、友人の一人からFAXが入りました。
「まだまだお若い。人生これからだったでしょうに。ショックです」とありました。
日本中が悲しんでいます。

三十年以上も昔、まだ三十代だった貴女は、米テレビ番組の吹き替えで尾羽打ち枯らした元女優の役を静かに演じました。そして元の作品よりずっと良い作品にしてしまいました。すごい人だと思ったものです。

「サザエさん」ではどんな時も、元気いっぱいでした。
貴女が珍しく遅刻していらっしゃった日のことを強く覚えています。「サザエさん」録音日のその朝、あなたは手を骨折し、病院に行ってからスタジオ入りなさいました。声が響いて痛かったに違いありません。出演仲間に台本をめくってもらいながら、でも、お声は元気いっぱいのカツオでした。視聴者の皆さんは何も気付かなかったことでしょう。

あなたは決して泣きごとをおっしゃいませんでした。
まじめで一所懸命。大ベテランでありながら、いつも初心に立ちかえってらっしゃいました。
そして何より「サザエさん」と「カツオ」を愛してらっしゃいました。

私たちはこれからも「サザエさん」を続けて行きます。
「カツオ」の後継者も頑張っています。

貴女の立派なお仕事は、御家族の誇りとなり、支えとなって行くことでしょう。

美しい生き方でした。
そして沢山の感動をありがとう。おやすみなさい、和枝さん。

『カツオ、桜が咲いたよ、散歩に行かんか』

-----------------------------------------

平成11(1999)年3月27日、平安祭典・高円寺会館(東京都杉並区)での弔辞でした。

今、読み返していて、涙が止まりません。
簡潔にして明快な弔辞。
短い中に紹介されたエピソードから、高橋和枝という人となりが浮かび上がってくるようです。
カツオの後任である富永みーなのことにも触れているところに、永井一郎の人柄が伺えます。
このときから15年が経過していることに、時の流れの早さを感じます。
改めて、永井一郎の死が惜しまれてやみません。

-----------------

1998年5月17日放送分の「サザエさん」から、カツオ役が変わりました。
国民的アニメ「サザエさん」もう一人の主役とも言うべきカツオ役の変更は当時大きな話題となり、新聞でも取り上げられる程でした。

亡くなる約10年前から患っていた骨髄性異形成症候群による体調不良のため、98年2月以降の収録は病院からの収録参加でした。
車椅子でも大丈夫な専用スタジオで別録りをしましょうかというスタッフからの申し出にも「そういうものじゃない。皆一緒じゃないと流れが途切れます。いい作品は出来ません」と辞退。
病躯を押してのスタジオ通いでした。

今でも「サザエさん」は、年数回休みがあるものの、原則毎週木曜の11時から14時頃までで、収録が行われているそうです。別録りはありません。必ず出演者はスタジオにいます。録り溜めも原則しません。

二代目ワカメ役の野村道子も、参加当初そのスタイルに驚き、他のメンバーのようにスタジオで食事をしたり世間話をする余裕を持つまでしばらくかかったと話しています。
また、初代マスオ役の近石真介が降板したのは地方巡業を含めた舞台出演との兼ね合いがつかなくなったからだという説があります。
2009年にフネ役の麻生美代子が腸閉塞で入院した際には、1週のみ急遽谷育子がフネ役として招聘されています。
例外としてタラオ役の貴家堂子は、3回病室へテープレコーダーを持って来て貰い、録音で参加したことがあるそうです。

スタジオに着いて、出演者に台本が手渡され、調節を兼ねた1話分のテスト(リハーサル)を行った後に、3話(放送1回分)を一気に収録。
しかし、4月末から高熱が続くなどし、とうとう収録への参加は叶わなくなりました。
録音・演出担当の岡本和(故人)は高橋カツオの参加を希望し、収録直前まで待ち続けましたが、高橋の病状はそれを許さず、看病していた高橋の長女から「これ以上は見ていて無理だと思います。勘弁して下さい」と連絡が入り、1969年12月28日放送分(第12回)以来担当し続けていた「サザエさん」からの降板と相成りました。このとき、ウキエ役の富永みーながカツオ役に抜擢され、2014年現在までカツオ役を担当しています。

1998年10月末、お台場のホテルで開かれた「サザエさん」三十周年パーティーには、病状が小康を得ていたことから高橋も参加が叶いました。
車椅子で登壇し、「磯野カツオただいま戻って参りました。御迷惑をお掛けしました」と、持ち前のサービス精神を発揮させ、カツオ声で挨拶。会場は拍手と歓声、涙につつまれました。
公の場に姿を現したのは、これが最期となりました。

入院中も、前向きに「病気を治して、またカツオをやりたい」と闘病し続け、亡くなる数日前にも「今度新しいセーターを買ってあげるわね」と長男に話しかけるなど、家族への愛情・仕事への情熱を持ち続けていたそうです。

------------------------
声優業というものも辛いもので、声の仕事をしない俳優ならば他で補えますが、声優には喉の不調は命取り。
永井一郎も癌の手術後、しばらくの間声が出にくくなり、引退を考えたこともあったそうです。
心配した若い声優仲間から飲み会に誘われて、ワーワーと騒いでいるとき、居合わせた人から「声、出てますよ」と指摘。それから数日は声がよく出たものの、また同じ状態に戻り、呑んだら声が出た。
以来収録の際には、愛飲している芋焼酎を自参するようになったそうです。

同じ話が高橋和枝にもあります。
テンションの高いハスキーボイスで演じるカツオは、3時間も続けるとめまいや喉の不調がやってくるときがある。そんなときに備えて、ブランデーを入れた小瓶を自参。具合が悪くなったときは、それを舐めて録音を続けたそうです。

2013年「サザエさん」は「最も長く放送されているアニメ番組」として、ギネス世界記録に認定され、9月5日に認定式が行われました。
このときのインタビューでもサザエ役の加藤みどりが、「ここに高橋和枝先輩がいらしたらなぁ」「生きていらしたら80歳(ちょっと)。(ギネス記録を)とても喜ばれたと思う」「二人で絶対に(放送が終るまで)やり遂げようと誓い合った」と高橋和枝に言及しています。

加藤みどりにとって、高橋和枝は大恩人にあたる先輩。
「サザエさん」収録現場のムードメーカー。自身の失敗談を持って来ては笑わせるタイプ。
劇中ではサザエと共にのテンション高く番組を牽引する役どころ。
「台詞のやり取りで、たとえばサザエが暴投しても、きちっと補って正確に投げ返してくる。サザエを作ったのは和枝さんなんです」とも、加藤みどりは話しています。
1951年にはラジオバラエティ「とんち教室」(NHKラジオ)への出演で人気を得ており、ラジオの放送劇や吹き替え、アニメーションと多く活躍し、主役の演じ方も脇の演じ方も大いに心得た、「サザエさん」初期の出演陣ではもっとも知名度があった、手練の持ち主。
加藤みどりにとって、どれだけ助けられたし、勉強になったことがあったのでしょう。
こうやって亡くなっても、折に触れて話題に出すということ、有難いです。

声優アワードでも冠の賞が設けられた高橋和枝。
もっと語られて欲しいです。

最後に、高橋和枝が仕事に対して抱いていた思いについて紹介して〆ます。
生前、講演を頼まれた際に書いた原稿にあった言葉だそうです。

「私は、いつも私の声を聞いてくれた人が、悲しみから立ち上がるきっかけになってくれたら、生きる希望を持ってくれたら、どんなに嬉しいだろうと念じながら、自分の心をグッと上に持ち上げて、楽しくて仕様が無いように演じています。生きていることの喜びをいっぱい持って!」
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-02-03 00:10 | つぶやき | Comments(0)

永井一郎の死に想う / 北廉太郎を知っていますか

先日、永井一郎氏の訃報が届いた。心より哀悼の意を表する。
私の生まれる遥か前より活躍されていた方で、物ごころ付くときには既にブラウン管の向うに居て、親しみを感じていた。テレビッ子、アニメッ子だった子供の頃。本放送末期や再放送で見たアニメでどれだけ永井一郎に接したか。「らんま1/2」や「うる星やつら」をビデオ、テレビにかじりつくように見ていたあの頃は、「サザエさん」を含め、毎日永井一郎に接していた。気付いていないものも含め相当触れていたと思う。

20世紀から21世紀となり、ブラウン管から液晶テレビへ入れ替わり、セル画からデジタルに変わっても、永井一郎は現役のまま、特に意識せずとも、どこかで声を聞く機会が有り続けた。
タイ子さん役の声優が代わったと聞き、2週ぶりに「サザエさん」を見た次の日の訃報。最初はインターネットのいわゆる「釣り」だろうと信じられなかった。今でもまだどこか実感が沸かない。2月9日放送分までは「サザエさん」の収録を終えているということだし、他にもまだ放送されていない仕事もあるだろう。
居て当たり前だった人が居なくなる喪失感は、もう少し先に襲って来るのだろう。

様々なことが脳裏をよぎる中で、火曜日に再放送していた「サザエさん」。オープニングの後に入るCMにサザエ(おはぎで知られる菓子製造会社)や、先日亡くなった小林カツ代の出ているグリコ・熟カレーだったことが思い浮かんだ。
火曜日のサザエさんの再放送が終ったことも、カツオ役の高橋和枝も亡き人となったことも、随分経っている。
つい先日のはずだった1990年代が遠い昔になって来ていることに改めて気付いて、ぞっとした。

学生には3・11以前が断絶感のある過去に感じている、と聞いたことがあるが、確かに00年代(2001-10年)も充分昔になっている感覚は否定出来ない。
これでは、昭和が遠くなっているのは当たり前であり。懐かしがる人がどんどん減るのも無理もなく、題材に取られ描かれた世界がファンタジーになっているのも仕方ないのかもしれない。
だからこそ、忘れてしまわないようにとりとめのないことでも話題に出していくこと、知っている人はなるたけきちんとした情報を発信すること、知ろうとする姿勢が、今後より重要になって来るだろう。


今、私の部屋で再生しているCDは、ぐらもくらぶというレーベルから発売された「伝説の歌声シリーズ 北廉太郎"ヴォルガ哀愁"」(G-10008)というアルバム。収められた23曲の音源は昭和12(1937)年から昭和15(1940)年発売のものばかりだから、70余年前の作品を聴いていることになる。

北廉太郎は、大正9年の生まれで昭和15年没。
もはや歴史の彼方にある人と云っても、言い過ぎでは無くなっているだろう。
「懐メロ好きなんです」と言っている人でも、SP盤収集を行っている人でも無い限り、名前ぐらいしか知らない、または2-3曲しか聴いたことがないという人が多いのではないだろうか。
ただ、北の哀愁あふれる歌声は一度耳にしたら忘れ難く、よくは知らないが気にはなっているという人もまた、少なくないと思う。

この「伝説の歌声シリーズ 北廉太郎"ヴォルガ哀愁"」は、北廉太郎の歌声をまとめて聴くことの出来る、初の一般向けCDアルバムになる。

---------------------------
ぐらもくらぶCDとはなんぞや?と言うことですが、これはザックリと言ってしまうとSP盤(蓄音機で聴くレコード)時代をメインに様々な音源を、開放してもよいと言う有志と共に世に送り出そうというものです。
ともあれ、明治・大正・昭和期の音源で、埋もれたものでも選りすぐってみると、現代でも楽しめる、また意義のあるものは沢山あります。これらを時代の垣根を飛び越えて皆さんで楽しめたらどんなによいだろうか、と言うのがこのCDのコンセプトです。
---------------------------
というコンセプトのもとで活動を続け、2012年から2014年1月末の現在までで7タイトルを送り出しているぐらもくらぶでは初となる(王道的な)流行歌を大フューチャーしたアルバムが北廉太郎の本アルバムだ。

キタレンとは、いかにもぐらもくらぶらしい目の付けどころだし、これまた意義のあるものを出したなァと頭が下がった。

近年の和ジャズブームで戦前ジャズの再評価や復刻(こちらも、ぐらもくらぶが関わっている)が進んでいる。ただ、同時期の流行歌はというと、一歩も二歩も三歩も遅れているのが現状だ。
流行歌史を見てゆくと、気軽に聴けない歌の何と多いことか。溜息が出る。
その遅れがちだった最右翼のポリドールの流行歌が、昨年12月に第一弾として「戦前オールスター・ヒット・パレード大全集」「はたちのバタヤン大ヒットパレード"大利根月夜"」と2タイトル各2枚組CDにまとめられた。
希望の光が見えて来たのである。

その復活の露払いが、実はこの北廉のアルバム(昨年6月発売)である。
ポリドールの流行歌音源(正しくは数曲タイヘイ音源も収められている)がこれだけまとまって、きちんとしたリイシュー盤として一般向けアルバムで発売されたことは殆ど無いのだ。

意義や価値ばかりをつらねてしまったが、勿論内容は素晴らしい。
何せ、ぐらもくらぶのアルバムだ。太鼓判を押された作品を選りすぐっているいることは言うまでもない。
ぐらもくらぶレーベル始動当初よりも、さらに音質が上がり、流行歌のサウンドがこれでもかと浸ることが出来る。特にアルバムの表題にもなった「ヴォルガ哀愁」冒頭、コーラスのハミングには震えが来る。田端義夫が後年カバーした「夢のゆりかご」や「出船の唄」も収められているので、田端音源を持っている人には聴き比べという楽しみ方も可能。

思い込みというフィルターを少し外していくと、楽しみが増える。
歴史、文化、音楽・・・古くたって良いものは良いのだし、たまたま発表された時代が古かっただけということも大いにある。新しいものが正義ではないのだ。

様々な可能性を秘めた、色々気付かされるきっかけにも、このアルバムはなり得ると思う。

演歌でもない、歌謡曲でもない、流行歌というサウンドが再び評価されることを祈ってやまない。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-30 17:25 | つぶやき | Comments(0)