年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

タグ:石井好子 ( 2 ) タグの人気記事

芦野宏と、石井好子と、永六輔と

久しぶりに石井好子に会えた。
たまたま読んだ本、テレビ番組に、立て続けで石井が居た。
本は、親交のあった永六輔の著書「永六輔のお話し供養」(小学館)
テレビ番組は、「あの人に会いたい」(NHK)だ。

「あの人に会いたい」は、10分のミニ番組。
既に石井好子は取り上げられているし、勿論拝見している。
今回私が見た回は芦野宏。
番組ラストで流れた映像が、かつてのパリ祭。
芦野宏と共にシャンソン「パリ祭」を歌う石井先生の姿が映った。
大木康子らの姿も画面にあった。

芦野宏と石井好子の関係は深い。
ともに戦後のシャンソンブームの立役者であり、日本シャンソン界を生涯に渡って牽引し続けた巨星。芦野は、石井音楽事務所の所属歌手でもあり、自叙伝でも石井への敬意を表している。
最晩年、体調を崩した石井が身辺整理を進めていた際、自ら手紙を認め、日本シャンソン協会の引き継ぎを頼んだ相手が芦野宏だった。「あなたの友情を信じます」と手紙に記されていたことを、石井没後の談話で芦野は明かしている。
石井からのバトンを受け取って約2年後、芦野も鬼籍に入ったが、協会は芦野の次男が代わって支えている。

健在だった頃は当たり前の光景としか思わなかったが、今このツーショットを見ると胸にこみ上げるものが隠せない。
加えて、早世した大木康子(この人も芦野と同じく石井音楽事務所所属だった)も傍にいる。
テレビの前で「ああッ」と思い切り声を上げてしまった。
喪ってわかる、その人の大きさ・・・。

「永六輔のお話し供養」は、本当の意味での人の死はその人を知るものがいなくなったとき。
それまでは知る人の心に記憶として宿っている。歳月の中で忘れがちになっている故人の話を時々しよう。それもまた供養のひとつだ。というコンセプトで編まれた1冊。
8項目のなかのひとつに石井好子の項があった。

項の題名は「お嬢様の底力」。
以下、内容を要約。
----------------------------------
石井は怖かった、よく怒られたがその理由がわからないことが大半。
石井の前で民謡を口ずさんでいたからだ、と言われたこともある。
良くも悪くも自分中心のお嬢様だった。
石井とは学生時代の頃からの付き合い。石井の父・光次郎(外相, 衆院議長)が地元出身の学生の面倒をよくみていて、家に行けば腹いっぱい旨いものが食べられるという話から、中村八大に誘われ、モグリの久留米人として、石井邸に通った。
後に、嘘が石井にバレ、以来頭が上がらなくなった。
石井が渡米し、そこからパリへ行き、名を上げて、帰国した際には迎えに行った。帰朝公演の演出もした。
石井からパリ祭の司会を依頼され、最初断ったら「私の家で何度ご飯食べたのよ」と凄まれ、引き受けざるを得なかった。作務衣姿での司会にNGを出され、ピーコを呼び、タキシードを作らせた。
高額の請求書がピーコから来た。作れと言ってピーコを差し向けたのは石井だ、彼女に払って貰おうと請求書を回したら、「自分で払わないと着こなせません」と一筆つきで戻って来た。
後年、難民問題に関心を持ち、難民救済のチャリティーコンサート開催のかたわら、デモに参加し座り込みも行っていたが、デモ参加については生前自分の前では一切口にしなかった。
一部の悪口など歯牙にもかけず、己の心に忠実に「私は私」を貫いた力強い女性だった。
----------------------------------
永六輔の話には、良く思う関係ゆえの軽口や読み手へのリップサービスがあるので、そのあたりの行間を読む必要が求められる。これは放言じゃないのかと思う箇所もあったが、六輔講談・石井好子として興味深かった。

石井晩年のライフワークのひとつが有楽町朝日ホールで開催していたチャリティコンサート。亡くなる2年前に体調を崩すまで10数年続けていた。バラエティに富んだ人選はパリ祭とはひと色もふた色も違い、本業の歌い手は勿論、普段シャンソンを歌わないような人、歌とは無縁の人たちをも、石井自ら誘い出し、ステージに上げていた。

石井の難民問題への関心は、親ぐるみの幼なじみ・緒方四十郎(緒方竹虎の三男)の妻・緒方貞子の存在がきっかけとされている。
周囲の環境に加え、長いフランス生活から国際情勢への関心は人一倍あったはずであり、デモ参加も左翼的な捉え方ではなく(石井はむしろ保守派である)、当然の流れとして行っていただろう。

石井好子は線引きのしっかりした人で、これは自分の口から話していいこと悪いことをしっかり決めて、その線を越えることは無かった。
だから知る人ぞ知る、石井の逸話は、まだまだ沢山眠っているように思う。

そのあたりの話を採録整理した上での石井好子の評伝の発表を、没後以来ずっと願っている。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-27 13:03 | つぶやき | Comments(0)

永六輔の「お話し供養」

この前、 『永六輔の「お話し供養」』(小学館)という本を読みました。

人の死は一度だけではありません。
最初の死は医師によって死亡診断書が書かれたとき。
最後の死は死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。
それまでは知っている人の心の中で故人は生きている。
僕たちは死者と共に生き、自分が死者となったら、他の人の心の中に記憶として宿る。
でも、歳月の中で人は死者を忘れがちになっていきます。
だから時々は故人の思い出話をしましょう。
それも供養のひとつだという気がします。

という趣旨のもとで編まれた1冊。
渥美清、淀川長治、石井好子、坂本九、中村八大・いずみたく、岸田今日子、立川談志。
以上、永さんゆかりの8人が取り上げられています。

永さんの話の面白さは今でも健在です。
持ち前の才気と博学ぶり。
長年のラジオ生活とフィールドワークで鍛えた練りに練られた考え・見解。
一方で、東京人特有のそそっかしさ・おっちょこいぶりや含羞から来る放言・失言。
その時の感覚に準じた、時には悪ノリにもなりかねない、ノリの良さ。
この絶妙なバランスによって生み出される言葉の海は、爆笑トークという薄っぺらい言葉よりも、六輔噺、六輔講談と呼ぶ方が似つかわしい気がします。

調子よくサクサクと読み進められるので、つい見逃してしまいがちですが、ハッとさせるエピソード・至言が詰まっています。

元気いっぱいだった頃と比べると、細部の記憶違いが目立ちますし、校正で直せる部分もあるのにそのままであるところに、上に行き過ぎた人の悲劇も見て取れます。
資料として使うのには、裏を取るなどの照らし合わせが必要で、鵜呑みには出来ないのですが、それでも永六輔だから知り得ること、言及出来ることが、やはりあるのです。

100頁足らずの薄い本ですが、その底に秘められた見識は1000頁では到底利かないはず。
やはり、永六輔は凄いなぁ、と素直に感じました。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-01-25 18:38 | 読書感想 | Comments(0)