年齢不詳な若人が唄の話を中心にアレコレと・・・


by hakodate-no-sito

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

あらさん さま コメン..
by hakodate-no-sito at 21:52
函館のシト さま ..
by あらさん at 01:56
とんかつ女将さま コメ..
by hakodate-no-sito at 15:22
こんばんは。初めてコメン..
by とんかつ女将 at 23:16
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 20:30
if194552さま ..
by hakodate-no-sito at 21:54
てんてこ舞いさま お返..
by hakodate-no-sito at 21:35
こんにちは、てんてこ舞い..
by てんてこ舞い at 08:28
はじめまして 私はシャ..
by ゆう at 17:04
てんてこ舞いさま 御無..
by hakodate-no-sito at 20:04

最新の記事

むかしひとりの歌い手がいた・..
at 2017-08-08 21:05
こころに歌を、シャンソンを
at 2017-05-28 20:48
過ぎし日よ私の学生時代
at 2017-04-18 20:53
サヨナラ私の愛した新派
at 2016-11-14 21:31
ミュージックフェアと美空ひばり
at 2016-03-04 21:25

記事ランキング

フォロー中のブログ

♪風のささやき+α
ないしょばなし
ブック・ダイバー(探求者...

リンク

検索

カテゴリ

全体
つぶやき
歌・唄・うた
テレビ
菊池章子
デュークエイセス
古今俳優ばなし
読書感想
CD視聴感想
未分類

タグ

以前の記事

2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 05月
2008年 08月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

ブログパーツ

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
http://en.wi..
from http://en.wiki..
boom beach c..
from boom beach che..
石井好子 (20) 文藝..
from CORRESPONDANCES
NHKドラマにもなった「..
from 劇団新芸座ブログ

タグ:高英男 ( 3 ) タグの人気記事

こころに歌を、シャンソンを

e0134486_20513220.jpg
「大好きな歌手・高英男さんの生誕百年を記念したイベントを、日本シャンソン館で催し、資料展示もします」と主催者のSさんから伺い、群馬県は渋川市へ行って参りました。

渋川市は日本列島のまん真ん中に在ることから、にほんのへそ、と言われる場所。江戸の昔は宿場町として栄えたそうです。

シャンソン歌手の芦野宏さんの奥様が渋川の旧家の一人娘(なので婿入りされています)という縁があり、この地に日本シャンソン館が出来たのだそう。

シャンソン関係では聖地といっても良い場所で、一度伺いたいと思いながら、なかなか果たせずにいたのですが、思いがけず機会が訪れました。

創設者・芦野宏さんの想いがたっぷりつまった日本シャンソン館。
もっと大きいハコモノ施設だと思っていたのですが、住宅地の中にある高級な邸宅という趣き。実際、あの周辺は羽鳥家(芦野さんの奥様の実家)の土地なのだそう。

大歌手の道楽のようで、さにあらず。
羽鳥家の身の丈に合わせ維持できるギリギリの線を狙いながら、細部に至るまでの一流のこだわり。品の良さ、趣味の良さを感じさせる、絶妙なバランス感覚。
憧れと親しみやすさを両立させているあたり、芦野宏らしさがにじみ出ているように思えました。

時期が合えば、四季折々の花がお見事なのだそうですが、足を運んだときは、盛りはちょっと過ぎていたのかもしれませんが、それでも庭のバラのアーチには見惚れました。
西洋風の庭園内に、おそらく羽鳥家伝来のものであろう、蔵や灯籠があるのですが、それがまたミスマッチの妙というのか、不思議に調和しているのです。良いものは国境を超えるのでしょうね。

カフェも、佇まいばかりではなく、食べ物も実に美味いものが出てきます。
適正な値段と、満足の行く食べ物、雰囲気の良さ。文句なしでした。あそこなら一日中居ても飽きません。

ミュージアムで常設展示されている衣装も、コラ・ヴォケール、イベット・ジロー等のあちらの歌手のものや、勿論芦野宏さん、高英男さん、深緑夏代さん、石井好子さん、岸洋子さん、淡谷のり子さん・・・今は亡きレジェンドたちのものが並んでいるのです。
日本のシャンソン歌手の草分けのひとり、菅美沙緒さんの衣装も。
シャンソンの訳詩でしか名前を知らないのですが、叶うならば歌声も聴いてものみたいです。衣装の佇まいに、タダモノではない何かを感じ取りました。
他にも、美川憲一さんや金子由香利さんの衣装もありました。あとは今は亡きシャンソニエ銀巴里やブンの看板もありました。

今回参加したイベントに関連して、特別展示されていたのが、高さんの衣装やコンサートのポスターにレコードジャケット等。博品館劇場や帝国劇場、ヤマハホールでの淡谷のり子とのジョイントコンサートのポスターには「行きたかった・・・」と思わず独り言。

今回特別展示されていた衣装は、私にとって、とりわけ思い入れの深いものでした。

12年前、「昭和歌謡大全集」(テレビ東京)という番組でVTR紹介された、浅草・国際劇場で舞台化粧も入念にラメ入りの着物姿で颯爽と現れ「雪の降る街を」を唄われる映像を見たときから、私の高英男ファン歴は始まりました。

そのときの衣装を、目の前で見ることができたのです。

晩年の中原淳一さんが作られた衣装。
街燈のアップリケ、チョコレート等の包装用の銀紙・金紙をラメ代わりにあしらった、斬新なデザインの着物。

高英男、中原淳一という、不世出の才人の煌めきが今、自分の目の前で感じられる・・・涙ぐみそうになるのを必死で抑えました。

さらには、高さんのマネージャーのSさんとも10年ぶりにお目にかかることができ、高さんの秘話を伺うことが出来ました。

イベントライブでは、高さんの幻と思っていたあの曲や、レコードで聞いたあの音源が、サプライズで流れ、興奮しきりでした。

死ぬまで私は高さんを好きで居続けるのだろうし、何らかのかたちで高さんのことを語り
継いでいくんだろう、と漠然と、でも確信的に、思えました。

イベントライブの会場。
日本シャンソン館の要といってもよいライブハウス、いやシャンソニエがまた素敵な雰囲気でした。

ここに高英男さんが出演されたときはどんなステージだったんだろう。
雪村いづみさんがここで歌ったらどれだけ映えるだろう。
芦野さん最後のステージはここだったんだよなぁ。
・・・あれやこれやと夢想していました。

そういえば、東京MXテレビで芦野さんが案内役で放送していた「シャンソンをあなたに」でしたか、そんな番組がかつてあって、その収録はここじゃなかったでしょうか。
あの番組、ちょうど上京したかしないか、だったか私が録画機を買う少し前あたりだったかに終わってしまった覚えがあります。おぼろな記憶なので間違っているかもしれませんが。

私が歌好きの道を踏み出したとき、石井好子さんも芦野宏さんも健在。メディアでよく拝見していました。

NHKホールでの「パリ祭」で、生のステージも拝見しています。
芦野さんのアルバム「私のピアノ」「コートダジュールからの風」は未だに聴きたくなるアルバムですし、自叙伝「幸福を売る男」はサイン入りで所有しております。
追悼盤となった東芝音源のアンソロジー「ラ・メール」には私の名前もクレジットの末端に加えて頂いた覚えがあります。

深緑夏代さんもそうですが、かつて私が見ていた時代に当たり前のように居た存在がどれだけ凄いひとたちだったか、年々染み入ります。

芦野さんが亡くなる10数年前から間質性肺炎との闘病を続けていたことを知ったときには驚きました。あの柔らかな歌声の影に・・・と。

石井さん、芦野さん、深緑さん、高さん・・・もう一度ステージを、と思うことは一度や二度ではないのですが・・・どなたも、もういないのですよね。
でも、シャンソン館を見て歩いて、芦野さんの息吹はここにある、と感じました。そして、そういう場がある倖せ。

会場にいらした羽鳥館長は、芦野さんの御次男。
「コメットさん」や昭和38年の紅白歌合戦の映像で見た60年代の芦野さんの面影を勝手に重ねてしまいました。
結果、話しかけてしまい、あれやこれやと語ってしまいました。

今回、ご厚意から芦野さんのお墓詣りもさせて頂きました。
思春期の多感な時代に楽しませて頂いたこと、遺された歌声で今も楽しませて頂いていること、墓前でお伝えしてきました。

本当に楽しい、嬉しいひとときをシャンソン館で過ごせました。旅先で御一緒した皆様には感謝しかありません。

機会があれば、また伺いたいです。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2017-05-28 20:48 | 歌・唄・うた | Comments(0)

ふたつの「愛の讃歌」

「愛の讃歌」といえば、一般的には岩谷時子の詩で広く知れ渡っていますし、歌われています。

http://www.uta-net.com/movie/42573/

私の手元にも「愛の讃歌」の音源は、エディット・ピアフと越路吹雪を筆頭にいくつもあります。
その中に、倍賞千恵子が歌う「愛の讃歌」があります。
私が知っているものでは2種類の録音があり、1種類は科白(ナレーション)の後に歌い出すもの。
どちらも、♪貴方の燃える手で私を抱きしめて…という岩谷時子の詩での歌唱なのだが、♪固く抱き合い 燃ゆる指に髪をからませながら…以降の歌詞が歌われておらず、代わりに

♪たとえ山はさけて 海はあせる時も
君の愛あれば 何をかおそれん
生命終わるときも あなたを愛したい
君の愛あれば さらに何を望まん

という歌詞で歌われています。
訳詩者不詳の日本語詩とあります。
調べてみると、倍賞版はダイジェスト版のようで、ベースをもとに最初と最後を組み合わせたもののよう。

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/09/post_d9d5.html

先日、調べものがあって図書館向けデジタル化資料送信サービスを利用して、国会図書館の資料を閲覧していたら、昭和31年発売の雑誌「知性」のシャンソン特集記事の中にこの詩が載っていたのです。
今日伝わっている詩とは、異なる部分もあったが、ほぼ同じ。

たとえ山は裂けて 海は浅(あ)せるときも
君の愛あれば 何をか恐れん
たとえ世の宝は すべて失うとも
君の愛あれば 何をかさらに惜しまん

君が望めば
よしや火の中 水の中でも・・・
友を裏切り
この世を捨てて世界の果てに
命終るとき
愛の世で結ばれて・・・
君の愛あれば
何をかさらに望まん


作詩は中原淳一と記載。

・・・高英男が歌っている「愛の讃歌」の日本語詩と違う。

いのちのある限り お前を抱きしめて
この世の果てまで お前とならば
私の このいのち 悔いなく捧げよう
固きこころの 愛の誓い持ちて

お前のいのち 私のいのち
それはひとつさ
お前のこころ 私のこころ
それもひとつさ
みんな同じさ お前と私
地の果てまでも
海の果てまで 空の果てまで
ともに愛さん


雑誌の表記ミスでなければ、中原淳一の詩の「愛の讃歌」は2種類存在することになります。

中原淳一やシャンソンのファンや関係者は、周知のことなのかもしれませんが、思いがけない発見でした。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2015-10-23 20:59 | 歌・唄・うた | Comments(0)

もうひとつの「有楽町で逢いましょう」

ジャンクショップで何の気なしに買ってみたLPレコードに、北村英治クインテットの「有楽町で逢いましょう」が入っていた。 いつ頃のものかはわからないが、おそらく1960年代半ばごろの録音だろう。

「ス・ワンダフル」や「サイド・バイ・サイド」「明るい表通りで」というジャズ・ポピュラーの名曲のなかに、ポンと流行歌が1曲入っているとは、なかなか面白い。

鈴木章治とリズムエースの「鈴懸の径」の線で、日本の歌も1曲取り上げようか、ビクターを代表する作曲家といえば何といっても吉田正だ。それで「有楽町で逢いましょう」という選曲になったのでは、と推察してみる。

北村英治クインテットの「有楽町で逢いましょう」。
北村のクラリネットは冴え渡り、他のギター、ピアノ、ベース、ドラムもしかりで、原曲をうまく活かしたスウィング・ジャズに仕上がっていた。

歌声ならばフランク永井が唯一無二で絶対だが、演奏(インストゥメンタル)ならば話は別。
新鮮味も手伝い、本当に楽しく、くりかえし聴いた。

そのうち、フランスの仕事で日本の歌を歌って欲しいとディレクターから要望があり、この歌を歌ったところ、フランス人のディレクターから「それはニューヨークの歌だ」と評された、という高英男(シャンソン歌手)の話が脳裏に浮かんだ。

吉田正という作曲家の凄さ、改めて思い知った。
[PR]
by hakodate-no-sito | 2014-02-14 15:00 | 歌・唄・うた | Comments(0)